犬はココナッツを食べても大丈夫? ココナッツの栄養素や与える際の注意点も紹介

犬はココナッツを食べても大丈夫? ココナッツの栄養素や与える際の注意点も紹介

南国を思わせる風味が特徴のココナッツ。最近だとスーパーフードとして、ココナッツオイルやココナッツチップスも有名です。しかし犬はココナッツを食べても大丈夫なのでしょうか? 今回はココナッツオイルやココナッツチップス、肝臓に効くといわれる所以について紹介します。

犬はココナッツの果肉を食べても大丈夫



あまり果物のままで口にすることは少ないですが、ココナッツの果肉は犬が食べても大丈夫です。ただし与え過ぎると、胃腸炎や腹部膨満になる可能性があるため注意が必要です。

ココナッツの与え方

ココナッツを与える際は、ココナッツオイルを少量舐めさせてあげるか、犬用のおやつを適量あげることもおすすめです。

Cocotherapy(ココテラピー) オーガニックココナッツチップス(170g)ペットの健康をサポートする消化しやすいココナッツフレーク

ココナッツを与える際の注意点

海で遊ぶ犬

アレルギーの可能性

アレルギーは、生まれつきの体質による先天性アレルギーと、長い期間同じ食材を食べることにより発症する可能性がある後天性アレルギーがあります。

ココナッツを初めて与える際は、少量からスタートしましょう。以下の症状が見られた場合は、アレルギーの可能性があります。

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 皮膚のかゆみ
  • 元気がない
  • 目の充血

ココナッツを食べた際に上記のような症状が現れた場合は、獣医師に相談しましょう。


市販のココナッツチップスやココナッツジュースは与えない

市販のココナッツチップスやココナッツジュースには、糖分や調味料が多く含まれている可能性があるため、できるだけ与えないようにしましょう。ココナッツチップスやココナッツジュースだけでなく、人間用に加工された食品は与えないでください。


ココナッツサブレもNG

スーパーでもよく見かけるココナッツサブレには多くの糖分が含まれているので、犬には与えないようにしましょう。


ココナッツについて

ココナッツ

ココナッツとは、熱帯地方に広く分布するヤシ科の植物「ココヤシ」の果実のことです。果肉部分は、主に水分と脂質で構成されています。また、ココナッツジュースやココナッツオイル、ココナッツミルクなど料理に使われるだけでなく、甘く濃厚な香りで化粧品などにも使われています。

ココヤシは果実以外を材木として、果実の皮は器や繊維として使われたり、花から取れる蜜はココナッツシュガーに使われたりするなど、非常に万能な植物です。

ココナッツに含まれる栄養素についてご紹介します。

中鎖脂肪酸

一般の植物油に含まれるオレイン酸やリノール酸と同じ脂肪酸の仲間です。エネルギー転換が早く、消化吸収を促進し、体脂肪の蓄積抑制に役立ちます。

食物繊維

食物繊維には、便質を改善し便通を促す不溶性繊維と、腸内の不要なものを排出する水溶性繊維があります。

カリウム

カリウムは塩分を排出する働きがあり、血圧を維持してくれます。また、利尿作用が体内の水分量を調整してくれるため、代謝が良くなります。

鉄分

鉄分は、貧血を予防するために必要です。たんぱく質と一緒に摂ると吸収力が高まります。


ココナッツオイルは犬にとってもスーパーフード

犬の皮膚に良いココナッツオイル

Coconut Research Center所長のBruce Fife博士によると、中鎖脂肪酸を多く含むココナッツオイルは、スーパーフードと呼ばれるほど健康に良い食材です。中鎖脂肪酸は、消化機能などの肝臓をサポートし、体重減少や皮膚や毛艶を良くする効果があるといわれています。

また、肌の保湿効果があり、炎症を落ち着かせてくれます。皮膚トラブルがあるわんちゃんには、ココナッツオイルは効果的かもしれません。まずは被毛や耳、肉球から塗ってみて、効果があるか試してみると良いでしょう。ただし問題が起きた場合にはすぐに使用を中止し、獣医師に相談してください。

どんなココナッツオイルを買うべき?

バージンオイルやエクストラバージンオイルなど、オーガニック類のココナッツオイルを買うことをおすすめします。酸化を防ぐため、必ず瓶に入っているココナッツオイルを選ぶようにしましょう。


ココナッツオイルが犬の歯磨きに有効って本当?

アメリカなど海外メディアでは、ココナッツオイルで歯磨きをすると、犬の口臭を改善してくれると言われています。しかし一方で、ココナッツオイルは歯のプラークを減らすこともあるといわれており、論文など信頼できるデータもまだないため、ココナッツオイルを使った歯磨きはおすすめしません。

日頃からの歯磨き、定期的な歯石取りをすることで、健康な歯を保つようにしましょう。


まとめ

海辺で笑顔の犬

犬にココナッツを与えても大丈夫だが、与え過ぎには注意
ココナッツオイルは皮膚トラブルに効果的
ココナッツオイルでの歯磨きはおすすめしない

ココナッツは犬に与えても大丈夫な食材ですが、決して与え過ぎないよう十分注意してくださいね。総合栄養食へのトッピングやおやつとして与える場合は、1日の最適カロリー量の10%以内にしてください。

1日の最適カロリー量はペトことオリジナルのドッグフード「PETOKOTO FOODS」の「フード診断」で簡単に計算することができます。

フード診断を受けてみる

なお、本稿は以下の情報を参照して執筆しています。

Share!