猫はビオフェルミンを食べても大丈夫?与える場合は獣医に相談を

Share!

整腸剤として知られる「ビオフェルミン」。定番の「新ビオフェルミンS錠」は、ドラッグストアなどで手軽に購入できることから、常備薬としておいている人も多いのではないでしょうか。私たちのお腹の調子を整えてくれるビオフェルミンを猫にもと考える飼い主さんもいると思います。猫に与えることは問題なく、獣医師の指示で腎不全の便秘解消で使われることがあります。今回はビオフェルミンを猫に与えるときの与え方や期待される効果などを紹介します。

猫にビオフェルミンを与えても大丈夫

猫

新ビオフェルミンS錠」はビオフェルミン製造が販売する整腸剤です。同社サイトによるとその歴史は古く、なんと100年以上前の1917年には「ビオフェルミン」が誕生していたそうです。

人が飲む薬と思われがちですが、実は、ビオフェルミンは獣医師が猫のために処方することもあるものです。例えば、抗生物質を処方した際、その影響で減少する善玉乳酸菌を補うために合わせてビオフェルミンを飲ませるよう指示されたりすることがあります。

ビオフェルミンの原料はビフィズス菌、フェーカリス菌、アシドフィルス菌の3種類の乳酸菌がメインとなります。そのため猫にビオフェルミンを与えることは基本的には問題ありません。

しかし乳製品にアレルギーがある猫にビオフェルミンを与えることはやめておきましょう。

大正製薬 新ビオフェルミンS錠 540錠 [指定医薬部外品]
新ビオフェルミンS錠
Amazonで見る


猫にビオフェルミンを与える際は獣医師に相談を

猫がビオフェルミンを食べていいからといって、大量に与え過ぎるのはよくありません。猫に与える場合、1日1錠まで、毎日与えても大丈夫といわれることもありますが、ビオフェルミンはもともと人用に作られたもの。猫の体形や体調、持病などにより必要な量は異なり個体ごとの副作用の心配もあります。

また、飼い主さんが「下痢だからとりあえず」「便秘だから」と素人判断をするのは危険です。嘔吐や血便などに腎不全や大腸炎といった危険な病気が隠れていることもあります。

猫にビオフェルミンを与えたいと思った場合、まずはかかりつけの獣医師に相談し、適切な判断を仰いでください。また健康な猫の場合でも、必要な量や与えるペースは個体差があるので、こちらも必ず獣医師に相談しましょう。


猫へのビオフェルミンの与え方・飲ませ方

獣医師に相談の上、猫に与えて良い量やペースが分かれば食後に与えるか、そのまま食べない場合は細かく砕いていつものごはんに混ぜるなどして与えてみましょう。粉剤もあるので、砕く手間がない分こちらのほうが与えやすいかもしれません。

猫のビオフェルミンの効果

猫

猫にビオフェルミンを与えると、腸内に善玉乳酸菌が届くため腸内環境を整えてくれます。そのため、ビオフェルミンを猫に与えることで、下痢便秘、軟便、嘔吐などの改善が期待できるのです。また胃腸の不調が原因の口臭の改善につながるケースもあるようです。


猫はビオフェルミンを食べても大丈夫

ねこ

私たちのおなかを整えてくれるビオフェルミンは、猫にも同様の効果を期待することができます。とはいえ、もとは人のための医薬部外品です。与え方によっては、逆に便秘や下痢の症状が悪化することがあります。

またすべての猫が効果を期待できるわけではないので、愛猫の症状や体調を獣医師に伝えた上で、適切な量を与えるようにしてください。