冬でも愛犬の散歩は必要? 散歩が必要な理由と防寒対策

冬でも愛犬の散歩は必要? 散歩が必要な理由と防寒対策

犬と暮らしていると毎日散歩に行くことが日課になりますね。たとえそれが冬であっても愛犬のために散歩は欠かせません。とはいえ、愛犬が震えていたり、寒空の下の散歩を嫌がったりすると、「行かないほうが愛犬のためかも?」と考えてしまいますよね。冬の散歩の必要性や、寒さ対策・気をつけたいことなどをご紹介します。

冬でも犬の散歩に行くべき?

服を着た犬

冬は寒いですし、雪が降ったりもします。他の季節に比べると散歩に出かけるのが億劫になってしまいがちですが、冬でも犬を散歩に連れて行くべきなのでしょうか?

散歩は犬にとって重要

犬は室内で飼っていても、屋外で飼っていても散歩が必要な動物です。それはたとえ冬であっても散歩に行くことは犬にとって、とても重要なことです。

犬は野生の環境で暮らしていた頃は、野山や草原を駆け回り、狩りをして暮らしていました。そのため体力や持久力がある動物で、それを発散させてあげることが人間と一緒に暮らす際には大切なことになってきます。

犬の問題行動の多くは十分に運動をさせることで解決しやすくなるとされており、おうちの中でおとなしく、お利口さんに過ごすためには散歩に行ってエネルギーを発散させてあげる必要があるのです。

また、犬は知的好奇心が旺盛な動物です。散歩に出かけてさまざまな景色を見て、他の人や犬と出会い、色々な匂いをかぐことによって好奇心が満たされますし、また社会性も育ちます。

年齢や体力を考慮する

犬にとって散歩はとても重要なものなのですが、年齢や体力を考慮してあげる必要があります。小型犬は散歩をしないという人もいますが、筆者は小型犬であっても散歩は大切なものであると考えます。

しかし病気であったり、歩くのが困難であったり、年を取ったことにより体力がなくなったなどの理由があるときは、散歩の距離を短くしたり、ときには散歩を休むという選択も必要になってくるでしょう。

悪天候の時は無理をしない

犬は散歩を毎日楽しみにしておりますし、散歩に行くことは犬にとってとても意味があることなので、なるべく毎日散歩に行くことが推奨されます。

しかし命がけで散歩しなくてはならないわけではありません。台風が来たり、大雪になったり、吹雪になったりと、散歩に出かけることが困難である、危険を伴うと予想される場合は無理に行かなくても大丈夫です。

年に何回かはどうしてもそのような日があるでしょう。愛犬は散歩に行かないと分かれば残念そうな顔をするかもしれませんが、お休みが年に何回かあっても仕方がないことですね。

散歩の際にしか排泄をしない犬は、どんな天気であっても必ず外に連れ出さなければなりません。悪天候のときや犬が年老いたときのことを考えると、室内でもトイレができるようにしておくといいですね。

散歩に行きたがらないときはどうする?

雪と犬

たいていの犬は散歩が好きですが、中には苦手な子もいます。

行きたがらない原因を考える

犬は基本的には散歩が好きな動物だと考えていいでしょう。犬は走ったり、外の空気に触れたりすることが大好きです。

そんな犬が散歩に行きたがらないときは何らかの原因があると考えられます。体調不良が原因のときもありますが、心理的なものが原因となっていることもあります。

筆者の愛犬は元保護犬です。中型犬にもかかわらず、小型犬の用のケージに閉じ込められ、排泄物まみれになっているところを保護した子です。そのため、筆者以外の人間が好きではなく、他の人に会うとパニックを起こし、散歩に行くことが苦手でした。

現在では、人間はむやみやたらに危害を加えないと理解してくれたようで、知らない人は苦手でも散歩は大好きになりました。

このように、散歩に行きたがらないのには何か理由があるかもしれません。愛犬の様子をよく観察し、心理的な要因で散歩嫌いになっていることが疑われた場合はそれを取り除く、またはそれに慣れさせるようにしましょう。

ひとりで対処するのが難しい場合は、トレーナーなどプロにお願いするといいですね。

体調不良は無理をしない

散歩に行きたがらない理由は足が痛いなどの理由であるかもしれません。犬は関節炎になりやすく、犬種によってはヘルニアになりやすい犬もいます。

筆者が現在保護している老犬チワワは首が痛くなることがあるのですが、そうなると散歩に行ったときの足取りが重くなりますし、最後まで歩けません。

体調不良が疑われるときは無理をしないことと、すぐに獣医を受診しましょう。現在では犬用の抗炎症剤なども優れたものがありますから痛みを軽減でき、散歩に行けるようになることもあります。

寒がるときは防寒

犬は寒さに比較的強いのですが、おうちの中で暮らすことに慣れてきているため案外寒がりです。

筆者の愛犬は愛猫達と一緒になってヒーターの前に陣取っていることが少なくありません。また、小型犬や暑い地方出身の短毛種の犬など、寒さに強くない犬もいます。

健康な犬の過保護な防寒は良くありませんが、厳寒の場合は防寒着を着せるなどの対策をとってあげましょう。

老犬は寒さに強いタイプの犬であっても体温調節がうまくできないこともあるので、真冬の散歩には洋服を1枚着せるなどしてあげるといいですね。

冬の散歩の防寒対策

服を着た犬

冬の散歩の防寒対策をご紹介します。

防寒着を利用する

日本は南北に長い国であるため、冬の寒さには差があります。寒い地方ではマイナス20℃になる地方もありますし、冬であっても零下にはならない地方もありますね。その地方の寒さによって愛犬にも防寒対策をしてあげましょう。

犬用の洋服や、多少の雪が降っても大丈夫な犬用の暖かく柔らかい素材で作られているコートも売られています。筆者の亡くなった愛犬は晩年の冬はコートを着て散歩に出かけていました。

特に老犬にには1枚用意してあげるといいのではないでしょうか。犬用の靴もありますので、愛犬が嫌がらなければ利用してもいいですね。

日が落ちる前に散歩に行く

冬の愛犬との散歩はできるだけ太陽が出ている時間帯に散歩に行きたいですね。冬であっても太陽が出ていると比較的暖かいですが、日が落ちると急激に気温が落ちますし、道路が凍ってしまうと危険です。

みぞれ状態のときは要注意

気温が下がり、雪が積もったときは散歩は行きやすいですし、愛犬が雪の中を歩くことを楽しんでくれます。厄介なのが、中途半端な気温で、雪がみぞれ状態になったときや、降った雪が解けて水と氷が混ざった状態になったときです。

このみぞれ状態の道は滑りやすく、しかも愛犬の足もかなり冷えてしまいます。このみぞれ状態の中を歩いてきたまま放置すると、肉球がしもやけやひび割れを起こすこともありますから注意が必要です。

また、みぞれ状態になったまま夜になって凍ってしまったときにはさらに大変です。道路はアイスバーン状態になり大変危険ですから、このようなときには無理に散歩に出かけないほうがいいでしょう。

帰宅後のケアが重要

冬の散歩

冬の散歩では帰宅後のケアが大切です。

水分は拭き取る

もし雪の降る中の散歩だったり、雪が残っていたり、解けた雪で犬の被毛が濡れたりするようなことがあれば、必ず帰宅した際には水分をふき取ってあげましょう。

そのままにすると体を冷やしてしまいますし、雑菌が繁殖して嫌な匂いを発する原因にもなります。また、湿った被毛を放置すると皮膚病の原因にもなる可能性があります。

多少の水分であればドライヤーをかけなくても、十分タオルドライをして、愛犬にヒーターの前で温まってもらえば乾きます。

肉球の手入れをする

冬の散歩から帰ってきたら愛犬の肉球のお手入れをしてあげましょう。

まずは水分をきちんと取り除いてあげてください。キッチンペーパーを使用すると簡単に肉球の間まで水分を取ることができます。特に年を取ってくると犬も肉球が硬くなったり、ひび割れたりしがちです。

肉球クリームなどを使用してケアしてあげるといいですね。


冬でも快適に散歩を

冬でも愛犬にとって散歩は大事な日課です。悪天候の際に命がけで散歩に行く必要はありませんが、なるべく毎日連れて行ってあげましょう。

現在では犬用の防寒着や肉球クリームなど便利なグッズも販売されていますから、それらを利用して冬でも快適に散歩に出かけられる工夫をするといいですね。

Share!