Thumbnail

犬のメラノーマ(悪性黒色腫)とは? 口腔内を中心に症状などを獣医師が解説

犬のメラノーマ(悪性黒色腫)は犬の口腔腫瘍で多い悪性腫瘍の一つです。皮膚や爪床(爪の下)、目にできることもあります。この中で転移、浸潤といった悪性の性質を持つことが多いのは口、喉、歯茎などの口腔と爪床にできるものです。黒色の腫瘤を形成することが多く、黒いできものに気づいて来院されることが多いです。その他、口臭や口腔内の出血などで来院されることもあります。ここでは主に発生が多く、悪性度の高い口腔内にできるメラノーマについて解説し、しこりを見つけた場合やメラノーマと診断された犬の飼い主さまが少しでもこの腫瘍を知り、主治医の先生と治療方針を話し合いやすくなるよう、遠軽わっか動物病院院長の田中が紹介します。