冬でも愛犬の散歩は必要?服や靴などの防寒対策や注意点を紹介

Share!

冬であっても愛犬のために散歩は欠かせません。とはいえ、冬になって愛犬が散歩に行きたがらなくなったり、歩かなくなったりすると「冬に散歩は必要ない?」と考えることもあるかと思います。今回は、冬の散歩の必要性や注意点、服や靴による寒さ対策などをご紹介します。

冬でも犬の散歩は必要?

雪の中いる犬

犬は散歩が必要な動物です。

犬が野生の環境で暮らしていた頃は、野山や草原を駆け回り、狩りをして暮らしていました。体力や持久力がある動物のため、それらを発散させてあげることが、人と暮らす上で大切なことになっています。

犬の問題行動の多くは、十分に運動をさせることで解決しやすくなるとされており、自宅でお利口さんに過ごすためには散歩に行き、存分にエネルギーを発散させてあげましょう。

とはいえ、パピヨンやチワワ、ダックスフンドといった小型犬や、パグ、フレンチブルドッグやミニチュアピンシャーなどの短毛犬種、子犬や老犬は寒さに弱いため、防寒対策をする必要があります。

冬の犬散歩の寒さ対策

服を着た犬

犬用の洋服や靴を使用する

犬用の洋服にはニットセーターやダウンジャケットなど、暖かい洋服がさまざまあります。

洋服を着せるだけで、家の中と外との温度差による体の負担を軽減することができます。特に老犬には1枚用意してあげることをオススメします。

犬用の靴もあるので、愛犬が嫌がらなければ利用を検討しましょう。


日が落ちる前に散歩に行く

冬の愛犬との散歩はできるだけ太陽が出ている時間帯に散歩へ行きましょう。

冬であっても太陽が出ていると比較的暖かいですが、日が落ちると急激に気温が落ち、愛犬の体に負担になるだけでなく、道路が凍ると凍傷を負う恐れがあります。

ウォーミングアップをする

冬の散歩に出かける前に、軽く室内で歩かせましょう。

散歩前に起きていて、すでに軽い運動ができている状態であれば問題ありませんが「散歩の時間」と愛犬を起こした直後であれば、散歩前にウォーミングアップすることをオススメします。

冬の犬散歩の注意点

雪をかき分ける犬

年齢や体力を考慮する

犬にとって散歩はとても重要なものですが、年齢や体力を考慮する必要があります。

加齢により体力がなかったり、病気だったりと、歩くのが困難な場合は、無理をさせず、散歩の距離を短くしたり、ときには散歩を休むという選択も必要になります。

悪天候の時は無理をしない

犬は毎日散歩に行くことが推奨されていますが、悪天候の時は愛犬のために散歩はお休みしましょう。

台風が来ていたり、大雪になったり、吹雪になったりと「散歩に出かけることが困難で、危険を伴う」と予想される場合は無理に散歩する必要はありません。

みぞれ状態のときは要注意

みぞれ状態の道は滑りやすく、愛犬の足もかなり冷えます。みぞれの上を歩いたまま放置すると、肉球がしもやけやひび割れを起こす恐れがあるため注意が必要です。

みぞれ状態のまま夜になって凍ったときにはさらに大変です。道路はアイスバーン状態になり大変危険なため、このようなときは無理に散歩に出かけないほうがいいでしょう。

冬の犬散歩は帰宅後のケアが重要

冬の散歩

水分は拭き取る

雪で犬の被毛が濡れていれば、乾いたタオルで水分をふき取ってあげましょう。

そのままにすると体を冷やすだけでなく、雑菌が繁殖し、皮膚病の原因にもなる場合があります。多少の水分であればドライヤーをかけなくても、十分タオルドライをして、愛犬にヒーターの前で温まってもらえば乾きます。

肉球の手入れをする

冬の散歩から帰ってきたら愛犬の肉球のお手入れをしてあげましょう。

まずは水分をきちんと取り除いてあげてください。キッチンペーパーを使用すると簡単に肉球の間まで水分を取ることができます。特に年を取ってくると犬も肉球が硬くなったり、ひび割れたりしがちです。

肉球クリームを使用してケアしてあげましょう。


まとめ

雪の中歩く犬

冬でも散歩は犬にとって必要です
小型犬や短毛犬種、老犬・子犬は特に寒さ対策を行いましょう
愛犬の年齢や体調、天候によってはお休みしましょう
帰宅後のケアも重要です
冬でも愛犬にとって散歩は大事な日課です。

現在は犬用の防寒着や肉球クリームなど便利なグッズも販売されているため、それらを利用して冬の散歩を楽しみましょう。