犬の暑さ対策は大丈夫? 室内と屋外、それぞれに適した方法をご紹介!

犬にとって夏の暑さ対策は必要不可欠! しかし、ただ冷房を効かせておけばいいという訳ではありません。愛犬が快適な夏を過ごすため、簡単に日常に取り入れられる工夫は、実はたくさんあるのです。今回の記事では、夏の暑さが犬におよぼす影響と、室内と屋外ケースごとの対策を紹介します。暑さ対策として人気のグッズもまとめているので、この夏、いつも頑張っているワンちゃんへのプレゼントにいかがですか?

愛犬の暑さ対策は大切!

犬は平熱が高く、年中毛皮を着ているようなものです。高温多湿な6月〜9月にかけては、特に長毛種や寒冷地域出身の犬種にとっては厳しい時期になります。だからこそ、飼い主さんの理解と万全の対策がとても重要です。

犬は人間と同じような体温管理ができない

人間は汗をかいて体温調整をすることができますが、犬は肉球にしか汗腺を持っていません。そのため暑いとパンティング(口でハッハッと呼吸をすること)をして、舌から熱を逃がそうとするのです。

20170511_summerfordogs_ni_002

サマーカットはするべき?

ペトことライターでトリマーの大森さんに伺いました。
夏になると「毛皮が暑そうで、かわいそうだから……」とかなり短くカットされた犬を見かけます。しかしサマーカットにはメリットとデメリットがあるので、それらを認識した上で行うようにしましょう。

サマーカットのメリット

  • お手入れが簡単になる
  • 清潔を保ちやすい
  • 皮膚病予防になる

サマーカットのデメリット

  • 紫外線の影響を受けてしまう
  • 皮膚が傷つきやすい
  • 虫に刺されやすい

サマーカットはお手入れがしやすく、皮膚の状態変化にいち早く気が付けます。しかし犬の皮膚は人間よりも繊細なので、毛皮はそれを紫外線や虫などから守る働きをしていることを忘れてはいけません。サマーカットをする際は犬の状態に合わせ、トリマーの方と相談しましょう。

室内での犬の暑さ対策ポイント

暑さ対策の環境づくりのポイントは「飲み水・室温・日陰・冷却グッズ」です。

飲み水

飲み水は多めに用意し、いろいろな場所に置いておきましょう。また、特にお留守番の時などは自動給水器などを使い、常に新鮮な水がたくさん飲める環境にしてあげるのもよいでしょう。

エアコン調整

高温多湿な環境は犬の熱中症を引き起こすこともあるので、室温はしっかり管理しましょう。しかし寒ければいいというわけではありません。その日の気温に合わせ、25℃〜27℃に設定し、冷却グッズなどで犬自身が自ら体温調整ができる環境を整えてあげましょう。

※人感センサーなどがついているエアコンは注意しましょう。センサーが犬の大きさに反応せず、お留守番中に熱中症になってしまったケースがあります。

日陰に休憩スペースを確保

夏の日差しは強いので、休憩やお留守番のスペースは日陰につくりましょう。一緒に冷却グッズなどを置いてあげると、犬は自ら必要な時に自分で体温管理ができるようになります。

20170511_summerfordogs_ni_004

冷却グッズ

身近なもので手作り

ペットボトルを凍らせ、タオルで巻いて簡易的な冷却グッズをつくることができます。また、水に濡らしたタオルを扇風機の前に干して、冷たい風を循環させる方法もあります。

室内おすすめグッズ

  • 冷却マット
  • 持続性があり、お留守番の犬に適しています。犬が自分で体温を調整できるようになるので、一枚は置いておきたい物。

  • 自動給水器
  • 常に新鮮さを保ちつことができ、同時に「お水が足りない!」という状況を避けてくれます。

  • 大理石
  • 大理石のひんやりとした冷たい心地よさは、犬だけではなくペット全般に人気です。

  • クールベッド
  • ふかふかなクッションが好きなのに、普通のベッドは夏には暑すぎる……。そんな犬におすすめのクールベッドです。

   

屋外での犬の暑さ対策ポイント

屋外での暑さ対策ポイントは「時間帯・こまめな水分補給」です。また、水で体(特に背中)を濡らしてあげると冷却効果があります。濡らすと言っても体をびしょびしょにするのではなく、人の手を濡らしそれを犬の体に撫でるように濡らしてあげると良いでしょう。もしくは、メッシュ素材などの通気性の良い洋服を濡らし着せてあげると良いです。

お散歩を涼しい時間帯に

夏場でも、日が傾いてくると人間は過ごしやすくなってきますね。しかし犬は人よりも体高が低いので、地面からくる熱で暑く感じています。アスファルトの温度は炎天下では50〜60℃にもなります。

犬には肉球がありますが、さすがに炎天下のアスファルトではやけどを負ってしまいます。お散歩をする時は、まず最初にアスファルトを触って確認してあげましょう。

20170511_summerfordogs_ni_003

背中をぬらす

お散歩中に体を冷やす方法として水をかけてあげるのもよいでしょう。ずぶ濡れにするのではなく、手で水をすくい背中をなでるようにぬらしてあげると、それだけでも冷却効果が見込めます。

屋外おすすめグッズ

  • H2O4K9
  • 欧米の愛犬家に大人気のステンレスボトル。アウトドアに強く、犬の水分補給の心強い味方です。

  • ひんやりベスト
  • 日中お出掛けをするときに熱中症予防として最適です。紫外線から守るだけではなく、体を冷やしてくれます。

  • メッシュ服
  • メッシュなど通気性の良い服に濡らして着せてあげると冷却効果があります。サマーカットした体だと毛も短く毛玉にもなりづらいので、洋服を着せやすいです。

  • 熱中症チェッカー
  • 犬は自分の体調を訴えることができません。具合が悪くなってからでは遅いかも……? この熱中症チェッカーがあると、気が付きにくい体調の変化に先手を打つことができます。

    熱中症については以下の記事もご覧ください。

       

    夏を楽しむために愛犬の暑さ対策を!

    夏は楽しいイベントがたくさんあり、とてもワクワクする季節ですね。愛犬とのお出掛けを検討中の方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか? そんな時、言葉で伝えられないワンちゃんの健康を先回りして守ることができるのは飼い主さんだけです。皆さんのワンちゃんが快適に元気いっぱい夏が楽しめるよう、できる暑さ対策から行ってみてください!

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10