犬だってお留守番は寂しい。お留守番の時間やしつけ方をトレーナーが解説

犬だってお留守番は寂しい。お留守番の時間やしつけ方をトレーナーが解説

犬と一緒に生活している方の中には、一人暮らしや共働きで長時間お留守番をさせている方もいらっしゃると思います。しかし、きちんとしつけをしていないと、お留守番にはストレスや危険が伴うことも。お留守番中の吠えがひどいとご近所トラブルにもなりかねません。今回は犬のお留守番について、ドッグトレーナーの西岡が解説します。

犬に留守番をさせても良いの?

窓から外を見るハスキー

犬にとって、大好きな飼い主さんと離れてのお留守番は寂しいものです。できる限り犬だけでのお留守番の時間が短くて済むようにしましょう。共働きの家庭が増え、日中犬の面倒を見る人がいない場合、身内や友達に預けたり、犬の幼稚園や保育園、ペットホテルなどに預けたりすることも考えなければいけません。

どうしても長時間お留守番させる場合は、お留守番の前にしっかり散歩をさせ、たくさん運動させてあげましょう。


お留守番をさせる環境

おうちの環境によって、お留守番させる方法もさまざまです。サークルやクレートでのお留守番や、一部屋自由(フリー)などのお留守番がありますが、おうちの環境やわんちゃんの性格に合わせた方法を選びましょう。

サークルでのお留守番

ソファーに座る犬

サークルでお留守番させる飼い主さんが多いのではないでしょうか。サークル内はベットとトイレがあり、おもちゃや水飲みを付けることもできます。犬が寝たり、排泄をしたりすることができる広さがあり、いたずらされる可能性が極めて低いです。犬にとって安心できる空間で、なおかつ飼い主さんも安心して出掛けることができると思います。

注意点としては、「サークルは飛び出し防止用の屋根があるものを選ぶこと」「サークルの近くに引っ張り込めるものを置いておかないこと」「おもちゃを入れる場合には、壊される心配がないものを選ぶこと」が大切です。また、夏場や冬場などの体温調整が難しい時期は、サークルという囲われた中で自由に動き回ることが出来ません。サークルの中でも自分で温度調節ができるような工夫をしてあげることが必要です。

クレートでのお留守番

サークルよりも狭いですが、犬にとっては狭くて暗いほうが安心できる環境といえます。お留守番の時間が短く、トイレ(粗相)の心配がないのであれば、クレートでのお留守番も可能です。

注意点としては、温度管理が難しいことです。特に夏場は、クーラーを付けていたとしても日差しが当たっていればかなり暑くなってしまいます。外付けの水飲みを付けるなどの対策が必要です。

フリーでのお留守番

トイプードル

大型犬はフリーでお留守番をさせている飼い主さんも多いと思います。トイレトレーニングがきちんとできている、いたずらをされる心配がない、という安心感があれば、フリーでも問題はないと思います。サークルやクレートと違い、自分で体温調整がしやすいということも利点です。暑ければ日差しの当たらない場所を、反対に寒ければ温かい場所を、犬自身で選ぶこともできます。

注意点として、いくらしつけがされていても、台所など危険の恐れがある場所へは行けないようにすることが大切です。机やゴミ箱などに食べ物があれば、それを食べてしまうことも十分に考えられます。犬が届くところに誤飲の可能性があるものを置かないことが重要です。またフリーであったとしても、クレートなど隠れられる場所を用意しておくと良いでしょう。


犬の留守番の問題行動

ソファに座る犬

お留守番のときに考えられる問題や危険について、いくつかあげたいと思います。

吠える

飼い主さんがいなくなると寂しくて吠えてしまう。これは毎日のお留守番が長く、寂しい思いをしている場合や、飼い主さんが大好きすぎて姿が見えないと不安になってしまう「分離不安」などが原因です。近所トラブルにもなりかねない行動です。


トイレ

お留守番のさせ方によっても変わりますが、トイレの失敗や食糞をしてしまうこともあります。


いたずら

一人でのお留守番ほどつまらないものはありません。犬だって同じです。暇つぶしにクッションをガジガジすることもあります。帰ってきたらテレビのリモコンのボタンがボロボロ…なんてこともあります。中でも一番怖いのは「誤飲です。お留守番させるときは特に気をつけましょう。


犬の留守番のしつけ方

窓から外を見る犬

初めは5分程度の短時間のお留守番から始めます。まずは飼い主さんが出て行っても、必ず帰ってくるということをわかってもらいましょう。少しずつ30分、1時間……と時間を伸ばしていき、長いお留守番もできるように慣らしてあげましょう。

お留守番ができるようになってからも、お留守番前は散歩したり運動させたりして疲れさせておくことも、上手にお留守番させるポイントです。

犬の留守番グッズを利用する

犬とコング

いくらお留守番ができるようになっても、不安になるのは飼い主さんも一緒ですよね。家で寂しくしていないか、元気にしているか気になる人にはお留守番グッズを上手に使いましょう!

お留守番カメラ

部屋にお留守番カメラを置いておき、愛犬の様子を外出先からスマートフォンでリアルタイムで確認できるものがあります。


おもちゃで退屈しない

簡単には壊れないおもちゃや、おやつやフードを詰められる知育トイなど、暇つぶし用に用意しておくといいでしょう。最近では知育トイにもいろいろなものが出ていますので、愛犬に合ったものを探してみると良いでしょう。

夏・冬の留守番の注意点

窓から外を見るコーギー

夏場のお留守番は特に注意が必要です。犬は人よりも暑さに弱いため、熱中症になりやすいです。最悪の場合死んでしまうこともありますので、お留守番のときは温度や湿度に気を付けましょう。

冬場は夏ほどではありませんが、暖房の効かせすぎには注意が必要です。夏も冬も部屋の温度調節はもちろんですが、犬自身である程度温度調節ができるような工夫が必要です。


電気は消した方が良いの?

お留守番中の犬

犬は暗くても見ることができますので、必ずしも付けておく必要はありません。夜と同じように寝ていて欲しい場合は、電気を消すことも有効的かもしれません。

犬の留守番を助けるサービスを利用する

窓の外を眺める黒い犬

どうしても長いお留守番になってしまう時には、無理にお留守番をさせず、ペットのお預かりサービスを利用しましょう。

ペットシッターサービス

「新しい環境に馴染めるか不安」という人には、自宅に来てくれるペットシッターのサービスがオススメです。ごはんやトイレはもちろん、散歩もしてくれます。

犬の保育園や幼稚園

最近では犬の保育園や幼稚園もできてきました。お昼寝の時間やお友達との遊びの時間など、普段他のわんちゃんと遊ぶ機会がない子にオススメです。

ペットホテル

旅行などで利用する人も多いサービスです。しかし、サービスの内容はピンキリです。トイレやごはん、散歩はしてくれても1日中狭いケージの中ということもあります。きちんと調べてから利用するようにしましょう。

犬だってお留守番は寂しい

窓から外を覗く犬

愛犬の性格や家の環境に合わせて、お留守番させる方法を考えてあげる
お留守番のトレーニングは短い時間から始める
お留守番中にぐっすり眠れるよう、お留守番をさせる前にたくさん遊んであげる

人のように多くの言葉を理解できない犬にとって、飼い主さんが帰って来ない時間は途方もなく長い時間です。「今日は夕方には帰ってくるからね」と伝えても、犬にはわかりません。少しでも「寂しい」と思う時間が短くて済むように、お留守番前は散歩をたくさんして運動させ、お留守番中はぐっすり眠れるようにすることや、おやつが詰められる知育トイを用意してあげるなどの工夫をしてあげましょう。

ペットホテルなどの利用も、初めは短い時間から慣らしてあげることが必要です。慣れない環境で飼い主さんと離ればなれになることのほうが、犬にとってストレスになってしまうこともあります。長いお留守番をさせないことが1番ですが、愛犬に取って少しでもストレスなくいられる方法や対策をしてあげましょう。

Share!