ゴールデンレトリーバーの飼い方|性格やかかりやすい病気、しつけ方など

ゴールデンレトリーバーは黄金色のきれいな毛並みと、柔らかい表情に惹かれる犬種です。運動神経も良く、遊びが大好きなゴールデンレトリーバーの飼い方や、かかりやすい病気について紹介します!

基礎知識

ゴールデンレトリーバーは「ガンドッグ」という分類に属しています。ガンドッグとは鳥を追い立てたり、獲物のいる場所を知らせたり、ハンターが撃ち落した獲物を回収したりするなど、銃を使った猟に利用されていた犬のことをいいます。こうした狩猟犬は、「回収する」という意味の「retrieve」からレトリーバー種とも呼ばれます。

ゴールデンレトリーバーとゴールデンレトリバーどっちが正しい?

ゴールデンは「ゴールデンレトリーバー」と「ゴールデンレトリバー」と二つの呼び名がありますが、どちらも正しい呼び方です。一般財団法人ジャパンケンネルクラブでは「ゴールデンレトリーバー」としていますので、今回の記事では「レトリーバー」として紹介します。

歴史

yukiko.nさん(@ru_eruje)がシェアした投稿


原産はイギリスですが、詳しい歴史はわかっていません。一般財団法人ジャパンケンネルクラブによると、セターやウェービーコーテッド・レトリーバーなどとの混血による犬が祖先犬だったと考えるのが自然であり、トゥイードマウス卿が1865年に購入したウェービー・コーテッド・レトリーバーから生まれた黄色の子犬が始祖となったといわれているそうです。 しかし近年ではツイード・ウォータードッグ・スパニエルと細身のニューファンドランドが交配されたという説も出てきています。ゴールデンレトリーバーは、獲物を回収する犬として育成されてきました。

ゴールデンレトリーバーの性格と特徴

ゴールデンレトリバー
綺麗なゴールドの毛並みが特徴のゴールデンレトリーバーは従順で温厚な性格をしています。賢く、社会性が高いため補助犬やセラピー犬として活躍している犬種でもあります。また、水鳥の猟犬として活躍していたため、水遊びを好みやすいです。体を動かすことが大好きなので、飼育の際は運度不足にならないように、十分に散歩の時間を設けましょう。

ゴールデンレトリーバーの大きさや寿命

体重は27~36キログラムで、体高は55~60センチメートルです。寿命は10~12年とされています。

ゴールデンレトリーバーの種類

ゴールデンレトリーバーにはアメリカンとイングリッシュの2種類います。特徴的な違いは毛色で、「アメリカン・ゴールデン・レトリーバー」はゴールドやクリームの毛色に対して「イングリッシュ・ゴールデン・レトリーバー」は全体的に白い毛色なのが特徴です。日本ではアメリカン・ゴールデン・レトリーバーがよく飼われています。

<アメリカン・ゴールデン・レトリーバー>

<イングリッシュ・ゴールデン・レトリーバー>

毛色

一般財団法人ジャパンケンネルクラブによると、ゴールドまたはクリームの色調でわずかに見られるホワイトは胸にだけ許容されています。

黒いゴールデンレトリーバー?

見た目も大きさもゴールデンレトリーバーにそっくり。「もしかして黒いゴールデンレトリーバーがいるの?」と思った人もいると思います。実は黒いゴールデンレトリーバーと思っているのは、別の犬種です。「フラットコーテッドレトリーバー」という犬種で、ゴールデンと同じようにイギリス原産のガン・ドッグです。

maiさん(@dali_lovelove)がシェアした投稿

ゴールデンレトリーバーとラブラドールレトリーバーの違いは?

同じガンドッグでありレトリーバー種に「ラブラドールレトリーバー」がいます。「ゴールデンレトリーバーは長毛で、ラブラドールレトリーバーは短毛」くらいの違いしかないと思われがちですが、ラブラドールレトリーバーの原産地はカナダのニューファンドランド島で、血筋は近くありません。

また同じ狩猟犬ではありますが、ゴールデンレトリバーが鳥猟犬だったのに対し、ラブラドールレトリーバーは鳥だけでなく魚を獲る際にも重宝されていました。水場で猟をしていた犬種は泳ぎがとても得意で、その多くは足に水かきがあります。

ゴールデンレトリーバーの飼い方

現在は気温の変化により大型犬でも室内飼いされるようになってきました。ゴールデンレトリーバーも大型犬ですが、長毛のため夏場の体温調節が難しいことから室内で飼うようにしましょう。運動量も必要な犬種ですので、室内で遊ぶだけでなく1日2回は散歩に連れていき、運動させてあげることで運動不足やストレス発散にもなります。

しつけのやり方

賢い犬種ではありますが、子犬のころからしつけていく必要があります。吠えや咬みつきはしにくい犬種ですが、子犬のときの甘噛みから止めさせ咬んでもいいおもちゃを用意してあげましょう。

ゴールデンレトリーバーと赤ちゃん

先日ゴールデンレトリーバーが人間の赤ちゃんを咬み、失血死させてしまった事件がありました。従順で温厚だとされている犬種での事件に驚いている人も多いと思います。しかし、犬による死亡事故というのは攻撃性のある犬種に限ったことではありません。「おとなしい犬」「小さい犬」だから大丈夫とは思わないほうがいいでしょう。今回事件になったゴールデンレトリーバーも、おとなしい犬種ですが元は猟犬です。動くものに興味が湧くのは本能であり、赤ちゃんのハイハイする動きが引き金になったとも考えられています。赤ちゃんや子供、年配の方がいる家庭では特にしつけや、人間側の対策を考えるようにしましょう。

ゴールデンレトリーバーがかかりやすい病気

ゴールデンレトリーバーは大型犬に多く見られる「股関節形成不全」や「胃拡張・胃捻転」になりやすい病気です。また「皮膚病」や「白内障」、垂れ耳の犬に多い「外耳炎」も気を付けたい病気です。

ゴールデンレトリーバーの動画やブログ

可愛い動画を紹介

猫の尻尾に鼻先をくすぐられても怒らないゴールデンレトリーバー。仲良くお昼寝する姿が可愛いです!

海に飛び込む姿がとってもカッコいい! こんなところで遊べるといいですね!

人気のブログを紹介

ハナとお散歩!
FireShot Capture 30 - ハナとお散歩! - http___hanagrhana.exblog.jp_
ハナちゃんのお散歩での出来事か書かれています!毎日のお散歩でも見える景色が違うと楽しいですね!

モモ♪とヴィヴィ♪ そしてサスケ♪と蘭丸♪
FireShot Capture 31 - モモ♪とヴィヴィ♪ そしてサスケ♪と蘭丸♪ - http___juucyi.blog63.fc2.com_
4匹のゴールデンの毎日の出来事ですがとっても人気のあるブログなんです! 写真にセリフが入って面白いですよ!

ゴールデンレトリーバーを飼うには

どこから迎えるかによって値段も変わってきます。

価格/値段

一般的な価格の相場は15~30万円ほどですが、どこから迎えるかによっても値段は変わってきます。

保護犬の里親になる

保護され新しく里親を探している犬は雑種だけでなく、血統書のある犬も多くいます。しかしその多くは成犬であり、子犬が欲しい場合は見つけるのが難しい。保護犬をひきとる場合、保健所からと保護犬を譲渡している団体から引き取る場合があります。

保護犬の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)にもゴールデンレトリーバーが登録されていますので、ぜひ覗いてみてください。

ブリーダーから迎える

毛色によっても値段が変わるため、ブリーダーに行ってみてどんな毛の色の子がいるか見てみるのもでしょう。

ペットショップから迎える

ペットショップでは生後2~3カ月ごろの販売が多く、4カ月を過ぎてくると値段がだんだんと下がってくることがほとんどです。

ゴールデンと遊ぶなら!

image1 (5)
ゴールデンレトリーバーと一緒に楽しむには「川遊び」がおススメです! レトリバーは水が大好きなので、川で一緒にボール投げをしたり、河原でBBQなども楽しめると思います!

OMUSUBIなら子犬からシニア犬まで探せます!

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」

保護犬保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護犬の里親さんを募集しています。生後数カ月からシニア犬まで、幅広い犬種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。

<関連記事>

第2稿:2017年6月8日 公開
初稿:2015年11月1日 公開

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10