犬にチーズを与えても大丈夫! 塩分やアレルギーなどの注意点や手作りレシピなどを紹介

犬にチーズを与えても大丈夫! 塩分やアレルギーなどの注意点や手作りレシピなどを紹介

犬にとってチーズは嗜好性が高く、食欲を促進させる与えてもよい食べ物です。抗酸化作用や瞳の健康を守る栄養分も含まれており、おやつとして取り入れるなど、与え方次第で犬の生活の味方になってくれます。今回は犬に与えてもいいチーズの種類や、与える際の注意点、チーズを使ったレシピなどを紹介します。

犬にチーズを与える際の注意点

犬

総合栄養食にトッピングしたり、おやつとして与える場合は、1日の最適カロリー量の10%以内にしてください。1日の最適カロリー量はペトことオリジナルのドッグフード「PETOKOTO FOODS」の「フード診断」で簡単に計算することができます。

フード診断を受けてみる

乳製品アレルギーの危険性

アレルギーを起こした場合、初期症状として皮膚の疾患が現れる可能性が高いです。フケが出たりずっと肌をかゆがっていたりしていたら、早めに病院に相談してあげましょう。


塩分過多による腎臓への負担

塩分(ナトリウム)は必要なものですが、たくさん摂取すると血圧は上昇し、塩分の排出を行う腎臓に負担がかかります。

犬は人間のように発達した汗腺を持っていないので、汗をかいて塩分を排出することができません。塩分の少ないチーズか、犬用のチーズのみ与えるようにしましょう。

誤飲に注意

チーズには銀紙など包装紙がついていたり、犬が食べるには固すぎるような種類があったりします。

銀紙はもちろんのこと、固すぎるチーズも消化に負担がかかりすぎてしまう恐れがあります。

チーズに含まれる栄養成分

チーズ

犬にチーズを与える時は犬用のチーズを選ぶのが一番心配のない方法です。しかし人間が食べているようなチーズの中には、塩分が少なく犬も食べられるような種類もあります。

(チーズ100gあたり)
モッツァレラ カッテージ クリーム カマンベール ブルー ゴーダ チェダー パルメザン
エネルギー(kcal)
276
105
346
310
349
380
423
475
水分(g)
56.3
79.0
55.5
51.8
45.6
40.0
35.3
15.4
たんぱく質(g)
18.4
13.3
8.2
19.1
18.8
25.8
25.7
44.0
脂質(g)
19.9
4.5
33.0
24.7
29.0
29.0
33.8
30.8
炭水化物(g)
4.2
1.9
2.3
0.9
1.0
1.4
1.4
1.9
ビタミンA(μg)
-
37
250
240
280
270
330
240
ビタミンB2(mg)
0.19
0.15
0.22
0.48
0.42
0.33
0.45
0.68
カルシウム(mg)
330
55
70
460
590
680
740
1300
食塩相当量(g)
0.2
1.0
0.7
2.0
3.8
2.0
2.0
3.8
参照:日本食品標準成分表2015年版(七訂)

「モッツァレラチーズ」「カッテージチーズ」「クリームチーズ」などの塩分の少ないチーズは、人間用のチーズでも、犬用のご飯やおやつを作るときに使用することもできそうですね。

チーズ系おやつの紹介

チーズは嗜好性を高めるので、塩分やカロリーを調整したおやつであれば、食欲低下が気になる時に最適です。いつものご飯に少しふりかけて与えている飼い主さんも多いようです。

ナチュラルペットフーズ 本チーズパウダー
Amazonで見る

チーズを使用したレシピ

ハチとピカタ

ペトことでは鶏肉を使ったペット食育上級指導士®︎監修レシピを紹介しています!

鶏肉のピカタ

▶材料
  • ささみ
  • ☆すりゴマ
  • ☆粉チーズ
  • ☆青のり
  • 小麦粉
  • オリーブオイル
  • ブロッコリー(茹でたもの)
  • プチトマト
▶作り方
  1. ささみは食べやすい大きさにそぎ切りにして、身の厚いところは包丁で切れ目を入れて開き、均一の厚さにしておく。
  2. 切ったささみに小麦粉をまぶす。
  3. 卵を溶きほぐして小さなカップなどに3等分して、それぞれに☆を1種類ずつ入れる。
  4. フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、1を2にくぐらせて、中まで火が通るように火加減に注意しながら焼く。
  5. 3を器に移し、ブロッコリーとプチトマトを添えてできあがり。

レシピや詳細は関連記事をご覧ください。


まとめ

犬

人間用より犬用チーズが安心です
アレルギーや誤飲に注意
塩分の多いチーズは腎臓に負担を与えます
食欲促進に適した食材です

チーズは塩分過多や肥満に気をつけていれば愛犬にとって嬉しい一品になります。ドッグフードのトッピングやおやつとして適量をあげることをオススメします。


参考文献


Share!