犬の皮膚が赤い場合に考えられる原因・病気を獣医師が解説

犬の皮膚が赤い場合に考えられる原因・病気を獣医師が解説

犬の皮膚が赤い場合、痒みを伴う皮膚そのものの病気やアレルギーであることが多いですが、内臓からくる病気の可能性もあります。湿疹ができていたり、赤いできものがあったり、脱毛が起きていたりすると、皮膚病に罹患している可能性が高いでしょう。今回は犬の皮膚が赤い場合に考えられる症状や原因、応急処置や予防方法について、目黒アニマルメディカルセンター/MAMeCの顧問獣医師で獣医循環器認定医の佐藤が解説します。

Share!