犬の咳がひどい場合に考えられる原因・対象法・応急処置などを獣医師が解説

「ガーガー」「カハッ」といった犬の咳を聞いたことはありますか? その咳が慢性的に起こる場合は、病気が原因である可能性が高いため、早急に動物病院に連れて行きましょう。今回は犬の咳がひどい場合に考えられる原因や病気、応急処置を目黒アニマルメディカルセンター/MAMeCの顧問獣医師の佐藤が解説します。

犬が咳をする場合に考えられる原因

こちらを見る犬

気管の異常

気管虚脱ケンネルコフ気管支炎などの感染、気管内異物など呼吸の通り道である気管の異常により咳をします。

「ガーガー」「カーカー」といったアヒルの鳴き声のような咳の場合は、気管虚脱である可能性が高いでしょう。


肺の異常

肺炎などを引き起こす細菌や真菌、寄生虫などの感染、そのほか腫瘍胸水が原因で起こります。


心臓病

心臓が拡大し、呼吸の通り道である気管が圧迫される場合と、うっ血性心不全などの循環不全により心臓に戻れない血液が肺に溜まる肺水腫によって咳が出ます。


犬種特有のもの

ブルドッグパグフレンチブルドッグなどの短頭犬種は生まれつき鼻の穴が狭かったり、喉頭や気道の異常を持っていたりすることがあり、それらが原因で咳が出ることがあります。


誤飲

通常、食道へ流れるご飯が気管に流れることで、食道や肺の炎症を起こし、咳を招く恐れがあります。


犬の咳がひどい場合の対処法・応急処置

チワポメのアップ

咳かどうかの確認

まずは咳かどうかの判断をしっかりと行う必要があります。咳かどうか自信がなければ、動画を撮り、獣医師に確認することをおすすめします。

呼吸を整える

咳を起こしているときに一般的に言えることは、呼吸を整えてあげることです。

愛犬を抱えてあげたり、水分やおやつをあげたり、より快適な場所に移動させたりしてください。それでも改善がない場合は病気の可能性がありますので、動物病院へ連れて行くようにしましょう。

体温を計測する

体温の計測をし、発熱があれば早急に受診してください。


酸素をかがせる

持病が分かっているケースは家に携帯酸素などを完備しておくことが多いです。酸素を吸引させることで改善する場合もありますが、原因が分からない場合は早急に受診しましょう。

短頭種犬の場合は経過観察

愛犬が短頭種犬の場合は軽度の症状であれば異常ではないため、一旦様子見で問題ありませんが、日頃よりも咳が増えた場合は受診しましょう。

口を開けて中を確認

誤飲により口の中に何か詰まっていることによって、咳をしている可能性もあります。

口を開けて、何か詰まっているものがあれば除去しましょう。ただ、基本的には咽頭喉頭といういわゆるのどの部分は口を開けても見えないため、何も見えなかったとしても咳が続くようなら病院へ行きましょう。

高齢・寝たきりの犬は早急に病院へ

むせるだけであればすぐに改善します。しかし、高齢犬や寝たきりの犬の場合、命の危険性があるため、早急に病院に行きましょう。

犬の咳は慢性的ならすぐ病院へ!

犬

慢性的な咳は病気の可能性が高いです
咳かどうか自信がなければ、動画を撮って獣医師に相談を
愛犬が咳をしたら、呼吸を整えるよう心がけましょう
老犬・寝たきりの犬の場合は早急に動物病院へ連れて行きましょう

日頃から普段の様子を理解しておくことで、異常に気付くことができます。愛犬がずっと健康でいられるよう、健康管理に気を配ってあげてください。


『犬の急病対応マニュアル』
Amazonで見る