犬はとうもろこしを食べても大丈夫! アレルギーや芯の誤飲に注意

犬はとうもろこしを食べても大丈夫! アレルギーや芯の誤飲に注意

犬はとうもろこしを食べても大丈夫。とうもろこしには、利尿作用のあるカリウムや便通を良くする食物繊維が含まれます。一方、食べ過ぎや芯の誤飲、アレルギーなど注意点がいくつかあります。今回はとうもろこしの与え方や注意点などを紹介します。

トウモロコシの適切な与え方

トウモロコシをくわえる犬

茹でるかペーストに

トウモロコシを与える場合は、粒を茹でるか、ミキサーでペースト状にして与えると良いでしょう。

量は少なめに

大量に与えるとお腹を壊す恐れがあるため、総合栄養食にトッピングしたり、おやつとして与える場合は1日の最適カロリー量の10%以内にしてください。

1日の最適カロリー量はペトことオリジナルのドッグフード「PETOKOTO FOODS」の「フード診断」で簡単に計算することができます。

フード診断を受けてみる

ドッグフードに含まれるトウモロコシは?

ドッグフードにはトウモロコシや、トウモロコシから得られる「コーングルテンミール」「コーングルテンフィード」と呼ばれる成分が入っていることが多くあります。

トウモロコシは炭水化物としてエネルギー源になりますが、犬にとってより重要なのはタンパク質です。原材料欄の最初にトウモロコシが記載されているドッグフードを選ぶのはオススメしません。


トウモロコシを与える際の注意点

トウモロコシ

トウモロコシの芯は与えない

腸や喉に詰まる可能性があるため、芯を与えることは避けましょう。芯を誤飲した場合、以下の症状が出る恐れがあります。

  • 脱水症状
  • 昏睡
  • 運動機能の低下
  • 嘔吐
  • 食欲喪失
  • 下痢

上記の症状が出ている場合はすぐに動物病院に連絡をしましょう。誤飲の程度によっては手術が必要になる場合もあります。

アレルギーの可能性

とうもろこしのアレルギー報告は牛肉や鶏肉、小麦よりは少なく、大豆やラム肉、卵と同程度です。アレルギーの場合は、以下のような症状が見られます。気になる症状がある場合は、すぐにかかりつけの獣医師に相談しましょう。

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 皮膚の痒み
  • 元気がない
  • 目の充血

アレルギー検査で原因の食材を特定することはできません。陽性反応が出たとしても、症状が出ていなければ食べて大丈夫です。アレルギー食材を特定したい場合は、獣医師の指示のもと除去食試験を行ってください。


味付きポップコーンはNG

塩やバターで味付けをまったくしておらず、火傷しないくらい冷めている状態であれば、問題はありません。ただ油で揚げるのではなく、煎る方法で与えましょう。

消化には悪いため、与え過ぎは肥満にもつながり良くありません。歯の隙間に挟まることで歯周病の原因にもなるため、定期的な歯磨きが必要になるため、積極的に与える必要はないでしょう。

珍しい! トウモロコシのおもちゃ

見た目にも楽しい、トウモロコシのおもちゃを紹介します。

焼きトウモロコシ/犬 おもちゃ
Amazonで見る

オーマ・ロー M トウモロコシ
楽天で見る

まとめ

見上げる犬

茹でるか、ペースト状にしたものを与えましょう
芯を与えるのはNG
与え過ぎは下痢の原因になります

トウモロコシはおやつとして適量を与える程度にしましょう。楽しく健康なペットライフを過ごしてくださいね。


参考文献

Share!