災害時にペットと同行避難できますか? 今すべき準備や想定される問題を紹介

災害が起きたとき、慌てずにペットと避難することができますか? 環境省は2013年より、ペットと一緒に避難所まで避難する「同行避難」を推奨しています(一部の特殊なペットを除く)。しかし、避難所でトラブルが発生するなど、まだ問題が多いのも事実です。災害が起こる前にペットのために備えをすることで、もしものときのトラブルを少なくすることができます。今回は、ペットの避難に関する情報とともに、安全・安心な避難のために飼い主が事前にできることを紹介します。

災害が起こった時、ペットは?

地震や水害、火山の噴火など、日本では多くの災害が起こります。「ここにいれば安心!」と言えるような場所はありません。どこに住んでいても、ペットと一緒に災害に遭ってしまう可能性があるのです。それでは、避難が必要になった場合はどうすればよいのでしょうか?

基本はペットを連れて同行避難

ペット避難

災害によって避難が必要になった場合は、ペットを連れて避難すること(=同行避難)が推奨されています。東日本大震災の経験を踏まえ、2013年に環境省から発表された「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」で推奨されました。東日本大震災の際に、揺れ、津波、原発事故などで多くのペットの飼い主が緊急避難を余儀なくされ、ペットが飼い主とはぐれたり自宅に取り残されたりして放浪状態になる例が多数みられたため、動物愛護や飼い主の心のケアなどの観点から推奨されるようになりました。

ペットとして飼われる動物は犬や猫が多いですが、ペットは鳥やウサギなど、犬猫に限りません。避難所によっては避難を拒否される動物もいますので、犬猫以外の動物をペットにしている方は事前に確認が必要です。

詳細はお住まいの市区町村に

推奨されるようになった同行避難ですが、現時点ではあくまで国レベルでのもので、避難所で実際に動物を受け入れるかの判断は各市区町村に委ねられています。つまり、同じ日本国内や同じ都道府県でも、「○○区では同行避難できるけど、△△市では同行避難できない」といったことが有り得る状況なのです。

自分が住んでいる市区町村でペットとの同行避難ができるかは、各市区町村の公式ホームページで確認しましょう。情報が見当たらない・不明な点がある場合は、担当の課(危機管理課、災害対策課など)に問い合わせましょう。

災害が起きてからこのような情報を調べている余裕があるかは分かりません。そして、万が一お住まいの市区町村が同行避難の受け入れを行っていない場合は、避難所とは別の預かり先を探すなど他の対策を考える必要があります。余裕を持って、平常時のうちに確認しておきましょう。

同行避難と同伴避難の違い

アイペット損害保険の調査では、災害が起きたときに飼い主とペットが同行し安全な避難所まで避難することを「同行避難」であると答えられた飼い主は61.6%で、18.9%が「同伴避難」、19.5%が「わからない」と回答したことが分かりました。

調査はインターネットによるアンケートで、全国の犬猫の飼い主2214人(犬:1212人、猫:743人、犬猫:259人)を対象に、2017月1月24日から26日の期間で行われました。

同行避難と同伴避難

「同行避難」も「同伴避難」もペットと一緒に避難所に行くことまでは同じですが、避難所で一緒に過ごせるかどうかが異なります。ペットと避難所で一緒に過ごせるのが「同伴避難」です。飼い主であればペットも一緒に避難させたいと思うものですが、「同行避難」が認識されるようになったのは最近のことです。以前は自宅で留守番させたままにしたり、放して自由にしたりすることが多くありました。

そして、環境省が「同行避難」を推奨していることを知っている飼い主は26.4%にとどまり、73.6%が「知らない」と回答しました。

あなたは、環境省発行の「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」において、「ペットの同行避難」が推奨されていることを知っていますか

最寄りの避難所で一緒に過ごせる?

最寄りの避難所を知っている飼い主を対象にその避難所がペットを連れて避難できるか知っているか聞いた質問では、同伴避難できることを知っていた人が17.5%、同行避難できることは知っているが同伴避難できるか知らない人が17.0%、同行避難できることを知っている人が16.7%でした。

あなたは最寄りの避難所がペットを連れて避難できるかどうか知っていますか

同行避難できるかも知らないと答えた48.8%も合わせると、65.8%の飼い主が最寄りの避難所でペットと一緒に過ごせるか知らないことになります。災害が発生してから調べていては迅速な避難ができません。知らない方はすぐに調べ、備えるようにしましょう。

ペットと避難をめぐる問題

国レベルでは推奨されている「ペットとの避難」ですが、そこにはまだ問題が多く残っているのが現状です。

物資

人間用の物資でさえも不足してしまう災害時。避難所にいたとしても、ペット用の物資は人間用の物資よりも手に入りにくくなってしまいます。そして、水などの人と共有できる物資に関しては、さらに複雑なトラブルが発生することも考えられます。人のための分も足りていないときに、「ペットに分け与える」ことをするのか――。人間もペットも、命あるもの。とても難しい問題です。ペットへの物資の配分を巡った避難者同士のトラブルは過去の震災でもみられ、議論を呼びました。

そのため、それぞれの飼い主が自分でペット用の備蓄をしておくことがとても大切です。もしもの時に少しでも安心できるよう、人間と同じようにペットにも防災グッズの用意をしてあげましょう。

音・臭い

ペットの鳴き声や吠える声、そして臭いも、トラブルの原因になることがあります。ペットを飼っていて普段から慣れている人は、あまり気にならなかったり理解があることが多いかもしれません。しかし、避難所にはそうでない人もいます。トラブルにならないよう、しつけはしっかりとしておきましょう。神奈川県横浜市の公式YouTubeチャンネルでは、災害時に備えたしつけの方法が紹介されています。

アレルギー

人によっては特定の動物にアレルギーを持っている場合もあります。アレルギーの程度はさまざまなものがありますが、どの程度のアレルギーであっても、その人と動物を近づけないのが一番です。重い症状になる場合もありますので、避難所でペットと過ごす場合はアレルギーに十分に留意しましょう。

もしもの時のために備えよう

ペット避難

「備えあれば憂いなし」は、まさにその言葉の通りです。事前に備えることで全てのことを「普段通り」にすることはできません。しかし、備えることで防げるトラブルや不安はたくさんあります。それでは、もしもの時のために、飼い主は具体的にどのような対策を取ればよいのでしょうか。

防災グッズ

ペットにも、キャリー、食品、トイレ用品、ペットの写真など、防災グッズの用意をしてあげましょう。ペット用の持ち出し袋を作ったり、人間用の持ち出し袋に加えたりするなどして、避難用のグッズとしていざという時にさっと持ち出せるように準備しておきましょう。リュックなどにまとめると、簡単に持ち出すことができ、移動の際も両手が空いて安全です。用意しておくとよいアイテムはペトことの記事「ペットの防災できてますか? 必ず準備しておきたいグッズや対策ポイントを紹介」でも詳しく紹介しています。

ガイドライン・パンフレットなどの確認

多くの市区町村は、災害に関するガイドラインやパンフレットを発行しています。公式ホームページに掲載されていたり、市区町村の施設に置いてあることもありますので、そちらを確認しておくと安心です。一例として、東京都大田区は、ペットのためにできる防災対策や同行避難に関する情報を公式ホームページに詳しく掲載しています。

ペットとの避難に関することを含め、災害前にするべき備えから災害発生時に取るべき行動、そして避難について、災害が起こる前に知っておきましょう。ペットだけでなく、ご自身の防災対策にも役立ちます。

避難場所・経路の確認

自分が避難するべき避難所を、お住まいの市区町村が発行しているハザードマップや公式ホームページなどで確認しましょう。ちなみに、東京都世田谷区は、地区別のハザードマップを公開しているほか、地震・土砂災害・洪水など災害別のハザードマップも公開しています。これらのハザードマップに加え、オフラインでもハザードマップを閲覧できる「世田谷区防災マップアプリ」も配布しています。このように多くの情報提供が行われている自治体もあります。

避難所を確認したら、同行避難ができる避難所かも確認したうえで、家から避難所までどの経路を使って避難するかを考えましょう。その際は、

  • 迷わない道順であるか
  • 倒れそうな建物や物はないか
  • 災害時に危険な状態になることが予想される施設(工場など)の近くを通っていないか
  • 海や川など、津波の影響を受ける可能性がある場所の近くを通っていないか

などを確認し、可能な限り危険や障害が少ないルートを考えましょう。そして、もし可能であれば、持ち出し袋やペットを入れたキャリーなど非常時に持ち出す予定のものを持って実際にその道を歩いてみましょう。「こんなにたくさんの物を持ったら重すぎるかも」「この道は使えないかも」など、発見があるかもしれません。

避難訓練に参加しよう

住民が参加できる避難訓練は、市区町村や消防署などさまざまな機関が実施しています。同行避難の訓練など、ペットが参加できる避難訓練もあるので、お住まいの地域にそのような避難訓練があればぜひ一度参加しておきましょう。実際に避難するときと同じ施設や物資などを利用することができる場合もあり、非常時の状況を想像するのに役立ちます。

ペットと一緒に避難するために

ペットを飼っていると気になる、非常時の避難の問題。災害や避難を体験したことのない方は想像がつきづらい部分もあるかもしれませんが、もしもの時に自分とペットが少しでも安心して過ごせるよう、十分に備えをしておきましょう。

関連記事

第2稿:2017年10月2日 公開
初稿:2017年3月18日 公開

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10