スタンダードプードルの飼い方|愛称「スタンプー」の大きさや毛色・性格など

プードルはサイズ別で4種類に分けられ、その中でも最も大きいのがスタンダードプードルです。特徴的なクルクルの毛はとっても触り心地がよく、体は大きいですが温厚で優しい性格をしています。今回は「スタンプー」の愛称で呼ばれているスタンダードプードルの特徴や飼い方などを紹介していきます!

基礎知識

最近はトイプードルが人気なので「プードル」と言ったら「トイプードル」と思う方も多いかもしれません。しかし、実は「プードル」は4種類あり、それぞれに血統書が与えられてます。

サイズが大きい順に以下のように分けられています。

  • スタンダード・プードル
  • 体高は45~60センチメートル 

  • ミディアム・プードル
  • 体高は35~45センチメートル

  • ミニチュア・プードル
  • 体高は28~35センチメートル

  • トイ・プードル
  • 体高は24~28センチメートル


スタンダードプードルとトイプードル

今回はスタンダードプードルを紹介します。

歴史

プードルはフランス原産の犬種です。もともは鳥猟犬として、人間が撃ち落としたカモなどの水鳥を回収するための犬として重宝されていました。プードルのカットは猟犬として活躍していた時から猟の際に毛が邪魔にならないように行われ、水に入った時冷えないように足首や胸回りをカットし、水に入っても見えるように尻尾の先の毛を残すスタイルになったといわれています。次第に美しさを重要視するようになり、現在ではショードッグとしても人気です。

大きさや寿命

体重は16~25キログラムほどで、体高は45~60センチメートルほどです。寿命は12年前後といわれています。

性格や特徴

スタンダードプードルは、温厚で陽気な性格をしています。猟犬として活躍していたため、とても賢くしつけもしやすいでしょう。トイプードルと比べて体が大きい分、運動量が必要です。特徴は何といってもクルクルの被毛です。プードルの被毛は抜けにくいため、飼い主さんにとってお掃除も大変ではありません。

毛色

毛色はたくさんのバリエーションがありますが、血統書団体ジャパンケンネルクラブではどの毛色も一色であることが理想としています。主な毛色を紹介します。

ホワイト

Tomikoさん(@eveeve_coco)がシェアした投稿

ブラック

シルバー

ブラウン

レッド

アプリコット

スタンダードプードルの飼い方

スタンダードプードルはトイプードルと比べて大きく、運動量も必要です。60分程度の散歩を2回行うといいでしょう。人が大好きな犬種なので、飼い主さんと楽しみながらしつけをしていくといいです。

しつけのやり方

しつけは、犬種としての気質だけでなく愛犬の性格をきちんと理解してあげることが大切です。温厚な性格をしている犬種ですが、「マテ」や「オイデ」などの基本的なしつけは必要です。うっかりリードを離した隙に走り出してしまったら、足の速い犬に追いつくことは簡単ではありません。たとえ逃げてしまっても、「呼び戻し」や「止まれ」といったしつけができていれば最悪の事態を防ぐことができます。

手入れ

抜け毛の少ない犬種ですが、定期的なブラッシングやトリミングが必要です。皮膚の弱い犬種でもありますので、体をなでる時異常がないか、体をかくことが増えていないかなど気にしてあげましょう。

スタンダードプードルがかかりやすい病気

スタンダードプードルは、「皮膚疾患」や「流涙症」「停留睾丸(停留精巣)」といった病気になりやすいです。皮膚の状態の把握も大切ですが、目の周りの毛も伸びやすく、毛が目に入ることで涙が出てしまう流涙症になってしまいます。停留睾丸は、誕生後に精巣がお腹から正しい位置に降りず途中で停留してしまう遺伝的な病気です。「オスなのにおかしいな?」と思ったら獣医さんに相談してみましょう。

スタンダードプードルをもっと知る

スタンダードプードルのことをもっと知りたい人のために、オススメの動画やブログを紹介します。

かわいい動画


プードルのぴっぱりっこ遊びもスタンダードの大きさになると迫力があります!


小さなテレビに夢中な姿がかわいいですね!


オシャレなスタンダードプードルの「くうちゃん」は、飼い主さんの指示でいろんなことができます!

人気のブログ

くろしろまめしろ *スタンダードプードルと孫娘の成長日記*
スタンダードプードル
スタンダードプードルとお孫さんの成長日記です。成長が見られるって嬉しいですよね!

☆ちょこっとここな☆
2017_1003_sutanpu-_na_002
2匹のスタンダードプードルの日常ブログです。1匹は元保護犬のようなので、保護犬をと考えている人は参考になることもあるかもしれませんよ!

アニメキャラでも登場

テレビアニメ『ユーリ!!!onICE』の登場キャラクター「ヴィクトル・ニキフォロフ」の愛犬「マッカンチン」がスタンダードプードルです!

 

スタンダードプードルを飼うということ

一度家族に迎えたら、子犬から老犬になっても大切に、命に責任を持ちましょう。白髪だって生えるし、病気もするかもしれません。お金がかかるのは家族に迎える時だけではないということをもう一度よく考えましょう。

価格/値段

一般的な価格の相場は25~40万円ほどですがどこから迎えるか、血統や毛色によっても値段が変わってきます。

保護犬の里親になる

保護され新しく里親を探している犬は雑種だけでなく、血統書のある犬も多くいます。保護犬を引き取る場合、保健所からと保護犬を譲渡している団体から引き取る場合があります。ブリーダーやペットショップからの購入を考える前に一度検討してみてはいかがでしょうか。保護犬の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)も、ぜひ覗いてみてください。

ブリーダーから迎える

ブリーダーからの場合、子犬の飼育環境や親犬に会わせてもらえるかなど、実際に行ってみて確認することが大切です。血統だけでなく、性別やある程度の子犬の性格などもわかるので好みの子犬を選ぶことができます。

ペットショップから迎える

ペットショップではほとんど見かけることのない犬種です。地域やお店によってはいることもありますので事前に確認してみることをオススメします。

一緒に楽しむ

何といっても、ワンちゃんも飼い主さんも一緒に楽しめることが大切です。一緒に遊んだり、散歩に行ったりすることもそうですが、しつけもコミュニケーションの一環です。お互いが気持ちよく過ごせるように、遊びやおやつを使って楽しみながらしつけをしたり、ドッグスポーツなどを始めてみたりすることで愛犬との絆が深まります。

OMUSUBIなら子犬からシニア犬まで探せます!

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」

保護犬保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護犬の里親さんを募集しています。生後数カ月からシニア犬まで、幅広い犬種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。

飼い主さんの声を募集中

「スタンダードプードルってこんな犬種って言われてるけどうちの子は違う!」「こんなところに困った!」「ここがスタンプーの魅力です!」など、スタンダードプードルを飼っていた、飼っている飼い主さんの声を募集しています! ツイッターやインスタグラムで「#ペトことスタンダードプードル部 」でシェアいただくか、ペトことの問い合わせ窓口からご連絡ください! 皆さまの声を掲載し発信していく予定です!

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10