ロットワイラーの飼い方|性格や寿命や体重、しつけ方【ドッグトレーナーが解説】

ロットワイラーは牧畜犬として活躍していた犬種ですが、現在では「ロッティー」の愛称で呼ばれ家庭犬としても人気の犬種です。強面の見た目に反し、愛情深いロットワイラーの歴史や、飼い方、しつけ方など紹介します。

基礎知識

ロットワイラーは英語で「Rottweiler」と表記します。名前の由来は、ドイツの旧自由市であったロットワイルからつけられ、家畜業者に飼われていたため「ロットワイルの肉屋の犬」として知られていました。ロットワイラーは羊や牛などの家畜を集めたり、外敵から家畜を守ったりする「牧畜犬」(ハーディングドッグ)で、中でも「牛追犬」(キャトルドッグ)として活躍していました。現在では家庭犬、使役犬として活躍しています。

歴史

ロットワイラーはドイツ原産の犬種です。はっきりとした起源はわかっていませんが、ローマの時代が起源であり、ローマ人が連れてきたモロサスタイプの犬が先祖だと考えられていて、最も古い犬種の1匹ではないかといわれています。モロサス犬とは、古代の絶滅犬種でありマスティフ型の犬種の祖先でもあります。

祖先犬はローマ軍と共に家畜を追い、時には人間を護衛しアルプス山脈を越えて、ロットワイル地方で固有犬種と自然な交配によって生まれたのがロットワイラーだとされています。ロットワイラーは家畜や人間を守る警護犬や家畜を追い立てる犬として活躍していました。次第に、けん引犬としても活躍するようになり、1910年には適性を認められ正式な警察犬として認められました。

大きさや寿命

体重は42~50キログラムほどで、体高は56~68センチメートルほどと差があります。寿命は9年前後といわれています。

性格や特徴

素直で落ち着いた性格をしています。用心深いところがありますが、従順で忠誠心があり、自信に満ちた振る舞いをします。大きさは中型犬と大型犬の間で、体格がよく筋肉質で持久力と俊敏性も兼ね備えています。

毛色

黒と茶色のブラックタンの毛色です。
ロットワイラーの飼い方

ドーベルマンに似ている?

ロットワイラーの大きさとたくましい姿、ブラックタンの毛色からドーベルマンによく似ています。それもそのはず、実はドーベルマンはロットワイラーやシェパードを交配させて生まれた犬種なんです。外見はロットワイラーによく似ていますが、細めの顔や、大きな耳はシェパードの面影を感じますね。

ロットワイラーのしつけやお手入れは?

この記事を飼い主仲間に
シェアしよう!

back 1 2 3next

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10