犬の分離不安とは? 原因や対策についてドッグトレーナーが解説

犬の分離不安とは? 原因や対策についてドッグトレーナーが解説

犬の分離不安とは、犬が飼い主さんや同居犬と離れることで不安な気持ちになり、パニックを起こしてしまうことです。分離不安は飼い主も辛いですが、犬にとってもとても辛く、可哀想な思いをさせることになってしまいます。薬やサプリでの治療方法もありますが、今回はドッグトレーナーの西岡が、分離不安の原因や克服、改善法について解説します。

犬の分離不安とは?

お留守番する犬

犬の分離不安とは、犬が飼い主や他の犬と離れて自分1匹だけになってしまうことにより、強い不安や恐怖などを感じて精神的パニックを起こしてしまうことです。場所としては自宅が多いですが、お散歩中や公園などでも起こります。

分離不安にも、程度の低いものから高いものまであります。分離不安の全てが悪いとは思いませんが、とんでもなくひどい状況になってしまったケースもあります。それによってさまざまな問題行動が起こります。


犬の分離不安の症状

寂しそうなチワワ

症状もさまざまで(体調の変化、問題行動など)、鼻鳴きを短時間続ける程度から、我を失うほど極度のパニックになるケースもあります。パニックになってからの行動としては以下の内容が挙げられ、個体によっては複合的に起こる場合もあります。

よく見られる分離不安の症状

  • 何時間も激しく鳴き(吠え)続ける
  • 家の中(ケージなどでも)を動き続け暴れ回る
  • 足や尻尾を舐めたり噛んだりの自傷行為をする
  • トイレのしつけができているのに、いろいろな場所で排泄してしまう

分離不安の症状がひどいケース

  • 7~8時間吠え続け、声が枯れてしまう
  • 暴れて家の壁に大穴を空けたり、ソファーをボロボロにしたりする
  • ハウス内で暴れ、鼻先や顔周りをぶつけたり、爪が剥がれたりして流血する
  • 毛が抜け落ちて皮膚も破れ、肉が見えるくらいまで前足を舐めたり噛んだりする

犬の分離不安の原因

犬が分離不安になる主な原因として、飼い主など特定の対象への精神的な依存が大きいです。

  • 子犬の頃から1匹だけになる経験の不足
  • 人や場所に慣れていない環境的要因や、社会化不足
  • 飼い主の愛犬への過保護・過干渉による、精神的自立心の未発達
  • 親や兄弟犬と過ごすべき子犬期に、親兄弟と早く引き離されたことによる精神の未発達
主に飼い主(同居犬の場合もあります)への依存心が強くなってしまい、常に近くに飼い主がいないと分離不安の症状が出てしまいます。分離不安がすごい子たちは本当につらそうでした。犬の生まれもった気質も、個体差として関係していると思います。


犬の分離不安の治療・対処法

寂しそうなチワポメ

分離不安は「分離不安症」ともいわれ、獣医学の範囲でもあります。トレーニングとしてもさまざまな方法がありますが、まず僕がオススメするのはクレートトレーニングです。

クレートトレーニング

クレートを安心できる大好きな自分の部屋にすることで、飼い主と離れる不安な気持ちをかなり軽減できます(※)。
※とりあえず出来る方法として。

  1. 何より、「飼い主と離れること」、「一人で過ごすこと」に慣れさせていきましょう。家にいる時でもいいので、短時間でも別室にいたり離れたりする時間を作っていきます。可能であれば、お留守番も毎日短時間ずつさせていきましょう。

  2. 吠えている時は部屋に戻らず、戻る時はできるだけ吠え止んでる時が望ましいです。その間は飼い主の匂いのついた衣服やタオルなどを置いてあげたり、嗜好性の高いトリーツを使った知育オモチャ、長持ちするアキレスなどを用意したりしてあげると、愛犬も安心しやすいです。

  3. 離れたり戻ったりする時は、できるだけ落ち着いた状態で「待っててね」、「ただいま」などの声掛けをしてあげてください。

長い期間をかけて、「ちょっと離れること」を積み重ね、「待ってたら必ず帰ってきてくれる」という経験と学習をさせていきます。そうやって不安な気持ちを少しずつ軽減させ、安心して離れられるようにさせていきましょう。


マテのトレーニング

安心できる環境でマテのコマンドを練習していきます。マテのトレーニングは、直接的には分離不安へのトレーニングとはなりませんが、続けることで飼い主さんとの信頼関係も強くなり、愛犬にも自信が付いていき、精神的にも安定していきます。

  1. 飼い主の足元にいる状態でマテをさせ、少しずつマテの時間を延ばし、飼い主もその場から離れるようにしていきます。

  2. マテができたら呼んで褒めるのではなく、必ず愛犬が待ってるところまで戻ってから褒めてあげるのがポイントです。

  3. 徐々に飼い主が隠れてもマテができるように練習していきたいです。

愛犬の気質や家の環境によってもトレーニングの方法は変わってきますので、それぞれに合った方法を取らないと、逆効果になる場合もあります。獣医さんに投薬治療を勧められるほどの重度の分離不安症の子をトレーニングで改善させたこともありますが、本当に投薬治療が必要な子もいるかもしれません。

性格や環境にもよりますので、まずはドッグトレーナーや獣医さんに相談する事を強くオススメします。トレーナーも獣医さんと連携しつつ、愛犬の分離不安と向き合っていけたら理想的だと思います。


まとめ

眠る子犬

飼い主や同居犬への依存心が強く、問題行動を起こしてしまうことを「分離不安」という
まずはクレートトレーニングや、「マテ」の練習がおすすめ
お留守番できるように少しずつ慣らしていくことが大切

吠えたり鳴いたりしていると、「かわいそうでお留守番させれないという」意見も聞きますが、分離不安を放置すると愛犬がもっとかわいそうな事態になってしまいます。ペットホテルに預けられなかったり、病気や怪我で入院することすらできなかったりすると、愛犬の心身へ大きな悪影響を与えてしまいます。

飼い主さんも愛犬も健全で快適な生活を過ごしていくためにも、少しずつでも分離不安を改善していきたいですね。

Share!