猫との夏の過ごし方|室内でも熱中症になる! グッズを利用してお留守番も快適に

猫は室内飼いだからと油断していませんか? 猫も熱中症や夏バテになる危険性があります。電気代を気にして扇風機を利用する人も多いと思いますが、扇風機は猫の暑さ対策には全く意味がありません。少しのお留守番だからと油断せず、エアコンやグッズなどを利用して辛い夏を乗り切りましょう。

猫との夏の過ごし方を考える

愛猫の命と健康を守るためには、ある程度、猫がどんな動物なのか知っておくことも大事ですね。

猫は砂漠出身

猫

現在ペットのとして飼われている猫(イエネコ)の祖先はリビアヤマネコであるとDNAの解析で判明しています。人と暮らし始めた最古の記録は約9500年前にさかのぼります。そして人間と暮らすイエネコとして確立したが約4000年前のエジプトです。その頃はリビアヤマネコにそっくりのキジトラしかいませんでした。その後、人間と一緒に移動する形で世界中にイエネコが広まっていきました。

そのため長く生息する地域によって、同じイエネコでも多少異なりますが、砂漠という熱い地帯に適応していたDNAは今も変わらず、猫は比較的暑さに強いとされています。なかなか水を飲んでくれないのも、元々が水が少ない地方出身で、狩りで得た食べ物から水分を摂取する体になっているからなのです。

猫の体温調節の仕方

猫は比較的暑さに強いとされていますが、どんなに暑くても平気というわけではありません。熱中症のリスクが高くなる気温は、犬が25℃~、猫が28℃~といわれています。確かに猫は犬と比べると、暑さに多少の耐性はあるかもしれませんが、日本の夏場はやはり猫も暑さ対策が必要になってきます。

しかも猫は汗をかくことができないという弱点があります。人間は暑いと全身から汗が吹き出しますよね。これは汗をかくことによって体の熱を放出させようとする作用です。しかし、猫は体温調節をするために汗をかくことがほとんどできないのです。

人間が汗をかく器官を小汗腺(エクリン汗腺)といいますが、猫にはエクリン汗腺が肉球や鼻の頭にほんのちょっとしかありません。猫の肉球がしっとりぬれていたり、キャリーの中に敷いていたペットシートに汗が付いていたりしますが、これは体温調節のための汗ではなく、匂いを分泌するための大汗腺(アポクリン汗腺)から出てきた分泌物で、主に緊張したときに出ます。

猫が暑いときにする体温調節法は、「パンティング」です。パンティングとは、口を開けてハアハアする状態のことをいいます。犬は暑さに弱いのでよくパンティグをしますから、見たことがある方は多いでしょう。しかし、猫はパンティングをすることはめったになく、もしパンティングをしている様子が見られたら、かなり体温が上昇しているということになります。熱中症を発症している場合もありますから、涼しい場所に移動させる、体温を下げてあげるといった対処が必要になります。

ちなみに、強い恐怖や緊張を感じたときもパンティングをします。この状態は「もう耐えられない」という状態ですから、できるだけ早くその状況から解放してあげてください。


猫の夏バテや熱中症に注意

暑そうな猫

夏場に夏バテになる方は珍しくありませんが、猫も夏バテになることがあります。食欲不振や嘔吐、元気がないなどの症状が見られたら夏バテかもしれません。ご飯を残すなどの食欲の減退が見られたら、早めに獣医を受診しましょう。猫は水分をなかなか摂ってくれない動物なので、体の中に水分が少なくなっていることもあるかもしれません。病院に行けば輸液などをすることによって早めに回復できるでしょう。

脱水症状を回避するためには、水飲み場を複数個所用意する、ぬるま湯をあげる、ウエットフードを多めにするなどの対処法があります。愛猫がちゃんと水を飲んでいるかどうかもチェックするといいですね。

万が一、猫が熱中症を発症したら体を冷やしながら、すぐに病院へ行きましょう。絶対に放置しないでください。

猫の健康チェックのポイント

食事の量

食べないのはどこか調子の悪いサイン。

目の輝きがあるか

脱水していると目の輝きがなくなり、目がくぼんで見えます。

耳で体温を測る

猫の耳は通常は冷たいので、耳を触ったときに熱ければ、熱がある可能性があります。ただし寝ているときや眠いときは耳や足先の温度が上がるので、覚醒している状態のときに触ってみてください。

嘔吐

毛玉を吐くのではない嘔吐をしていないか。

おしっこの量

量が多すぎるもの少なすぎるのもよくありません。色や臭いに異常が出ることもあります。

口の粘膜の色

健康であればきれいなピンク色です。


猫のお留守番中の暑さ対策

完全室内飼育をしていても、部屋の温度が高くなれば猫の熱中症の危険が高まります。熱中症は猫の命を奪ってしまうこともあるので、しっかり暑さ対策をしましょう。

猫

エアコンを使用する

熱中症対策にエアコンが有効であるのは、猫も同じです。猫が快適に過ごせる温度は25℃~28℃といわれています。室内が大体この温度であれば、猫が熱中症を発症するリスクはほとんどありません。

温度設定はエアコンの種類、お部屋の広さなどによって異なりますが、筆者の経験では27℃~28℃にするといいと思います。28度設定にしても、人間より小さい猫は冷気がたまる床付近にいることが多いため、設定温度以下に冷えます。人間が感じる温度と差があることが多いので、筆者は低い場所に温度・湿度計を置いて実際の温度湿度を測りながら温度設定をしてます。

猫は寒いのが嫌いですし苦手なので、実際の温度が25℃以下になるのは冷えすぎです。特に子猫や老猫は、冷えは大敵ですので温度管理に気を付けましょう。筆者は室温がだいたい26℃~27℃位になるようにチェックしています。

エアコンはつけっぱなしがおすすめ

猫ちゃんをお留守番させるときは、エアコンをつけて出かけてあげてください。暑い室内から猫は逃げられませんから、飼い主さんの留守中に熱中症を発症する危険があります。

電気代が気になる方もいるかもしれませんが、筆者の経験では暑くなってからエアコンをガンガンつけるよりも、28度設定などにしてつけっぱなしにしていたほうが、電気代が下がりました。以来、猫のためでもありますし、人間も快適に過ごせますし、電気代も安くなるので夏場はずっとエアコンをつけっぱなしにしています。すっかり暑くなってから、エアコンを必死に働かせて冷やす方が電気代が高くなるようです。

扇風機は意味がない

扇風機は猫の暑さ対策には全く意味がありません。エアコンの空気を循環させるという目的であれば効果があると思いますが、暑さをしのぐためには役に立ちません。まず、扇風機ではお部屋の温度は全く下がりませんね。汗をかく人間であれば、汗をかいて風にあたれば、少しは涼しく感じるでしょうが、汗をかかない猫にとっては、扇風機は無意味なのです。

遮光カーテンを使用する

日陰と日向ではずいぶん暑さが違いますね。暑くなる原因はもちろん強い日光です。窓の外にグリーンカーテンやよしずを設置することは、暑さ対策に役に立ちます。窓の外に日光をさえぎる物を設置するのが難しい場合は、遮光カーテンを使用すると効果的です。日光をさえぎるものがあるかないかで、室内の温度が2℃~3℃も変わるといわれています。特に日差しが強烈なときは、遮光カーテンを引いておくとエアコンの効率もよくなります。

飲み水は複数個所用意する

水を飲む猫


猫も水分補給は大切ですが、猫は水をあまり飲まない傾向があります。猫に水分を摂らせるために、水飲み場は複数個所用意しておきましょう。飼い主さんが留守の時に万が一、水が入った器をひっくり返してしまっても複数あれば安心ですね。

誤解をしている方が多いですが、いくら暑くても猫は冷たいものはきらいです。筆者が子猫を譲渡した里親さんも冷たい水を飲ませてあげたいという善意で、水に氷を入れていましたが、冷たい水を猫は好まないので、かえって水を飲まない結果になってしまいます。猫は砂漠出身なので、飲むものや食べるものは暖かいものが好きなのです。水は常温がいいですし、夏でもぬるま湯を好む子は珍しくありません。

部屋を移動できるようにする

伏せる猫


飼い主さんがお家にいるときは、猫が「あっちに行きたい」と言ったらドアを開けて移動させてあげることができますね。猫は自分で居心地のいい場所を探します。飼い主さんが留守の間も、猫が自分で心地のよい場所に行けるようにドアは開けたままにしておきましょう。ドアが勝手に閉まって、猫を閉じ込めたりしないようにドアストッパーなどを活用するといいですね。

冷却グッズを活用する

ペット用のひんやりグッズがたくさん販売されていますので、それらを活用してもいいですね。

アルミプレート

冷たさを感じることができるアルミプレートです。
アルミプレート
Amazonで見る


猫鍋ひんやりベッド

体熱がプレートに移ってひんやり感を味わえる猫鍋です。
pidan 猫鍋ひんやりベッド(枯山水イメージ)
Amazonで見る

ひんやりクールトンネル

上に乗ったり潜ったりできるトンネル型のひんやりグッズです。

ひんやりクールトンネル
Amazonで見る


ひとり暮らしの方や留守番が多いときには常に対策を

眠る猫


近年の猛暑は、暑さに強い猫といえども何の対策もしないことは、猫の命に関わるといっても過言ではないでしょう。筆者は保護活動で猫を譲渡する際は、完全室内飼育を約束してもらっているので、エアコンを猫のために使用してもらえるかどうかも確認させていただいています。

いつも誰か家族が猫と一緒にいられれば、暑い・寒いといった変化に対応できますが、1人暮らしで家を開けなければならないときや、留守が多いご家庭ではお家にいる猫ちゃんのために、夏場の対策は絶対に必要です。エアコンの活用とちょっとした気配りで猫ちゃんは快適に過ごすことができますので、この記事を参考に対策してみてください。