犬もさんまを食べて大丈夫!詳しい成分や注意点を解説

「犬にさんまをおすそ分けしたいけど、食べさせても大丈夫?」という声を秋口になると聞くようになります。さんまは犬にとっても栄養が豊富で、夏の暑さに疲れた体にはぴったりです。犬に適した与え方について、今回の記事で確認していきましょう。

犬はさんまを食べても大丈夫

さんま

さんまはタンパク質やオメガ3脂肪酸のEPA・DHA、ビタミンD、ビタミン12を多く含み、犬が食べても大丈夫な食材です。EPAは血液をサラサラに、DHAは脳の働きをサポートしてくれる効果があります。

ビタミンDはカルシウムの吸収を助ける重要なビタミンで、骨粗しょう症や骨折予防につながります。ビタミンB12は貧血や認知症を予防する効果が期待できます。

犬にさんまを与える際の注意点

上目遣いの子犬

与え過ぎ

私たちより体が小さな犬は、ちょっとした誤差が肥満につながります。与える量は1日の最適カロリー量の10%以内にしてあげてください。1日の最適カロリー量はペトことオリジナルのドッグフード「PETOKOTO FOODS」の「フード診断」で簡単に計算することができます。

フード診断を受けてみる

小骨

さんまには細かい骨がたくさんあります。人間であれば骨があることを意識して噛む回数を増やすことができますが、犬は基本的に丸呑みに近い食べ方をします。「小骨に気をつけてね」と言っても分からないので、事前に目立つ骨は取り除いてあげましょう。

また食べさせる前によく焼くか煮るかして、さんまの身をほぐしてからあげるようにするとよいでしょう。骨が残っていると犬が勢いよく食べている時に口内を傷つけてしまったり、胃腸に負担をかけてしまったりする可能性があります。

アレルギー

犬によっては青魚にアレルギー反応を示すことがあります。食物アレルギーは原因となる食物を取り除くことで発症を防ぐことができます。初めてさんまを食べさせる時は少量にし、以下の症状がでないか注意してあげましょう。

  • 下痢や軟便
  • 嘔吐
  • 発熱
  • 元気がない
  • 皮膚のかゆみ


ヒスタミン食中毒

ヒスタミン食中毒は、ヒスタミンという物質を含有している魚を摂取することによって発症する中毒です。魚がもともと持っているヒスチジンという物質が、細菌の持つ脱炭酸酵素の働きよって魚肉内でヒスタミンを生成します。魚を常温で放置することによって細菌が増殖するので、必然的にヒスタミンの生成量も多くなり中毒を起こす確率が高くなります。

ヒスタミンは熱にとても強いため一度ヒスタミンが生成されてしまうと熱処理による分解は困難になります。予防策として新鮮な魚を購入することを心掛け、常温の状態で放置などしないようにしましょう。ヒスタミン食中毒になると摂取後2〜3時間で以下のような症状が出ると言われています。

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 舌や顔の腫れ
  • 蕁麻疹
  • めまい

アニサキス寄生虫

アニサキスは寄生虫(線虫)の一種で、サバやイワシ、カツオ、鮭、イカ、サンマ、アジなどの魚介類の内臓に寄生します。鮮度が落ちると内臓から筋肉に移動し、生の状態で食べることで、アニサキス寄生虫が胃壁や腸壁に刺入して食中毒(アニサキス症)を引き起こします。人間だと嘔吐や激しい痛みを伴い、犬や猫にも同様の症状を起こす可能性があります。

アニサキスは熱に弱いので、煮たり焼いたりすればほぼ死滅すると考えて大丈夫です。また、人間であればお刺身を食べる時によく噛むことで、生きたアニサキスが体内に入ることを防ぐことができます。しかし犬によく噛ませるのは難しいので、あらかじめ小さく切って与えてあげるとよいでしょう。

まとめ

フレンチブルドッグ

皮膚や被毛の健康状態を保つ、老化や免疫力の低下を防ぐなどの効果が期待できる
食中毒を起こすヒスタミンは熱に強いので、新鮮な魚を選ぶ
アニサキスは熱に弱いので、必ず加熱したものを食べさせる
小骨を取り除き、細かくほぐしてから与える
さんまは、抗酸化作用のあるDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸や、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれており、適切な食べ方をすれば犬の健康をサポートしてくれる魚です。あげる前に火を通す、骨を取り除くなど安全には十分配慮してあげるようにしてください。

さんまを選ぶ時は背中が青黒く光り、全体の身が締まってハリのあるものを選ぶとよいそうです。脂肪分も多いので日常的に犬に与えると肥満の原因になるかもしれません。