犬の拾い食いをやめさせる方法は? 癖になってしまう原因やしつけについてトレーナーが解説

犬の拾い食いをやめさせる方法は? 癖になってしまう原因やしつけについてトレーナーが解説

犬は散歩中や家の中で、落ちているものを食べてしまうことがあります。しかし、拾い食いにはさまざまな危険が伴いますので、しっかりしつけをして拾い食いをさせないようにする必要があります。食べたものによっては、下痢や嘔吐などの体調不良を引き起こし、最悪の場合は死に至ります。今回は、誤って口に入れてしまった時の対処法やしつけについて、ドッグトレーナーの西岡が解説します。

なぜ拾い食いをするのか

シベリアンハスキー

一度の「いい経験」が癖になることがあります。犬は優れた嗅覚と動体視力を持っていますが、動かない物や小さいものを認識することは苦手です。また触覚を舌で確かめるので、おいしそうな匂いでなくても犬が何かを口にする機会は多いのです。

リビングやキッチンの床に落ちている「何か」を口にしてみて「おいしい経験」をしてしまうと、常に何かを探すようになり、「見つけたら食べる」という拾い食いをするようになってしまいます。しかし、人と生活する上では、犬が食べてはよくないものや、食べ物ではないものまで口に入れてしまうこともあり、大変危険です。きちんとしつけをしてあげることと、危険なものを犬が届くところに置かないことが大切です。


誤飲しやすいもの

たばこの吸殻

誤飲の中でも件数が多く、危険なものの一例を紹介します。

  • 焼き鳥のくし
  • たばこの吸い殻
  • 吐き捨てられたガム
  • 鳥の骨
  • チョコレート
  • 人の薬
  • 炭(BBQの時期に多い)
  • トイレシーツ

これらは人が口にしているものが多く、同時にポイ捨てされやすいものでもあります。もし誤飲してしまった場合は飼い主さんが吐かせようとせずに、すぐに獣医師に相談しましょう。


どんなリスクがあるの?

匂いを嗅ぐパグ

拾い食いをしてしまうことで、下痢をはじめとした体調不良、肥満などを引き起こしてしまうことがあります。食べてしまったものによっては思いがけず大きな病気になることもあります。また、拾い食いを許していると、散歩中も家にいても、「何か落ちていないか」と常に探すようになってしまいます。

拾い食いが原因で体調が悪くなった場合は、どこで何を食べてしまったかが分かると獣医師さんもその後の処置の判断をしやすくなります。しかし、拾い食いすることが癖になってしまい、飼い主さんの知らないうちに拾い食いをしてしまった場合は、いつ・何を・どれだけ食べてしまったのかがわかりません。適切な処置ができなければ悪化して、最悪の場合死んでしまうこともあります。

拾い食いの対象が食べ物だけとは限らないということも覚えておきましょう。犬は、初めて見たものを舐めてみたりかじってみたりと、どんなものなのかを口の中で感じ取ります。そのため、食べ物ではない物も簡単に口に入れてしまいます。誤飲をしてしまった場合は、小さいものであればうんちとして排出されることもありますが、形状や大きさによっては手術をしなければいけないほどの大事になってしまいます。

しつけでする拾い食い予防

2匹のチワワ

まず、拾い食いという行動を犬はしやすいということを理解しましょう。その上で、どのように「拾い食いをさせないか」というしつけや予防対策が大切です。

子犬の頃から教える

犬は子犬の頃からいろいろなものを口に入れて、味や質感などを理解していきます。子犬にとっては大切な行動の一つです。しかし、この時期から口に入れてもいいものとダメなものを教えていくことが大切です。

  • 飲み込める大きさのおもちゃは与えない
  • 壊れやすいものは与えない
  • 犬が食べてしまっては困るものを、犬が届くところに置かない

うっかり口に入れてしまった時の飼い主さんの対応として、以下のことに気をつけましょう。

大声を出したり、慌てたりしない

大声を出したり慌てたりして、急いで取り上げようとすることで「取られてしまう」と思い、飲み込んでしまう可能性があります。

おやつで釣らない

出して欲しいからと、おやつを見せておやつを与えてしまうと、逆におやつが欲しくて物を口に入れるようになってしまう恐れがあります。(使い方にコツが必要なので、トレーナーに相談してからが望ましいです。)

取り上げる時は、慌てずゆっくりと口を開け取り出してあげましょう。

コマンドを教える

犬がおもちゃをくわえている時に使う「出せ」「ちょうだい」など、口に入れたものを出させるのコマンドを教えることも効果的です。犬がおもちゃをくわえている時にも使いますが、何かをうっかり口に入れてしまった場合にも使えます。

初めはロープなど、お互いが掴みやすいおもちゃを使って教えてあげましょう。まずは「出せ」「ちょうだい」「離して」などの言葉を一つ決めましょう。犬とおもちゃで遊んでいる時に、おもちゃを持つ手の動きを止め「ちょうだい」と決めた言葉をいいます。犬が離したら、たくさん褒めてまた同じおもちゃで遊んであげることで、徐々に言葉(コマンド)を理解し覚えます。

この時注意することは、犬の引っ張りに合わせて手を動かさないこと。ここで犬も引っ張り、飼い主さんも引っ張ってしまうと、「引っ張りっこ」の遊びになってしまいます。遊びに関連付けて覚えてしまうと「ちょうだい=引っ張りっこ」だと学習してしまいます。

また、ちょうだいと言いながら引っ張りっこして取り上げられたとしたら、犬にとっては「ちょうだい=取り上げられる」と思い取られないように逃げたり、唸ったりという行動に発展してしまうこともあります。

リーダーウォークとアイコンタクト

散歩中であれば、リーダーウォークやアイコンタクトという方法も予防として効果的です。リーダーウォークは上手な散歩の仕方です。飼い主さんの横を歩き、リードは少したるんでいる状態です。犬にも飼い主さんにも負担がなく、マーキングや拾い食いの予防などにつながり、安全に散歩ができます。詳しいリーダーウォークのしつけ方は、関連記事をご覧ください。

アイコンタクトは、視線を合わせるコミュニケーションの一つで、リーダーウォークと組み合わせることができます。たとえば、信号待ちで犬はオスワリした状態。歩き出す時には、名前を呼び視線を合わせてから歩き始めます。行動が変わる前には、飼い主さんに目で確認することを習慣化させることで、マーキングや拾い食いの予防につながります。詳しいアイコンタクトのしつけ方は、関連記事をご覧ください。


既に拾い食いで困っている場合

散歩中においを嗅ぐミニチュアダックスフンド

既に拾い食いが癖になってしまっていて、「やめさせたい」と思っている飼い主さんもたくさんいると思いますので、対策を紹介します。

  • 家の中では犬が届くところに物を置かない
  • キッチンには入れないようにする
  • おやつを与える時は、手からあげるか、いつも使っているフードボールにいれてあげる(床に落としてあげない)
  • 散歩中はリード短めに持つ
  • 収縮リードなど長いリードは使用しない
  • 事前に拾い食いが予想できる場合は、名前を呼んだり、おもちゃやおやつを使ったりして飼い主さんのほうに気を向かせる

といったことが対策として取れます。それでも拾い食いしそうな場合は、リードを引くなどして、拾い食いは絶対にさせないことが大切です。その場その場の対処をするだけでなく、拾い食いをしないためのしつけも一緒にしていきましょう。どうしても上手くいかない時は、専門のドッグトレーナーに相談しましょう。

犬が散歩中に草を食べるのは?

草を食べる犬

散歩中に草を食べることがありますが、これは拾い食いとは違う意味があります。犬が草を食べるのにもいくつかの理由があります。

  • 胃がムカムカしているなど調子が良くないから
  • 毛玉など吐き出したいから(特に猫)
  • 単純に食べるのが好きで楽しい

などの理由が挙げられます。過剰に草を食べる場合は、獣医師に相談してみたほうがいいでしょう。町中に生えている草の中には、犬が食べてはいけないものもあります。「犬は草を食べたがっているけれど、きれいかどうか食べてもいいものか不安」という人は、家において置くタイプの犬猫用の草などもあります。

拾い食い防止グッズ

拾い食い防止グッズとして口輪があります。しかし口輪は根本的な解決にはなりませんし、犬にとってもストレスのかかることです。きちんとしつけができるまでの処置として使うことがあっても、継続的に口輪に頼ることはお勧めできません。

オッポ (OPPO) クァック クローズド オレンジ M サイズ

まとめ

くつろぐ犬

過去の「おいしい経験」が、拾い食いの癖になってしまう
拾い食いしたものによっては命に関わることもあるので注意が必要
拾い食いをしないよう、きちんとしつけをおこなうこと

拾い食いの行動は犬にとって本能に近い行動です。しかし、人との暮らしをする中では犬にとって命に関わることもあります。犬にとっても飼い主さんにとっても、安心して暮らせるように拾い食いをさせない環境づくりや、家でのルール、しつけが大切です。

Share!