年末年始は誤飲事故が多発! その理由や注意すべき年齢・犬種は?

犬に不慣れな来客が危険な食べ物を与えてしまった――アニコム損害保険が発表した犬の誤飲事故に関する調査で、12月から3月まで年末年始の発生件数が多く、年齢別では0歳から1歳の幼年期、犬種別では、ボストン・テリアやバーニーズ・マウンテン・ドッグが特に注意が必要だということが分かりました。

20161130_anikomu_ky_003

年末年始はクリスマスやお正月、バレンタイン、ホワイトデーなど1年を通してイベントが最も多い時期。来客も多く、犬に不慣れな人が危険な食べ物を放置してしまったり、与えてしまったりする事故が少なくありません。特に12月のクリスマスシーズンはポインセチア、プレゼントのリボンなど、犬にとって危険なものが増える時期。ポインセチアの葉や茎の誤飲は胃腸炎を、リボンの誤飲は腸閉塞を引き起こす危険があります。

20161130_anikomu_ky_002

年齢別の発生件数では好奇心が強く警戒心が弱い0歳から1歳が多く、年齢が上昇するとともに低下していきます。犬種別で多いのは、ボストン・テリア、バーニーズ・マウンテン・ドッグ、キャバリア・キングチャールズ・スパニエル、ジャック・ラッセル・テリア、ラブラドール・レトリーバー、フレンチ・ブルドッグと続きます。

20161130_anikomu_ky_001

誤飲は飼い主の注意で防げる事故の一つ。年末年始は忙しく注意が散漫になりがちな時期ではありますが、片付けや来客・愛犬の行動に注意をして誤飲事故を防ぎましょう。

今回の調査は、2014年4月1日から2015年3月31日にアニコム生命保険のペット保険「どうぶつ健保」の契約を開始した犬45万6822匹の異物誤飲による請求を対象に行われました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10