猫に暖房はいらない?適温や留守中の注意点、おすすめの防寒グッズを紹介!

Share!

猫は暑さに強い一方、寒さに弱い動物です。寒い冬の間、お留守番の時などは、愛猫のために暖房をつけておくべきなのでしょうか?本稿では暖房器具を使う際の注意点や、おすすめの防寒グッズなどを紹介します。

猫に暖房は必要?

仰向けになる猫

無毛・短毛の猫の場合

猫の中でも、スフィンクス猫など毛がほとんどないような猫は寒さに弱いです。

そのため冬の間は洋服を着せたり、暖房を効かせたりして温度調整をしてあげる必要があります。

長毛の猫の場合

長毛の猫は暖房をつけていなくても、ある程度は自分で快適な場所を見つけ出すことができます。

猫が嬉しい暖房の設定温度はどのくらい?

寄り添って眠る猫

暖房をつける時の設定温度は、20℃前後を基準に猫の様子を見ながら設定してみてください。

暖房器具に頼って室温を暖かく保とうとすると電気代もかかります。昔から「暖かいところ、涼しいところは猫に聞け」といわれるほど、猫は快適な場所を探すことに長けています。

室温はあまり暖めすぎず、防寒グッズを置いてあげる寒さ対策の方が合っています。

暖房器具を猫に使う時の注意点

ハンモックに乗る猫

部屋を暖めるにはエアコンやヒーターなど暖房器具を活用するのが一番早いです。しかし猫と暮らす環境で暖房器具を使う時は注意が必要です。

やけど

猫が触れたり近付けたりする距離にあるヒーターは、サークルで囲うなどして猫が近付けないようにしましょう。

誤って倒してしまうと大やけどを負う恐れがあります。

低温やけど

電気カーペットや湯たんぽ、カイロなどは触れ続けていると「低温やけど」になってしまいます。

通常のやけどは熱源に触れることによって皮膚の表面にダメージを負います。しかし、低温やけどは自分の体温よりも高い温度のものに触れ続けることによって、皮膚の奥からじわじわと悪影響が出てくるので完治までに時間がかかります

ひどい場合は水ぶくれになることもあるため、猫がずっと湯たんぽやカーペットから離れようとしない場合は、定期的に離すようにしましょう。

ソファで丸くなる猫

極度な乾燥

暖房器具を使っていると室内は乾燥しやすくなります。猫の粘膜まで乾燥するとウィルスが体内に入りやすくなり、体調を崩すきっかけになります。

暖房器具を使用する際は、乾燥を避けるため、加湿器を併用するのもよいでしょう。

もし加湿器がない場合はバスタオルを濡らして室内に干しておくだけでも効果的です。

乾燥は、人間にとっても喉を痛めたり風邪を引くきっかけになったりするため、タオルを増やしたり加湿器を置いたりして意識的に乾燥を防ぎましょう。

火災

ヒーターの近くに衣類を置いておいたり、地震などによって倒れたりすると火災の原因になります。特に猫だけが家に残るお留守番の時は、必ずヒーターや電気カーペットの電源は切るようにしましょう。

防寒グッズを置いておいても寒さが厳しそうな場合は、エアコンをつけておくことをおすすめします。

暖房以外でおすすめの猫の防寒グッズ

毛布に入る猫

猫は快適に感じる場所を自分で見つけて調整できるため、防寒グッズなどを置いて寒さ対策をしてあげましょう。

湯たんぽ

湯たんぽは程よい温度が持続するので、お留守番の時などは役立ってくれます。

お湯を入れるタイプやレンジで温めるタイプなどがあります。猫が使ってくれるか試したい場合は、ホットドリンク用のペトボトルにお湯を入れ、タオルで巻くと手作り湯たんぽを作ることもできます。

セラミック・ジャパン yutanpÖ


  • 特徴:フタの出っ張りをなくし、布団の中にあって違和感のない形。これまでの湯たんぽにはなかった、簡潔でミニマルなデザインの「yutanpo」。陶器の湯たんぽは、金属ほど熱伝導率が高くないので湿度のある柔らかな温かさが特徴です。底面には、お湯を入れたり捨てたりする際に手を滑らせないよう、女性の小さな手でも持ちやすく親指が引っかかりやすいようにくぼみがあります。
  • ブランド:ceramic japan
  • サイズ:W22×D7×H22cm

楽天で見る


猫用のこたつや電気カーペット

毛が少ないお腹は特に冷えやすいので、お腹から暖をとれる防寒グッズを置いてあげるとよいでしょう。

ただし、老猫は寒暖差により体調を崩してしまうこともあるため、温度管理は要注意です。

ペットのための電気ヒーター


  • 特徴:2つの温度で使い分けできる電気ヒーターです。しっかりあったか高温面(約39度)とやさしいあったか低温面(約32度)でいつでも快適。便利な固定ホールでサークルなどにも取付けできます。イタズラ対策に金属製チューブを採用。あったかフリースカバーは手洗い・本体は水ふき可能でいつも清潔です。
  • ブランド:ペティオ
  • サイズ:W37×D3×H26cm

楽天で見る


ドギーマン 遠赤外線ペットの夢こたつ


  • 特徴:体を暖かく包み込む遠赤外線こたつです。肌にヒーターが直接触れない遠赤外線放射熱方式で安心です。コードは噛みつきから守る金属製らせん管になっています。
  • ブランド:ドギーマン
  • サイズ:14×40×46cm

Amazonで見る


冬用ベッド、マット

いつものベッドを冬仕様のふかふか素材へ変えてあげるだけでも暖かさが違います。

ベッドを交換する際にはあらかじめ猫の匂いを付けておいたブランケットなどを置いてあげると早く慣れてくれるでしょう。

ふわもふ猫ベッド


  • 特徴:まるで雲の上にいるような、ふわもふな感触に猫ちゃんもきっとお気に入りに♪ クッションは2wayタイプ。マットタイプとしてそのまま置いたり、猫ちゃんが丸まりやすいかごタイプとしてもご使用いただけます。
  • ブランド:4Claws
  • サイズ:W60×D3×H50cm

楽天で見る


日向ぼっこに最適!ハンモック

ふかふかのハンモックは、程よい揺れ具合と暖かさが猫に大人気です。

屋根付きタイプのハンモックもあるので、保温性は抜群。屋根がないタイプなら日光が当たる場所に置いてあげると日向ぼっこで温まることもできます。

猫用吸盤タイプハンモック


  • 特徴:吸盤は強力で大きめのものを四つ使用していて、しっかりとした作りです。窓につけるだけなので、場所を取りません。マット部分は外して水洗いもできます。
  • ブランド:Dopet
  • サイズ:W55×D29×H2.5cm
  • 紐の長さ:56cm
  • 耐荷重:15kg

楽天で見る


Kawapet ハンモック


  • 特徴:窓際などに吊り下げるタイプのハンモックです。カーテンレールの耐荷重をご確認の上、ご使用ください。窓際に限らず、家の中でお気に入りの場所に取り付けができます。
  • ブランド:Kawapet
  • サイズ:W40.5×H67.8cm
  • 入り口のサイズ:24cm
  • 耐荷量:7kg

Amazonで見る


猫の安全を配慮して暖房を使いましょう!

丸くなる猫
無毛・短毛の猫の場合は室内の温度調整は重要です
長毛の猫の場合、ある程度は自分で快適な場所を見つけ出すことができます
猫の場合、室温はあまり暖めすぎず、防寒グッズを置いてあげる寒さ対策が合ってます
室温を暖める際は、乾燥に注意しましょう
寒さが厳しい日は暖房をつけて、人間も猫も体調を壊さないようにしましょう。

猫は防寒グッズなどを利用すればお留守番時に暖房器具をつけておかなくても大丈夫な場合が多いです。愛猫に合わせた寒さ対策をしてあげてください。