犬の下痢の原因は? 薬や病院に連れて行くべきかなど獣医が解説

犬の下痢は飼い主さんが気付きやすい症状の一つであることから、病院に連れて行くべきか悩む方が少なくありません。犬が下痢をした時には、様子を見ながら適切な判断と対処をする必要があります。今回は、下痢の原因や対処法、下痢に効く食べ物、病院に連れて行くべきかなどについて、ジェナー動物クリニック副院長の船田が解説します。

犬の下痢とは

下痢は体調の変化のサインとして、普段気付きやすい症状の一つです。下痢の原因は多岐にわたり、胃や腸などの消化器疾患に起因するものから、そうでないものもあります。また出血(血便)を伴う場合もあります。一般的に出血を伴う場合の方が、症状がひどいというイメージがあるかも知れませんが、そうではありません。血便がなければ問題ないと安易に判断せず、重篤な疾患が隠れている場合がありますので注意が必要です。

好発年齢・好発犬種

シェパード

年齢

  • 若齢:寄生虫、食事性、誤食(消化が悪いものや薬など)、感染症など
  • 若齢〜中年齢:副腎皮質機能低下症(アジソン病)、膵臓の異常など
  • 中〜老齢:腫瘍、炎症性腸疾患、膵臓の異常など

好発犬種

症状

排便の様子や糞便の性状などから、下痢が小腸性か、大腸性かをおおよそ判別する事が可能です。大腸は主に水分を吸収する働きをするため、大腸に異常がある場合は、体重の変化はほとんど見られません。通常より頻繁な排便(通常の3倍以上)、ときとして過剰な粘液(ゼリー状)や鮮血を含む少量の便の排泄、しぶり(うんちを出そうとするが出ない)などを特徴とします。

また、嘔吐も大腸炎のワンちゃんの30%で見られます。小腸は栄養を吸収する場所なので、そこに異常があると栄養が吸収されず体重が減っていきます。便の頻度は通常時と変わらないか軽度に増加し、しぶる症状は認められません。便の1回量は増え、お腹が鳴ったり、ガスが溜まって膨らんだりします。また、上部消化管(食道・胃・十二指腸)に出血があると、胃酸などによって色が変化するため、墨のような黒い便(タール便)が排泄されます。大腸炎と同様、嘔吐も見られます。

症状・所見 小腸性下痢 大腸性下痢
排便の様子 頻度 正常〜軽度増加 増加〜著明に増加
排便困難・しぶり なし 犬:多い、猫:まれ
便失禁 まれ ときにあり
便の性状 多くは増加 時に減少
粘液・鮮血 ほとんどない しばしば認める
脂肪便 消化・吸収不良で認める なし
メレナ ときにあり なし
随伴症状 体重減少 慢性化することあり まれ
嘔吐 あり得る あり得る
食欲 正常〜低下(ときに亢進) 多くは正常(重症で低下)
腹鳴・鼓腸 みられる なし

考えられる原因は?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

back 1 2 3 4next

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10