ペットホテルってどんなところ? メリットや注意点を紹介

ペットホテルってどんなところ? メリットや注意点を紹介

犬猫を飼っている人はペットホテルの利用をしたことがある人も多いと思いますが、最近ではうさぎなどの小動物を預かってくれるペットホテルも増えてきています。気になるポイントは料金や環境だと思います。ペットとの暮らしは楽しいですし、人生を豊かにしてくれますが、長期にお出かけする場合は、ペットをどうするか少し心配ですね。犬は飼い主さんと一緒にお出かけすることもできますが、海外旅行や冠婚葬祭などの場合は、連れて行くことは難しいでしょう。一緒にお出かけするのが向いていない動物であれば短期間でも連れていけません。飼い主さんが留守のときにペットを預かってくれる、ペットホテルの上手な利用方法を紹介します。

ペットホテルとは

犬

ペットホテルとは、その名の通りペットのための宿泊施設です。急な出張や海外旅行など、家を空けなければいけなかったり、代わりに面倒を見てくれる人が見つからなかったりした場合の利用が多いと思います。ホテルは、日帰りプランから2日以上の長期プランまであり、料金やサービスはホテルにより異なります。ホテルの利用ができるペットは基本的には犬猫ですが、ウサギなどの小動物を預かってくれるホテルもあります。

ペットホテルの種類

猫

ペットホテルには、大きく分けて動物病院に併設されているものと、ペットサロンや保育園などが経営しているものがあります。

動物病院に併設されているペットホテル

動物病院に併設されているペットホテルはなんといっても、体調不良などになってもすぐに獣医に対応してもらえるという点が最大のメリットです。普段診てもらっている獣医師であれば、その子のことをよく分かってもいるので、安心して預けられますね。

しかし、動物病院に併設されているペットホテルは大抵ケージで預かる場合が多く、1日中、もしくは1日の大半をケージ内で過ごすことになります。スタッフは忙しいので、あまりかまってもらえる時間もなく、犬の散歩も排泄のためだけの短いものであることが多いようです。動物病院のペットホテルは患畜のみを受け入れるところがほとんどなのも注意点です。

ペットサロンが経営するペットホテル

ペットサロンが経営しているペットホテルは、ケージの大きさが選べたり、ケージフリーで自由に過ごせるプランがあったりと預ける条件を選べることが多いです。ペットがより快適に過ごせるところがペットサロンのホテルのメリットですね。

デメリットとしては、体調不良のときは動物病院のようには対処してもらえないことです。散歩も別料金であることもあるようので、確認しておくことが必要です。

犬の保育園・幼稚園のホテルサービス

子犬の社会化やしつけ教室としての施設でドッグトレーナーが在中しています。日中のお預かりが多いですが、お泊りプランがあるところもあります。その場合には夜間もトレーナーがいるかどうか確認しておくといいでしょう。

基本的にはクレートでの預かりですが、犬同士の相性をみて遊ばせたり、散歩に行ったりする時間があります。犬同士のコミュニケーションを学ぶことができ、トレーナーさんにしつけの相談もすることができます。

ペットホテルのここをチェック!!

ペットホテル
Photo by "Kirakirameisterさん Thanks!

大切なペットを預けるところなので、信頼できるところかどうかよくチェックしましょう。インターネット上の口コミやホームページだけでなく、自分で実際に行ってみて確認するようにしてください。インターネット上の口コミはサクラの場合も多いので、実際に使ったことがある人の評価を聞くことができるとよりいいでしょう。

清潔かどうか

ペットホテルはいろいろな動物が出入りする場所です。清潔に十分気を配っているかどうかは大切なポイント。臭いはしないか、ケージなどは清潔か、排泄物などが放置されていないかなど、できれば自分の目で確認できるといいでしょう。

ケージ or フリー

ペットがいる場所がケージなのか、フリーで過ごせる場所があるのか確認しましょう。ペットサロンのホテルはケージフリーのプランが選べるところもありますし、ケージでのお預かりでもフリーの時間があるなどさまざまです。

散歩はしてもらえるのかどうか

犬は散歩が必要ですが、散歩をしてくれるのかオプションなのか、散歩の長さはどの程度なのか確認しましょう。

病気になったときは?

ペットホテルはおうちとは異なる環境なので、食欲がなくなったり下痢を発症したりと体調不良になることも考えられます。動物病院に併設されているペットホテルであれば治療をしてもらえますが、ペットサロンのホテルの場合はどのような対応になるのかを確認しておいてください。

フードなどの持ち込みはできる?

ペットホテルに預かってもらうときには、できるだけおうちで食べていたペットフードや使っていたタオル、トイレ用品があるとペットのストレスを軽減できます。フードや猫砂などを持ち込むことができるかどうか聞いてみましょう。

夜間はスタッフがいる?

おうちにいるときは夜でも飼い主さんと一緒ですね。ペットホテルでは夜間はペットだけで過ごす時間が長くなります。ペットの宿泊施設が夜間は無人になるのか、スタッフが常駐するのか、また夜間に様子を確認するなどの見回りを行うのかなどを聞いておきましょう。

獣医師の自宅に併設された病院であれば、獣医師が夜間に見回ってくれる場合もありますが、必ずそうするわけではありません。ペットサロンでは無人になるところもあるでしょう。きちんと確認しておくと安心して預けることができますね。

動物取扱業の登録を確認する

ペットサロンのホテルであれば、動物取扱業の登録証を確認しましょう。見えるところの掲示しているところもありますが、掲示が確認しにくいところもあります。遠慮せずに聞いてみてください。

日本は動物関係の法律がゆるいので、動物取扱業の登録をしていてもずさんな経営をしているところもありますが、登録をせずに営業していれば法律違反ですし、必要な講習などの受講しておらず、経験も積んでいないことになりますので、信頼できるかどうかの大きな目安になります。


ペットホテルに預ける前にしておきたいこと

犬

ペットホテルに預けるためには準備しておきたいことがあります。準備を怠ると預かってもらえない場合もありますから注意しましょう。

ワクチン接種をする

狂犬病以外の任意のワクチンもしておきましょう。ワクチン接種をしていないと預かってもらえないことがあります。また、多くの動物と同じ空間にいることになるので、ワクチンをしていることがペットの健康を守ることにもなります。

ノミ・ダニ予防

ノミ・ダニ予防も義務付けられているペットホテルは多いです。予防をしておらず、万が一、寄生されていて他のペットに移してしまうことになれば大変です。ノミやダニはペットの健康に有害であるので、特に外に出る機会の多い犬は普段から予防を心がけましょう。ダニに寄生されることで、血を吸われたり炎症を起こしたりする以外に、貧血や犬バベシア症などの病気を発症するリスクもあります。

ハウストレーニング

ペットホテルでは完全フリーのプラン以外ではケージで過ごす時間が長いことが考えられます。ケージで過ごすことに慣れていないとストレスになってしまいますね。犬はハウストレーニングをし、猫はケージに毛布を敷いてあげたりして居心地よくして普段から利用を促し、抵抗がないようにしておきましょう。


お留守番の練習

飼い主さんと離れることに強いストレスを感じるとペットホテルで体調不良を起こしてしまうかもしれません。普段からお留守番に慣れさせておき、飼い主さんが必ず帰ってくることも理解させおきましょう。


短期間でお試し

初めてのペットホテルがいきなり長期間では、ペットの負担は大きいですね。問題なくペットホテルで過ごせるかどうか、ペットホテルの対応は適切か、まずは短い期間の利用でお試して練習しておくといいですね。

迷子防止

万が一のときのために、首輪に名札を付けておく、マイクロチップを装着するなどの対策をしておくとより安心ですね。脱走により行方不明になるリスクはゼロではありません。実際にそのようなトラブルが起こっています。


うさぎやモルモットなどの小動物はホテルを利用できる?

フェレット

犬や猫だけではなく、うさぎやハムスター、モルモットなどの小動物をペットにしている方もたくさんいますね。犬や猫以外の動物もペットホテルを利用できるのでしょうか。 小動物を預かってくれるペットホテルもあるのですが、やはり数は少ないです。もしそのような予定があるときは、余裕をもって探しておくといいですね。小動物や鳥をペットホテルに預けるときは、ケージごと持って行って預けることが多いようです。事前にどのようにして預けるのか、料金はいくらかなど確認してください。

ペットホテルの料金の相場

猫

ペットホテルの料金の相場は、地域などのよっても異なりますがだいたい以下のとおりとなります。

犬は大きさにより料金が異なります。

  • 小型犬 3000円~4000円
  • 中型犬 3500円~4000円
  • 大型犬 5000円~6000円
  • 超大型犬 7000円

猫はケージフリーかどうかにより金額に差があるようです。

  • 3000円~8000円

小動物

  • ハムスター 1000円~2500円
  • インコ 1000円~2500円
  • うさぎ 1000円〜3000円
  • フェレット 1000円〜3000円
  • モルモット 1000円〜3000円

ペットホテルは安くてもいい?

犬

ペットホテルにはだいたいの相場がありますが、それよりも安いところもありますね。安く済むならお財布的にはその方がいいですが、安いのにはあまり人件費をかけていないなどの理由があります。

きちんと管理しようとすればそれなりの経費がかかるのは当たり前ですね。安易に安いからという理由で選ばずに、どのように預かってくれるのか、どんな場所で預かってくれるのかをよく吟味しましょう。その場所で飼い主さんを待つのは大切なペットなのですから。


ペットホテルだけでなくおうちで留守番も考える

猫

ペットを置いて出かけなければならないときは、ペットホテルを利用する、ペットシッターに依頼するという選択肢があります。猫など、知らない場所が苦手な動物はペットホテルではなくペットシッターにおうちに来てもらっておうちで過ごすほうがいい場合もあります。

個体差がありますが、ワンちゃんはペットホテルに預けても大丈夫なことが多いです。また、特に地方では近くに依頼できるペットシッターがいないこともありますね。そんなときは信頼できるペットホテルを利用することになるでしょう。


信頼出来るペットホテルを選びましょう

犬

ペットホテルでのトラブルをときどきに耳にします。脱走や体調不良になった際の対応の仕方など、深刻なトラブルもないことではありません。初めてのホテルにいきなり預けるのではなく、普段使用している動物病院やサロンなど信頼できる場所を選びましょう。

また、親しく付き合っていると料金や設備について聞きにくいかもしれませんが、不安なままだとずっとペットを心配しながら出かけることになってしまいます。常識あるペットホテルであれば、飼い主さんの疑問には誠意をもって答えてくれるはずです。そうではない場合は大切な家族を頼むべきではないと思います。

また、ペットホテルに預けたら、必ず迎えに行ってあげてください。飼い主さんが連絡もなく迎えに来ないといったことは実は珍しいことではなく、筆者の知り合いの獣医さんも飼い主さんからの連絡がないままに、予定を大幅に過ぎる1カ月も犬を預かることになってしまったことがあります。

そうなると第一にペットがかわいそうですし、獣医師やサロンとの信頼関係も崩れてしまうでしょう。飼い主さんとしてペットにも預け先にも誠実に対応することも大切ですね。

Share!