ダルメシアンの飼い方|大きさや性格、しつけ方など


ダルメシアンは、白い体に黒色の斑点が特徴的な犬種で、ファッションの柄としても人気です。また、ウォルト・ディズニー映画『101匹わんちゃん』のモデルでも知られ人気があります。実際には見かけることの少ないダルメシアンの歴史や性格、かかりやすい病気など紹介します。

基礎知識

ダルメシアンは英語で「Dalmatian」と表記します。名前由来は、原産のダルマチア地方だといわれています。賢く使役犬としての歴史も長いですが、現在は家庭犬として飼われています。

歴史

ダルメシアンは、クロアチアのダルマチア地方が原産だといわれています。古代エジプトの墓で発見された彫刻や、16世紀から18世紀に描かれた絵からダルメシアンの祖先は数千年前から存在していたと推測されています。正確な起源は不明とされていますが、中世の貿易商がインドから古代ギリシャに連れて行ったという説もあります。

消防車がまだ馬車の時代、ダルメシアンは消防馬車の馬の番犬や馬車を野犬などから守る馬車犬として重宝され活躍していました。1792年に出版されたトーマス・ベヴィックの書物に、ベヴィックが「ダルメシアン、はたまた馬車犬」と呼んでいる記述とダルメシアンの絵が描かれています。1890年血統書の登録において、ダルメシアンのスタンダードが正式に認められました。

大きさや寿命

体重は約24~32キログラムほどで、体高は54~61センチメートルほどです。寿命は12~14年といわれています。

性格や特徴

ダルメシアンは、頭がよく外向的かつ友好的な性格をしていています。筋肉質で、瞬発力もあり、馬と並走できるほどの能力を持っています。ダルメシアンの最大の特徴ともいえる斑点は、子犬の頃は斑点がなく真っ白で生まれてくることもあり、年齢と共に増えていきます。斑点の位置や大きさなど、その子によって変わってくるのも他の犬種にはない特徴です。

毛色

主な毛色は、地は白色で、黒の斑点の「ブラックスポット」と 濃い赤褐色の「レバースポット」があります。

ブラックスポット&ホワイト

@sararan101がシェアした投稿

レバースポット&ホワイト

ダルメシアンの飼い方

ダルメシアンはスタミナがあり、パワフルな犬種です。そのため毎日、朝夕60分程度の散歩が必要です。

しつけのやり方

大型犬で力も強いので、子犬のうちから人のペースに合わせて歩く練習をしましょう。子犬の頃からいろいろな刺激に慣れさせ、家でのルールを教えていくことでとても良いパートナーになれます。ダルメシアンには難聴な子もいますので、その場合は言葉ではなく、ハンドシグナルを教え、生活習慣の工夫も必要です。

ハンドシグナルとは

ハンドシグナル(ハンドサイン)は、犬に指示を出すときの方法の一つです。一般的には「オスワリ」「フセ」などの言葉(音)で指示を出します。しかし、難聴な犬や周りの音がうるさい場所などで指示を出すときには、ハンドシグナルという方法を使うことで犬に正確に指示を与えることができます。

教え方は基本的に、言葉(音)を教えるときと同じです。例えば、「オスワリ」という行動は「手をグーにする」というハンドシグナルにし、「フセ」は「人差し指を立てる」というハンドシグナルにするなど、犬に教えたい行動とハンドシグナルを関連付けてあげましょう。

実はハンドシグナルの方が犬にはわかりやすい?
犬に「オスワリ」や「フセ」をさせる時、「人が変わると反応が悪い」「怒ってるときは指示を聞いてくれない」ということもあるのではないでしょうか。犬は言葉の意味を理解しているわけではなく、「音」と行動を関連付けて覚えています。そのため、人が変われば声が低かったり高かったり、イントネーションが違ったりしますし、怒っているときなどは飼い主さんの気持ちで、声の大きさや声色なども大きく変わります。教えられた(覚えた)音と違ってしまうと、同じ「オスワリ」でも犬には伝わらないことが多いです。その点、ハンドシグナルはそういった違いが起こりにくいので犬もわかりやすいです。

手入れ

短毛なのでトリミングの必要はありませんが、毛が抜けやすいので定期的にブラッシングをしてあげるといいでしょう。

ダルメシアンがかかりやすい病気

ダルメシアンは、「尿路結石症」や、蕁麻疹の症状がでる特有の皮膚病「ブロンズ症候群」などにかかりやすいです。また、聴覚障害になりやすく先天的な場合もあります。片耳だけの場合もありますし、両耳の場合もありますが、精神的に不安定になりやすく、様子がおかしかったり、よく吠えたりする場合は一度病院で検査してもらいましょう。

ダルメシアンの雑種(ミックス)

何世代にわたった混血の犬を「雑種」と呼ぶのに対し、最近では一世代の混血の犬を「ミックス」と呼ぶようです。ダルメシアンにも一世代のミックスがいるようですので紹介します。

ダルメシアン×ボーダーコリー
ダルメシアンとボーダーコリーが両親のミックスは「ダルコリー」や「ダルボーダー」と呼ばれているようです。

ダルメシアン×柴犬
ダルメシアンと柴犬が両親の「ダル柴」は、ダルメシアン柄と巻尾が特徴的です 。

ダルメシアンをもっと知る

「ダルメシアンをもっと知りたい!」「これから飼おうと考えてる」という方にオススメの動画やブログを紹介します!

可愛い動画

ダルメシアンの子犬とっても可愛いです! 母犬と比べてみて、子犬は斑点が薄くて少ないですね。

ホースからでる水を捕まえたいダルメシアンがとっても可愛いです!

人気のブログ

マーチンの生活
dalumesian20170712_na_002

株式会社アテンドの役員犬「マーチン」の成長ブログです。オススメスポットやグッズの紹介などもしていますよ。

ダルメシアン×2のHAPPYワンコ生活♪
dalumesian_20170712_na_004
2匹のダルメシアンの日々の様子と、訓練や競技会についても書かれています!

ダルメシアンを飼うということ

一度家族に迎えたら、子犬から老犬になっても大切に、命に責任を持ちましょう。しつけが上手くいかないこともあるかもしれませんし、病気もするかもしれません。お金がかかるのは家族に迎える時だけではないということをもう一度よく考えましょう。

価格/値段

一般的な価格の相場は10~20万円ほどですがどこから迎えるか、血統や毛色によっても値段が変わってきます。

保護犬の里親になる

保護され新しく里親を探している犬は雑種だけでなく、血統書のある犬も多くいます。しかしその多くは成犬であり、子犬が欲しい場合は見つけるのが難しいです。保護犬を引き取る場合、保健所からと保護犬を譲渡している団体から引き取る場合があります。

ブリーダーやペットショップからの購入を考える前に一度覗いてみてはいかがでしょうか。保護犬の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)も、ぜひ覗いてみてください。

ブリーダーから迎える

性別や毛色など、好みの子犬を見つけやすいです。良質なブリーダーかどうか、実際に行ってみて、どんな環境で飼育されているか、親犬を見せてくれるかどうかも大切なポイントです。

ペットショップから迎える

大型犬のダルメシアンはペットショップではとても珍しい犬種です。あらかじめ調べてから行く必要があります。

ダルメシアン柄でお散歩

ダルメシアン柄のスカートやTシャツ、コートなどファッションとしても人気です。同じダルメシアン柄のファッションを楽しんで、一緒にお散歩に出かけてみるのもいいですね! 

【飼い主さんの声を募集中】
「ダルメシアンってこんな犬種って言われてるけどうちの子は違う!」「こんなところに困った!」「ここがダルメシアンの魅力です!」など、ダルメシアンを飼っていた、飼っている飼い主さんの声を募集しています! ツイッターやインスタグラムで「#ペトことダルメシアン部 」でシェアいただくか、ペトことの問い合わせ窓口からご連絡ください! 皆さまの声を掲載し発信していく予定です!

OMUSUBIなら子犬からシニア犬まで探せます!

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護犬の里親さんを募集しています。生後数カ月からシニア犬まで、幅広い犬種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。

 

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10