猫はなぜ飼い主の枕を占領するの? 取られてしまう理由や好きな枕の特徴を解説

猫はなぜ飼い主の枕を占領するの? 取られてしまう理由や好きな枕の特徴を解説

猫が寝ている姿を見ると、何かを枕にしている様子を見ることは珍しくありませんね。前足などの自分の体の一部を枕にしているときもあれば、ティッシュボックスなどを枕にしているときもあります。また猫と一緒に寝ていたら、気がついたら枕を取られていたということもあるでしょう。猫はなぜ枕を使うのか、猫のために枕があった方が良いのか、なぜ飼い主さんの枕を占領してしまうのかなどを解説します。

猫が寝るときは枕があったほうがいい?

猫と枕

猫は寝ているときに、何かを枕にして寝ているときが多く見られますね。動物が枕を使うというイメージはあまりないと思いますが、猫のために枕はあった方がいいのでしょうか。

猫が枕を好む理由

枕を使用するのは人間だけというイメージが強いかもしれませんが、実は猫や犬も何かを枕のようにして寝ることは珍しくはありません。猫は、その名前の語源が「寝る子」から来ているとされるほどよく寝る動物です。

猫は1日に12~16時間ほども寝るとされており、1日のほとんどを寝て過ごしています。寝ている姿はよく見かけますし、寝ている際に猫が何かを枕のように使っている姿を見る機会も多くなります。猫は何かを枕にして寝るのを好むという印象は強いかもしれません。

人間も寝るときに枕を使いますが、これは頭が重いために寝ているときも頭を支える枕があった方が楽に寝られるからですね。猫の頭は人間ほど重いわけではありませんが、人間と違って4足歩行をし、首は頭の後方にあって、常に頭を持ち上げた状態でいなければなりません。胴体と後頭部をつなぐ筋肉が発達しているので頭の下に支えるものがなくても頭を持ち上げていられますが、脱力して寝るとき頭を支えるものがあったほうが楽なのは人間と同じでしょう。

猫は寝るとき、物を枕にしなくても自分の足や体を枕がわりに使うことも珍しくありません。自分の体の一部のほかに、枕として使うのにちょうど良いものが手近にあればそれを枕のように使います。

このように猫が「枕」を意識して使うことはありませんが、枕代わりにいろいろなものを使うのは決して珍しいことではありません。猫は枕的なものがあることで楽な姿勢をとることができるのでしょう。


猫が枕にするもの

猫と枕

人間は「寝るときに頭を乗せるものは枕である」という概念があるために枕を使用しますが、猫は特にそのような概念は持っていませんから、自分が使いたい物を枕代わりにします。猫と暮らしていると、さまざまなものを枕にしている姿を見ることができます。

枕として使うと心地良さそうなものから、パソコンやティッシュボックスなど、一見して「なぜ、それを枕に?」と思うようなものを使っているときもありますね。


一段高くなっているもの

猫が枕に使用するものとして、猫が好む形状のものがあります。観察していると一番のポイントは、やはり頭を乗せやすい高さであるという点のようです。周囲より一段高くなっていると猫が頭を乗せるのにちょうどいい高さですね。筆者の愛猫は、テレビのリモコンやティッシュボックスなどにもよく頭を乗せて寝ています。

ふわふわのもの

猫はふわふわした感触のものが大好きです。ふわふわした感触のものに触ると、思わず前足をふみふみしてしまう子が多いのですが、これは子猫が母猫のおっぱいをせがむときの動作です。ふわふわしたものは母親の温かさを思い出させるのでしょう。枕にするものもふわふわした感触のものを好むことが多いようです。

同居する猫やペット

猫の多頭飼育していたり、犬など他のペットと一緒に飼っていると、他の猫や犬を枕にして寝ていることも多く見かけます。筆者は保護活動をしており、猫の他に犬も保護することがあるので、犬はよく猫の枕にされています。

猫は暖かいところが好きなので、他の猫や犬にくっついて寝るのが好きです。前述したようにふわふわした感触でもありますし、枕にするのに最適なのでしょう。


飼い主さんの腕

飼い主さんと一緒にお昼寝をしたときなどは、飼い主さんの腕を枕にする猫ちゃんもいますね。亡くなくなってしまいましたが、筆者の愛猫にも毎晩、筆者の腕枕で寝るのが好きな子がいました。猫に腕枕を要求されると動けなくて困るという点もあるのですが、腕を枕にして気持ちよさそうに寝ている姿には本当に心が癒やされたものでした。


なぜ飼い主の枕は猫に取られてしまうのか

猫と枕

猫は人間の枕を「寝るときに使用するもの」と意識しているわけではないでしょうが、飼い主さんの枕を占領してしまうことがありますね。

寝心地が良い

筆者の枕も毎日、複数の猫に占領された状態です。柔らかめの枕を使うようになってからは特に猫たちに大人気になってしまいました。ふかふかで寝心地が良い枕で昼寝をするのは気持ちが良いのでしょう。

飼い主さんの匂いがする

猫にとって飼い主さんは保護者、つまり母親のようなものです。枕には飼い主さんの匂いがついていますね。飼い主さんの枕で寝ると、飼い主さんの匂いに包まれて、安心して猫ちゃんは眠ることができます。

甘えたい気持ち

猫が飼い主さんの顔や頭の周辺で眠っていたり、一緒に枕を使っていたりすることがありますね。筆者の愛猫の1匹も毎晩、必ず筆者と枕を半分こにして寝ています。筆者は保護活動をしているので子猫に接する機会が多いのですが、子猫は筆者の頭や顔の周辺で寝たがることが珍しくありません。これは筆者のことを母親のように認識しているため、母親に守られたい、甘えたいという気持ちからです。

飼い主さんと一緒に枕を使いたがったり、頭や顔の周辺で寝たがったりする猫は、甘えっ子だったり、まだ大人になり切れない気持ちの子だったりすることが多いでしょう。猫が飼い主さんの枕を一緒に使いたがるのは、飼い主さんに甘えたい気持ちからという理由もあります。



猫と一緒に寝るときの注意点

寝る猫

猫ちゃんと一緒に寝るのは暖かいしとても幸せな気持ちになりますが、注意した方がよいことがあります。

猫の健康を守る

猫ちゃんと一緒に枕を使ったり、一緒のお布団で寝るということはかなり猫ちゃんとの密着度が高いですね。そのため猫の健康を常日頃から守ってあげることが飼い主さんの身を守ることにもつながります。

猫は完全室内飼育が推奨されます。完全室内飼育をすることによって病気を発症するリスクをかなり軽減できますし、寄生虫から猫を守ることもできます。また完全室内飼育であっても、1年に1回、ワクチン接種をするようにしましょう。猫は室内にいても、飼い主さんが外に出てウィルスや菌を持ち込むことがあるからです。


猫を清潔に保つ

猫はグルーミングをして自分の体を自分できれいにするので、ほとんど匂いがしません。そして猫が健康であればシャンプーもほとんど必要ではありません。しかし季節の変わり目などには毛が大量に抜けます。飼い主さんが抜け毛をブラッシングしてあげることによって、枕や布団に猫の毛がついてしまうことを軽減できるでしょう。


潰さないように注意

大人の猫は人間と一緒に寝てもほぼ潰されるという心配は無いかもしれませんが、子猫の場合は注意が必要です。筆者は毎年たくさんの乳飲み子を保護します。筆者はその子たちの母猫代わりなので寝るときもなるべくそばで休むようにしていますが、ごく小さいうちは潰してしまう危険性があるので一緒には寝ません。ケージをベッドのそばに置いたり、猫を入れたキャリーを枕元に置くなどして寝ています。

子猫が4〜5カ月程度になれば、体もだいぶ大きくなってきますので一緒に寝ても大丈夫でしょう。しかし2~3カ月程度の子猫は誤って飼い主さんに潰されてしまうリスクがありますので、一緒に寝るのは避けたほうがいいですね。


猫用枕があると喜んでもらえるかも

猫は自分が好きなものを枕にして寝ます。いろいろな物を枕にする猫ですが、猫の頭を乗せるのにちょうど良い高さのもので柔らかいものが好きという傾向はあります。必ずしも猫ちゃん用の枕を用意する必要はありませんが、猫の枕として使えるちょうど良い物を用意してあげる喜んでもらえるかもしれませんね。

ただし自分のしたいようにするのが猫という生き物なので、飼い主さんの思うとおりにならないこともしばしば。せっかく買ったのに使ってくれないということもあるかもしれませんが、それも猫ちゃんの魅力の一つですね。

Share!