犬の夜鳴きの原因とは? 年齢別のしつけ方法や対策について解説

犬の夜鳴きの原因とは? 年齢別のしつけ方法や対策について解説

子犬を飼い始めて最初に困ることが「夜鳴き」という飼い主さんも多いのではないでしょうか。「クーンクーン」と寂しそうに鳴く声を無視できず、夜中に起こされてしまう方もいると思います。犬の夜鳴きは、子犬、成犬、老犬によっても理由が違います。また、しつけや対策をしなければ、近隣トラブルになったり、飼い主さんの心身の健康を損ねてしまう可能性もあります。そうならないためにはどうしたら良いのか、今回は愛犬の夜鳴きについて解説します。

犬の夜鳴きとは

寂しそうな犬

犬の夜鳴きは、人間の子どもと同じように、夜になると鳴き(泣き)出してしまうことをいいます。はじめは「クーンクーン……」や「ピーピー」といった感じの「鼻鳴き」が多く、場合によっては段々鳴き方が強くなり、鼻鳴きから「キャンキャン」「ワンワン」といった吠えになってくることもあります。

犬が夜鳴きする理由

おもちゃで遊ぶ犬

犬の夜鳴きには理由があります。夜鳴きが始まった時期や年齢によっても理由は異なり、それによって対策方法も違いますし、場合によっては病気の可能性も考えられます。愛犬の夜鳴きに考えられる原因について、年齢別に解説します。

子犬の夜鳴き

子犬を家族として迎え、幸せに浸るのもつかの間で直面する「しつけ問題」。トイレのしつけ散歩の仕方などと同じく、わからないことの一つが子犬の夜鳴きです。「しつけは初めが肝心!」と心を鬼にし、ケージに入れ寝かせたつもりが、気が付いたら毎晩のように夜鳴きするようになっていたという飼い主さんも多いです。

子犬の夜鳴きの理由は「不安だから」というのが1番です。それまではにぎやかだったのに急に一匹にされ、しかも初めての環境で静かになることで不安になり、鼻鳴きをします。大切なのは夜鳴きが始まった後です。心配になり様子を見に行きたくなりますが、そこはグッとこらえましょう。様子を見に行ってしまうと、「鳴いたら飼い主さんが来てくれる」ことを覚え、夜鳴きが癖になってしまいます。

他の対策として、犬は狭いところが落ち着くため、部屋が見渡せないように寝る前はケージを覆うように大きなタオルを掛けておくのも良いでしょう。また、最初はケージで寝ることに慣れさせるために、慣れるまでは飼い主さんがケージの隣で寝るという方法もあります。


眠くない・または寝られない

朝から夕方までたっぷり寝て眠くなかったり、運動や寝床の広さが足りなかったりします。

トイレに行きたい

ケージ内にトイレを用意することが1番ですが、トイレがケージの外の場合もあると思います。その場合は寝る前にしっかり排せつをさせるようにしましょう。子犬の排せつは、食事の後と2~3時間おきといわれています。排せつ後の水分は取り過ぎないようにするなどの対策があります。

暑い・寒い

部屋の温度は適切ですか? 子犬は体温調節が苦手なので、暑さ・寒さ対策をしてあげましょう。


成犬の夜鳴き

成犬の夜鳴きは、「環境の変化」「ストレス」「学習」「病気」が考えられます。

環境の変化

引っ越しや模様替え、旅行など、最近身の回りで環境に変化はありませんでしたか? もしあったなら、愛犬が安心して寝られるように、近くで一緒に寝てあげたり飼い主さんのにおいの付いたタオルなどをケージに入れてあげましょう。

コミュニケーション不足

早朝から夜遅くまで1人でお留守番させていたり、散歩の時間が短かったり、飼い主さんと遊んだりコミュニケーションを取ったりする時間が少なかったりする場合、ストレスや寂しさから夜鳴きする場合があります。愛犬との時間を見直し、夜は一緒に寝るなど少しでもストレスや寂しさを感じないようにしてあげましょう。

鳴いたら反応している

犬は人間とは違い、非言語コミュニケーションに長けています。「試しに鳴いてみたら飼い主さんが来てくれた」という経験は、意外とすぐに覚えてしまいます。たとえそれが、「飼い主さんが怒っていたとしても」です。犬を叱るのは難しく、犬にとっては構ってもらえていると勘違いさせてしまうことも多いです。「鳴いても反応しない」がしつけのポイントです。

病気の可能性

ある日突然夜鳴きをするようになったという場合には、病気を疑うことも大切です。「日中ドッグランで遊んでいる時に関節を痛めた」、「元気がない」など、夜鳴き以外にいつもと様子が違うことがないか確認しましょう。緊急の場合には夜間の動物病院に相談してください。


老犬の夜鳴き

老犬の夜鳴きで最も可能性が高いのが認知症です。認知症の場合、「クーン」という寂しげな鳴き方ではなく、激しく鳴くことが多いのも特徴です。飼い主さんが一緒に寝ると落ち着くこともありますが、獣医師さんに相談し精神安定剤や睡眠薬を飲ませることも視野にいれる必要があります。

認知症以外では、「甘え」「関節痛」「体の不調」なども考えられます。老犬になると飼い主さんに甘える行動が増えたり、介護が必要になったりしますので、別々の部屋ではなく同じ部屋で寝るほうが良いでしょう。


飼い主さんのノイローゼに注意

寂しそうな犬

犬が夜中に鳴くことは睡眠時間が削られるだけでなく、なかなか鳴き止まない犬に心配し過ぎて気疲れしたりイライラしたりと、飼い主さんの精神的、身体的不調に繋がります。また、夜鳴きの対策ができないでいると、近隣トラブルに発展してしまうケースもあるため、さらに追い込まれてしまいます。

犬のしつけは、一朝一夕でできるものではありません。飼い主さんが時間を掛けて教えてあげるものです。しかし、夜鳴きの原因によっては、飼い主さんの手に負えないものもあります。一人で思いつめないで、専門のドッグトレーナーや獣医師さんに相談することが大切です。

犬と向き合うこと、一人で悩まないことが大切

ベッドで寝る犬

犬の年齢によって、夜鳴きする理由が違う
病気や怪我の場合もあるので注意が必要
きちんとしつけないと、近隣トラブルになったり飼い主さんの心身の不調に繋がったりする可能性も

愛犬も飼い主さんも心身共に健康に過ごせるよう、自分1人だけで抱え込まないことが大切です。まずは愛犬の夜鳴きの理由を考えて、その上で飼い主さんができることはなんなのかをしっかり把握するようにしましょう。そして、必要ならプロのドッグトレーナーや獣医さんにも相談してみてくださいね。

Share!