育犬ノイローゼとは?原因や症状、ならないための対策などについて解説

Share!

犬との生活に疲れ、育犬ノイローゼに陥ってしまうことがあります。無駄吠えやトイレトレーニングがうまくいかないなどのストレスがノイローゼへと発展し、その結果、犬を手放す決断をする飼い主さんも。そんな悲しいことにならないよう、今回は育犬ノイローゼになる原因や対策などについて解説します。

育犬ノイローゼとは

トイレシートを噛む犬

ノイローゼと聞くと、人間の子供に対する「育児ノイローゼ」を連想する方が多いと思います。実は犬の飼い主さんも同じように「育犬ノイローゼ(飼育ノイローゼ)」になってしまうことがあります。

「しつけが上手くいかない」「手が掛かる」「言うことを聞かない」など、犬を迎える前には想像もしていなかった出来事に、精神的、肉体的ストレスを受け、ノイローゼになってしまうのです。

育犬ノイローゼの主な症状

上目遣いをする犬

犬の飼育によって起こるノイローゼは、育児ノイローゼの症状とほとんど同じで、以下のような症状が現れます。

  • イライラする
  • マイナス思考になる
  • 思考力が低下する
  • 不眠に悩まされる
  • 突然涙が出る
  • 家に帰りたくなくなる
  • 逃げ出したい気持ちになる
  • 何事にも無気力になる
  • 人との会話が減る
  • 吐き気を催す
  • 食欲不振になる

育犬ノイローゼの主な原因

おもちゃを出す犬

初めて犬を迎えた人がなることが多い育犬ノイローゼですが、2匹目以降であってもノイローゼになることはあり得ます。

育犬ノイローゼは「しつけがうまくいかないこと」「手が掛かる」ことがきっかけでなることがほとんどです。

犬の夜鳴き

ノイローゼになる理由として多いのが、犬の夜鳴き。

夜になると鳴く、または吠えることで、飼い主さん自身も熟睡できないだけでなく、近隣からのクレームなどが精神的ストレスになってしまうケースがあります。


子犬の飼育ストレス

子犬の頃に手が掛かるのは、人間の子どもと同じです。

想像以上の飼育の大変さから外出時に「帰りたくない」と思ってしまうこともあるかもしれません。

トイレの失敗

「トイレトレーニングができない」と、困っている飼い主さんはとても多く、トイレトレーニングがうまくいないことが理由で、ノイローゼになる方もいます。

トイレトレーニングは、子犬の排泄のタイミングと合わせてトレーニングする必要があるため、飼い主さんが時間や心に余裕がないと難しいものです。

余裕がないなかトイレトレーニングをするのであれば、ドッグトレーナーにお願いするか、平日だけでなく連休もうまく利用し、集中してトレーニングする必要があります。


食糞

食糞は「トイレの失敗」と同じタイミングで起こります。トイレトレーニングができていないうちに、長時間留守番をさせると、自分でうんちを食べて片付けるようになります。

放っておくと食糞行動は癖になりやすく、健康的にもよくありません。


甘噛み

子犬のかわいい甘噛みも、頻度や噛む場所によっては痛みを伴うため、ストレスになります。

遊ぶ時間を作っても、おもちゃではなく、手ばっかり噛んでくれば、ストレスになるでしょう。


家具などを噛む

子犬時の甘噛みだけではなく、成犬になってからの破壊行動は、その被害も大きくなります。

後片付けだけでなく「大切なものを壊された」という負の感情がどうしても出てきてしまうものです。

吠える(鳴く)

吠えは「チャイムの音で吠える」「外を人が通ると吠える」など、第三者へも影響を与えてしまうものです。

そのため、夜鳴きと同様に「やめさせたい愛犬の吠え」と「近隣からのクレーム」の板挟み状態になります。


老犬の介護

育犬ノイローゼになるのは、相手が子犬のときだけとは限りません。それまで元気だった愛犬が老犬となり、介護が必要になったときにも起こり得ます。

特に大型犬の介護はとても大変で「排泄の手助け」「歩行補助」「食事の手間」「定期的に寝返りを打たせてあげる」など、終日お世話が必要になります。

そのため、老犬が心配で気を配っているために、精神的、肉体的ともに大きな負担になります。

育犬ノイローゼになりやすい人の特徴

隠れる犬

どんな飼い主さんでも育犬ノイローゼになる可能性はありますが、以下のような方は、育犬ノイローゼになりやすい傾向にあります。

  • 犬が大好き
  • 少しでも幸せにしてあげたい
  • ちょっとの変化にもよく気が付く
  • しつけを完璧にしたい
  • 正直しつけについてはよくわからない

育犬ノイローゼにならないための対策

振り向く犬

犬を安易な気持ちで迎えない

「飼い主になるための準備期間」は人それぞれです。本来「犬を飼う」には、事前に飼う犬種について知ることや、飼い主になる心構えが必要になります。

「犬を買う」ことは容易にできてしまうため、飼い始めてから「思っていたのとは違った」という出来事が多くなってしまうのです。迎える犬種やしつけについて、事前にしっかり学んでおくことが大切です。


しつけのハードルは低く設定する

「家族として迎えた我が子をちゃんとしつける!」と張り切りすぎることで、ノイローゼに陥ってしまうことがあります。

無意識のうちに完璧なしつけを目指してしまい、犬にも自分自身にも求めるハードルが高すぎることが理由の1つです。

そのため、できないことへの「罪悪感」「責任感」「不安感」など、どんどんマイナス思考の沼にはまってしまうことになります。力みすぎず、時間にも自分にも余裕を持ってしつけをしましょう。


一人で悩まないで相談する

困ったときに相談できる人がいるかどうかというのは、実は一番重要なポイントです。

かかりつけの獣医師や専門のドッグトレーナーに相談することがおすすめですが、相談する相手は家族や友人でも構いません。

一人で抱え込まず、困ったときは必ず誰かに相談することが育犬ノイローゼにならないために大切なことです。

育犬ノイローゼは誰かに相談を

ハイタッチする人と犬

犬と暮らすことで、育犬ノイローゼになる場合がある
安易な気持ちで犬を迎えない
しつけに対するハードルを下げ、一人で悩まず誰かに相談することが大切

育犬ノイローゼは、飼い主さんにとっても犬にとっても辛いことです。

人によっては「犬を手放す」という選択をする人もいます。そんな無責任なことがないよう、また育犬ノイローゼにならないためにも「飼い主になる覚悟を持つ」「余裕をもって犬にあったしつけをする」「一人で悩まないで相談する」ことを心がけましょう。