トイプードルの留守番は、いつから何時間程度大丈夫? 長時間に及ぶ際は注意が必要

トイプードルの留守番は、いつから何時間程度大丈夫? 長時間に及ぶ際は注意が必要

賢くて人懐っこいトイプードル。毛も抜けにくく室内でも飼いやすい犬種として人気です。飼い主さんへの愛情表現も豊かでとにかく愛くるしいので、飼い主さんも「ずっと一緒にいたい」という気持ちになると思いますが、どうしても留守番させなくてはいけないときもあるのではないでしょうか。では、トイプードルに留守番をさせるときは、だいたい何時間までが可能なのでしょうか。子犬の留守番はいつから可能なのか、注意点やしつけについても解説していきます。

トイプードルに留守番をさせても大丈夫?

トイプードル

トイプードルは、実は留守番にはあまり向いていません。12時間以上の長時間の外出や旅行時には、ペットホテルに預けたり、信頼できる人やシッターを頼んだりすることをおすすめします。

留守番の時間については、年齢にもよりますが目安としては長くても8時間程度が限界です。トイプードルはしつけをしやすい賢い犬種ではありますが、愛情深く寂しがりやな面もあるので、留守番によってストレスを感じてしまうことがあるのです。そしてストレスが溜まってしまうことで、分離不安症になってしまうこともあるので気をつけましょう。

不安分離症になると、留守番中に吠えてしまったり、いたずらをしてしまったり、粗相をしてしまったりすることが増えます。不安な気持ちが行動に出てしまうのです。ですから、トイプードルにはあまり留守番をさせないようにしたほうが良いでしょう。それでも、お仕事やプライベートの用事などでどうしても留守番が必要なることはあります。そんな時は長時間にならないように気をつけること、留守番をするためにきちんとしつけることが大切です。


トイプードルが上手に留守番をするためのしつけ

トイプードルとおもちゃ

トイプードルが上手に留守番をするためには、どういったしつけをすれば良いのでしょう。

留守番のしつけを始める時期

トイプードルに留守番を慣れさせるためには、できるだけ早めにしつけを始めることが大切です。時期としては、月齢2〜3カ月くらいを目安に始めると良いでしょう。それ以前の年齢の時は、できるだけ一人きりにしないようにしましょう。

短い時間から慣れさせる

短い時間から徐々に時間を増やしていき、慣れさせていくことが大切です。まずは数十分、一時間、二時間と段階を分けていくことで、トイプードルは「飼い主さんは必ず帰ってくる」ということを学び、安心していきます。まずはその意識を安定させることで、留守番に対する不安や恐怖心は軽減されていくでしょう。

静かに外出する

外出するときに、飼い主さんが過度に心配するような態度を見せたり、寂しがったり謝ったりすると、トイプードルは不安になってしまいます。出かける時は、できるだけ静かにいつも通りを心がけましょう。

帰宅時も冷静に

帰宅した時も外出時同様、冷静にいつも通りの感覚を持ちましょう。「私の帰宅を喜ぶ愛犬をギュッと抱きしめたい!」、「たくさん撫でて褒めてあげたい」という気持ちは抑えて、態度を変えずに冷静さを保ちましょう。

飼い主さんが、外出・帰宅時にオーバーな態度で接してしまうと、トイプードルも留守番を特別なものと捉えて、身構えてしまうことがあります。できるだけいつも通りに振る舞いましょう。

普段の距離感を安定させる

愛犬を可愛がりたい、一緒にいたい、構ってあげたいという気持ちは、どんな飼い主さんにもありますよね。ただ、いつも一緒にいたり、構いすぎてしまったりすると、犬が飼い主さんに依存してしまい、離れた時に気持ちが不安定になりやすくなってしまいます。

その結果、留守番によって過度にストレスを感じてしまうことがあるので気をつけましょう。一緒に遊ぶ時間、個々に休む時間のすみ分けを上手におこない、普段からメリハリのある関係を築くことが大切です。

トイプードルの留守番時に注意すべきこと

留守番トイプードル

トイプードルに留守番をさせるときには、どういうことに気をつければ良いでしょうか。

留守番中はケージに入れる

トイプードルが安全に留守番をするためには、誤飲や怪我を避けるために部屋を整理しておく、危険なものを出しておかないということが基本ですが、できればケージに入れることをおすすめします。飼い主さんの目が届かない時間なので、不測の事態も起こる可能性もあります。安全な空間を用意してあげることでトラブルを回避しましょう。

ケージがどうしても嫌で、暴れたり、吠え続けてしまったりする場合は、部屋や場所を区切るなどして、できるだけ危険の少ない場所を作ってあげましょう。

ストレス解消

留守番中は一人ぼっちなので、ストレスを解消するためのおもちゃや、おやつを用意してあげると良いでしょう。眠っている時間も長くなるので、静かな場所で落ち着いて過ごせるようにしてあげることも大切です。

遠くからでも安全管理

留守番中の様子が心配なときは、遠くからでも愛犬の様子を見守ることができるペットカメラの設置をおすすめします。おやつをあげたり、遠隔操作で呼びかけたりできるものもあるので、愛犬にとっても安心に繋がるかもしれません。


寒さ・暑さ対策

留守番時の寒さ対策・暑さ対策も必須。温度調節ができない環境で長時間留守番をさせることは、犬の体に負担をかけます。特に夏場は熱中症にならないように気をつけましょう。冬に関しては、寒さ対策に加えて火事にならないように注意する必要もありますよ。


長時間の留守番にはペットの見守りカメラがおすすめ

トイプードルの留守番に向けて準備万端! とはいえ、それでも不安という人は、ペットの見守りカメラを検討してみてはいかがでしょう。給餌機能が付いているものや、レーザーでペットを遊ばせてあげる機能が付いているものなど、ペットの性格に合わせて選んでくださいね。


安全に上手に留守番を

留守番中のトイプードル

長時間の留守番にはあまり向かないトイプードルですが、本来頭がよくしつけもしやすい犬種です。しっかり教えていくことで、安全かつ上手に留守番をすることができますよ。留守番が必要なときは、愛犬にとっても飼い主さんにとっても安心できる環境を整えていきましょう。普段の信頼関係やしつけも大切です。

Share!