2回のトライアルを経て相性ぴったりな家族に出会った保護犬「ハチ」【お結びレポート】

保護犬・保護猫とペットを迎えたい人を結ぶサイト「OMUSUBI」を通じて結ばれたご家族を紹介する「お結びレポート」。第11回は保護犬「ハチくん」を迎えた余語(よご)さん一家のお話です。OMUSUBI事務局スタッフの中尾が取材させていただきました。

ハチくんは一般家庭で飼育困難となったため、お母さん・兄弟犬と共に沖縄の保護団体さんに保護されました。その後、OMUSUBI登録の保護団体「わんずぺ~す」さんの元で新しい家族を探し始めたところ、余語さん一家と出会います。

余語さん一家

今回はわんずぺ〜すさんからコメントも頂き、出会いのストーリーをご紹介します。犬や猫と暮らしたいと考えている方は、ぜひ参考にして保護犬・保護猫から迎える選択肢を検討してみてください。OMUSUBIで運命の出逢いがあるかもしれません。

一人っ子のはるかちゃんの弟のような存在に

子ども同士通じるものがあるというハチくんとはるかちゃん
子ども同士通じるものがあるという可愛い2人

ーー迎えてからの様子や印象的なエピソードを教えてください。

奥さん:はるかにハチがすごく懐いていて、すでに姉弟みたいなんです。

はるかちゃん:初めてのワンちゃん。うれしかった!

奥さん:はるかは今1年生になんですけど、お休みの間はずっと一緒に遊んでて。ハチは朝起きるとはるかに飛びかかって喜んですごいんです!

私はパートをしているので近所に住んでいるじいじ・ばあばがよくおうちに来てくれているのですが、今まではどうしても一人で寂しかったみたいなんです。

でもハチがいることによって、お留守番も苦じゃなくなったみたいで。ママのこと、じいじとばあばとハチで待ってくれているんだよね?

はるかちゃん:うん!

ーー小学校が始まったとのことですが、ハチくんの様子はいかがですか?

奥さん:はるかは緊急事態宣言が解除されて6月から通常授業が始まったのですが、1日5時間勉強しています。ハチはおうちでお留守番している間すごい静かですが、私と2人では物足りなそうな感じで……。

帰ってくるとすごい喜んで元気いっぱいになるんです! はるかがいるといないとで全然違いますね。

すでに表情までそっくり(!?)なハチくんとはるかちゃん
すでに表情までそっくり(!?)なハチくんとはるかちゃん

名前にまつわるエピソード

お迎えしたばかりの、少し緊張気味?のハチくん
お迎えしたばかりの、少し緊張気味?のハチくん

ーーハチくんがおうちに来てどれくらいになりますか?

奥さん:まもなく2カ月ですね。おうちにも慣れて、お利口さんですよ。ハチ!

(元気よく振り向くハチくん)

ーー名前を呼ぶとちゃんと振り向いてくれますね!

奥さん:そうなんです。もう自分の名前だと認識しているようで。

ーーお名前の由来はなんですか?

奥さん:元々「ハチ」という名前でした。ハチは親子でレスキューされたのですが、お母さんが「ナナ」で、弟が「キュー太郎」だったんです。

ーー親子で数字シリーズだったんですね! 新しい名前をつけることは考えませんでしたか?

奥さん:OMUSUBIさんでメッセージを送らせていただいたときから、家でずっとハチ、ハチと呼んでいたんです。家族で「ハチがうちに来たらどうする〜?」なんて話をしていました。

わんずぺ〜すさんからは好きな名前に変えてもいいよと言われていたんですけど、ずっとハチって呼んでいたのでそのままハチにしたんです。

先代のワンちゃんがつないでくれた出会い

ーーOMUSUBIを知ったきっかけは何ですか?

奥さん:ネットで検索しました。娘のはるかが一人っ子なのですが、小学生に上がり、真剣に「犬を飼いたい」と言うようになったので、そろそろお迎えしようかなって。

迎えるなら保護犬と決めていたので「保護犬 里親」で検索して、OMUSUBIさんのサイトにたどり着きました。

ハチくんの募集掲載ページ
ハチくんの募集掲載ページ

ーー元々保護犬と決めていたんですね。

奥さん:そうなんです! ペットショップの子ももちろん可愛いですが、ピンと惹かれるような出会いがなくて。実は先代のワンちゃんも元保護犬だったので、「迎えるなら保護犬から」という想いがずっと頭の中にあったんでしょうね。

ーーたくさんのワンちゃんの中からハチくんを選んだ理由は何ですか?

奥さん:家族みんなで一目惚れしたことと……やっぱりちょっと似てたんです! 先代のじゃじゃ丸に。じゃじゃ丸の存在があったからこそハチとの縁につながったとも言えるかもしれないです。

ポメチワMIXのじゃじゃ丸ちゃん(※立派なお名前ですが、女の子です)


一度は諦めたハチくんとのご縁

ーーOMUSUBIで応募してから初対面までは結構時間がかかりましたか?

奥さん:それが実は一度断られていまして……。ハチは人気だったみたいでお問い合わせが多数あったそうです。応募した後に「ハチくんは決まりそうです」という内容の連絡を頂いて、一度は諦めたんですよね。

けど、またお声がかかって! なので何週間かあったかな?

旦那さん:4月に入ってから申し込んで、大体3週間後にうちに来ました。連絡を頂いてからはあっという間だったよね。

大人気だったハチくん

奥さん:知らない番号から電話が来ていることに気づいて、「もしかして……」と思って急いで出たら、まさにハチの件でした。「ぜひ!」とお答えして、その週の日曜日に早速会いに行き、翌日我が家へ来ました。

実際会ってみたら第一印象はやっぱり可愛いくて。他のワンちゃんと元気に吠えて迎えてくれました(笑)。人見知りもせず、しっぽを振って寄ってきてくれました。でも抱っこしたときはおとなしかったよね。

はるかちゃん:うん、良い子だった!

わんずぺ〜すさんでの初対面

犬をお迎えする上で大切なことは「相性」

元々、他のご家庭でのお迎えを検討されていたというハチくん。最終的に余語さん一家とご縁がつながった経緯について、わんずぺ〜すさんにも詳しくお聞きしました。

わんずぺ〜すさん:天真爛漫で他の犬とも仲良くできるハチくんでしたが、大変パワフルかつ吠えや噛み癖、自己主張や興奮の強い子でもありました。そのため体は小さくても、トレーニングに十分な時間と手間をかけ、ハチに合った環境設定の工夫などが多く必要でした。

初めにトライアルしていただいたご家庭では、飼育経験はあったものの時間がたっていたこともあり、パワフルな子犬をご家族が持て余すご様子でした。

トライアル中はこちらでもケアの方法を都度フォローしていましたが、上手く育てていかれるか不安を強く感じられていたので、無理はしないでくださいとお伝えし、話し合いの結果、トライアル中止となりました。

その後、トライアルの結果を待たれていた余語さまにご連絡したんです。

ーー可愛いだけでは育てることはできないからこそ、相性の見極めは重要ですね。

わんずぺ〜すさん:子犬はお申し込みが多数ありますが、実際にお世話をしてみて大変さを感じ、断念される方もまれにいらっしゃいます。パワフルでケアに手間と時間が必要な子については、複数のご家族にトライアルの結果を待たれるかをお聞きし、万が一トライアルが中止となった場合は、次に待たれる方におつなぎしています。

余語さまのお宅も飼育経験があったため託したところ、ご家庭にフィットすることができました。犬がそのおうちに合うかどうかは、実際にトライアルしてみないと分からないものです。そのためのトライアルなので、ご家族との相性をしっかり見極めていきます。

相性バッチリ!な2人

ーー犬にとっても、迎えるご家族にとっても幸せな選択となるように、真剣にマッチングされている様子にわんずぺ〜すさんの愛をとても感じました。



迎えた後も心強かった保護団体さんの存在

ーー旦那さんはワンちゃんをお迎えることについてどう思っていましたか?

旦那さん:ハチを迎えることが決まったときは嬉しかったけど、実は最初は不安の方が大きかったんです。トイレとか含めしつけについて大丈夫かなって。今まで犬を飼ったことはあったのですが……。

ーー子犬だし保護犬だしで不安もありましたか?

旦那さん:そうですね。でも実際迎えてみたらとっても良い子で不安も消えました。

奥さん:最初はトイレが大変でしたが、ちょうど外出自粛期間だったこともあって(トレーニングできたので)1カ月くらいで覚えてくれました!

いちから子犬を育てることが初めてだったので、わんずぺ~すさんにたくさんアドバイスを頂きました。メールを送ったらすぐに返してくださってすごく心強かったです。

今ではおトイレも完璧です!

ーー迎えた後も親身に相談に乗っているわんずぺ〜すさん。里親さんへのサポートの想いをお聞きしました。

わんずぺ〜すさん:わんずぺ~すへやってくる子たちの中には、ネグレクトやほぼ野犬など、適切な飼育をされず過酷な環境で過ごしてきた子たちもいます。

トライアルで里親さま宅へ行った後、今までとは違う様子を見せる子もいて、環境が変わるとその子がどう変化するかを100%見通すことは難しいものです。

そのため里親さまとマッチングさせていただいた後も、トレーニングをはじめとする不安な点や様子について、電話やメールを通じてやり取りし、アドバイスをしたりして、できる限りサポートをしています。


さいごに



ーーこれから犬や猫を家族に迎えたい方へ何かメッセージはありますか?

奥さん:大切な命だから家族が1人増えるという心構えが必要なのと、あとは何だろう……やっぱりおうちが明るくなるかなと思います!

旦那さん:家に帰ってくる楽しみも増えるしね。

奥さん:そうだね。もちろん良いことばかりではなくて、心配なことも増えると思うんですけど、それでもワンちゃんがいる生活は良いよ、楽しいよってお伝えしたいです!

あ、そういえばイラストありがとうございます! サービスということで早速申し込みました。身内みんなに送りました!

ーー嬉しいです! ありがとうございます。


お結び決定された方にプレゼントしているオーダーイラスト。OMUSUBI事務局スタッフの中尾が心を込めて描いています。

最後にわんずぺ〜すさんより、余語さんご一家へのメッセージを頂きました。

わんずぺ〜すさん:新たにワンコを家族に迎えようと考えられた際、保護犬という選択をしてくださったことを、心より感謝申し上げます。ハチくんと共に、これからの生活がより豊かで幸せなものになりますよう、お祈りしております。

また、周りの方がワンコを考えられている際には、余語さまより保護犬という選択肢があるということをお知らせいただき、命のバトンを次へとつないでくださると嬉しいです。

『保護犬』から余語家の『愛犬』になったハチ君、新しい家族から愛情をいっぱい受けて幸せな日々を送ってください!

ーー余語さん、わんずぺ〜すさん、ありがとうございました。


OMUSUBI

OMUSUBIの公式SNSでは保護犬・保護猫と暮らす魅力や迎える前に知っておきたい知識、募集情報などを発信しています。フォロー・シェアでの応援、ぜひよろしくお願いします!


※今回の取材はテレビ電話で行いました。

Share!