繁殖引退犬の迎えるために。里親になる準備からしつけ方、注意点まで【プロが解説】

犬を家族に迎える際、幼い子犬を迎えるか、ブリーダーの繁殖引退犬や保護施設から成犬を迎えるか検討されている方もいるでしょう。今回は、ブリーダーの繁殖引退犬を迎える際、相性のいい愛犬を見つけるためのポイントや、生活上の留意点について、トイプードル専門ブリーダー「といぷーはうす」の上田が解説します。

繁殖引退犬(繁殖リタイア犬)とは

犬の親子

ブリーダーの元で母犬として活躍するのは、多くの場合大体2歳から5歳くらいまでとなります。6歳を迎える頃には引退し、里親さんに迎えられ、幸せな生涯を過ごすことになります。このような、母犬を引退して一般のご家庭(里親)に迎えられる犬を、繁殖引退犬といいます。

繁殖引退犬の年齢

小型犬の場合、2歳で人間の24歳程度となり、6歳では40歳程度に相当します。そのため小型犬は、2歳位〜6歳になる前位まで繁殖犬として過ごします。

大型犬の場合、2歳半から満5歳までの、人間年齢に換算して20歳代前半から30歳代までが、出産適齢期となるわけです。

繁殖引退犬は、出産適齢期を過ぎると、一般のご家庭で第二の犬生を歩むことが多いです。

昨今、生活環境の変化により、犬の寿命は長くなってきました。小型犬で概ね14歳程度、大型犬では11歳程度が平均寿命といわれています。いずれも引退してからの期間のほうが長く、引退時点では、まだ若く元気です。愛情を持って育てられている繁殖犬は、人に対しても従順で問題行動もないのが普通です。ブリーダーが里親を募集するのは、小型犬で6歳程度、大型犬で5歳程度の年齢が多いでしょう。

繁殖引退犬の健康状態

繁殖引退犬は、節度あるブリーディングをしている限り、健康不安もなく元気で病歴もないのが普通です。虚弱体質や疾病がある犬は繁殖犬には向かないため、健康な個体である可能性が高いといえます。反対に、健康管理や家系の血統管理ができていないブリーダーや、乱繁殖させているような悪質なブリーダーの場合、母体が疲弊していたり、健康診断を怠り病気が発見できていなかったりすることがあるため、注意が必要です。

一口に繁殖引退犬といっても、個々の生活環境によって健康状態やコンディションは大きく異なります。繁殖に関してしっかりとした考えを持ったブリーダーから迎えることが、最も重要です。

繁殖引退犬の特徴

繁殖引退犬は、ご家庭に迎えられる年齢が5〜6歳以降であることから、それまでの生活環境に慣れ、習慣化された行動が根付いています。子犬であれば、環境への順応が早くご家族に慣れるのも早いのですが、生活習慣や個性が備わっている成犬の場合、それまでの生活習慣を踏襲することや、新しい環境に慣れさせることにも、ある程度時間をかけてあげる必要があります。

衛生管理上の理由から、あまり外へ行ったことがなく散歩に慣れていない子や、フードを変えると食欲が落ちる子もいます。あるいは、就寝場所やトイレの場所に慣れるまで時間がかかることもあります。おとなしい性格の子の場合、小さな子供に慣れていないことから怖がってしまうこともあります。

ただし利点として、子犬のようにいたずらしたり危険なものに興味を持つことが少なく、落ち着きがあります。また、ブリーダーのもとで多くの犬たちと生活していることから、他の犬に吠えるなど過剰な反応を示すことが少ないことも特徴です。

トイレのトレーニングが必要ない子もいます。ブリーダーの繁殖引退犬であれば、虐待経験や放置経験がないため、人に懐きやすいメリットもあります。血統証明書もあり、生育記録や体質、性格もわかっています。

これらのメリット、デメリットは、その子の個性により大幅に異なるので、十分なコミュニケーションをとり、相性がいい子を探す必要があるでしょう。

繁殖引退犬の迎え方

犬の親子

ファーストコンタクト

繁殖引退犬を迎える場合、インターネットの検索で「犬種名 里親」で検索すると多くの里親募集のページがヒットします。その中から、ブリーダーの繁殖引退犬を探すのが一般的です。気になった犬が掲載されていたら、ブリーダーへ連絡し予約を取って、繁殖犬と触れ合い相性を確かめます。犬の性格やそのブリーダーの環境によっては、男性を怖がることがあったり、元気過ぎたり臆病だったり、子犬以上に相性のマッチングが重要です。

ブリーダーの元に訪れたときに、まずはじめに確認することは、衛生的な環境であるかということでしょう。整理整頓され、清潔な環境であることは、管理が行き届いていることを意味します。優良なブリーダーは、飼育環境や衛生管理を徹底しているため、臭いもなくきれいな状態を維持しています。

繁殖に対するブリーダーの考え方が、繁殖引退犬のコンディションを大きく左右するため、よくチェックすることが大切です。詳しくは以下の記事を参考にしてください。


犬との相性を確認

成犬となり個性ができ上がっている繁殖引退犬は、それぞれに性格も異なります。元気な子であれば小さなお子さんとも仲良く遊べますが、大人しく臆病な子は、大人だけの穏やかな家庭環境でないとストレスの原因となってしまうことがあります。それぞれの家庭環境にマッチする犬を選択することが、迎えたご家庭と犬の幸せにつながります。見た目の好みだけで決めるのではなく、犬の性格と家庭環境のマッチングがとても重要です。

ブリーダーの方針によりますが、家庭環境を厳しくチェックする場合もあります。家族構成や間取り、家族に反対している人がいないかなど、多くの質問をされることもあります。飼育環境についての約束事を記載した書面にサインを求められることもあります。

お譲りする側は、長く付き合ってきた引退犬に、子犬以上の思い入れがあります。引退犬のその後の生活が気になるため、幸せな環境であるかを確認したいとの思いがあることを理解しておきましょう。お迎えにあたり、家族で話し合い、良く考えてからお迎えを決める慎重さも大切です。

繁殖引退犬を迎える際の費用

通常、繁殖引退犬の譲渡にかかる費用は、3万円~10万円といったところでしょう。内分けとしては、直近のワクチン代や健康診断の費用、避妊手術、歯石取りなどの実費となります。無償譲渡するケースもありますが、過去に虐待目的で無償で譲り受けるような事件が多発したため、現在では、無償では譲渡しないことが一般的となりました。


迎える前のトライアル

トライアルとは、本格的に迎える前段階として、試しに一定期間犬と生活してみることをいいます。保護犬を迎える場合に多いプロセスですが、ブリーダーによってトライアルを設ける場合と設けない場合があります。

トライアルの目的は、そのご家庭と迎えられる犬がうまくやっていけるかをテストすることです。しかし、ここで勘違いによるトラブルがあります。迎えるご家庭側は、犬が来ることで家庭環境が変わり、「従来の生活に支障が出ないか」「困ることがないか」を確認したいところでしょうが、譲渡する側は、「そのご家庭で犬が幸せに生活していけるか」を確認したいと思っています。

譲渡側は、トライアルを申し込んだご家庭はその子を迎えるにあたり、「十分考えた上で覚悟を持って申し込んでいる」と思っています。トライアルの結果、犬の状態が好ましくない場合は譲渡を中止することがありますが、ご家庭側の事情によるお断りは、とても嫌がります。トライアルであっても、大切に育ててきた引退犬に環境変化によるストレスを与えることになる訳ですから、譲渡側も慎重になっています。

迎えるかどうかを決める前に、「とりあえず試してみたい」などの軽い気持ちでトライアルすることは、犬にとっても譲渡側にとっても望ましくない結果となります。トライアルは、あくまでもご家庭側が犬を迎えることについて決めた後、「犬が幸せに生活できるかを確認するプロセスである」ということを十分理解しておくことが大切です。

お迎えの準備

繁殖引退犬を迎える際は、犬を飼育するために望ましい以下のような環境を整えておきましょう。

用具の準備

ケージ、おトイレ、就寝用のベッド、食器、給水具、ブラシ、ハミガキ、シャンプーなど

危険なものを片付ける

電源コードの保護、毒性のある観葉植物、誤食してしまう恐れのあるもの、その他危険なものも片づけておく

滑りやすい床(フローリング)

滑り止めのコーティング、フロアマット、カーペットを敷くなど

環境整備

騒音やケージ近くの発光物などの確認、適度な温度管理、日照管理など

生活のシュミレーション

お散歩の時間や留守番対策、かかりつけの獣医やトリミングサロンなどを決めておく

繁殖引退犬のしつけ

犬のしつけをする様子

成犬は、子犬と比べて心を許すまでに時間がかかります。そのため、繁殖引退犬のしつけは、ご家族や環境に十分慣れてからおこなわないと、不安感から反抗や不従順な行動をとることがあります。心を許していない段階で叱ったりすれば、犬は恐怖感やストレスを感じてしまいます。

しつけは、信頼しているご主人さまに褒めてもらえるうれしさを教えることです。繁殖引退犬を家族に迎え入れてから、3カ月程度は十分なコミュニケションを取り、信頼関係を築くことに時間をかけましょう。そして信頼関係ができてから、改めてしつけを始めることが望ましいでしょう。

トイレトレーニング

最初のしつけは、トイレトレーニングをおこなうことが多いでしょう。既にトイレができる子も多いですが、環境やレイアウトが変わって分からなくなってしまう子もいます。

トイレトレーニングのプロセスは、初めは自由に動き回れるスペースを1部屋に決め、近くにトイレを置いてあげ、トイレで成功したらオーバーアクションで褒めることを繰り返します。失敗したときは、決して叱らず無反応ですぐに片付けます。失敗したときに声を出したり叱ってしまうと、排せつするとかまってもらえると勘違いしたり、隠れて排せつするようになってしまいます。

トイレの場所を覚えたら、別の部屋にも自由に行けるようにします。他の部屋にいてもトイレの位置に戻って排せつすることができたら、ご家庭の許容範囲内を自由にさせてもいいでしょう。

自分の匂いが無い初めての環境では、自分のテリトリーと認識するまでの間、あちこちにマーキングすることがあります。これは排せつとは違い、テリトリーを作るプロセスです。最初の内は、多少は許容しなければならないですが、信頼関係ができてからしつけていくといいでしょう。


吠え対策

初めての環境では、不安や警戒心が強くなり、呼び鈴や訪問者に吠えてしまうことがあります。その場合、玄関先や廊下に出さないことで自分のテリトリーと認識させないようにすることや、ご家族が家に入る際に呼び鈴を鳴らして入ってくるなどの対策が有効です。

その他の状況で吠えることもありますが、犬が吠えるのには必ず理由があります。よく「無駄吠え」という言葉を耳にしますが、犬にとっては、警戒や要求などの自己主張であり、無駄に吠えているわけではありません。吠える意味をよく観察し、対処することができなければ、吠えの対策は成功しません。


しつけのポイント

繰り返しになりますが、上手なしつけは、ご主人さまに褒められることで、犬が喜ぶようにさせることがポイントです。それには、褒めるタイミングと褒めていることを分かり易く伝えてあげることです。

成犬は子犬よりもしつけに時間がかかりますので、焦らず犬のペースで一つ一つクリアしてゆく心のゆとりが最も大切です。しつけても何もできない犬は存在しません。ダメな犬はいないのです。しつけても覚えないのは、しつけの仕方がその子に合っていないと考えるのが正しい解釈です。人間同様に犬にも個性があり、理解の仕方や受け取り方はさまざまです。その子に合った成功体験を探してみるのも、犬との生活の醍醐味ではないでしょうか。

犬は、人間の感情を敏感に察知します。飼い主がイライラしていたり、怒っていると萎縮してしまい学習できない状況になります。その子を理解し、一緒に遊ぶ感覚で楽しみながらしつけを進めていくことが、しつけの近道です。飼い主の感情が犬の行動に大きく影響を与えることを十分理解しておきましょう。

まとめ

お座りをする犬

出産適齢期を過ぎた母犬は、6歳を迎えると引退して繁殖引退犬となり、里親さんに迎えられる
繁殖引退犬は成犬のため、新しい環境に慣れさせることに時間がかかる場合がある
しつけをおこなう際は、新しい家族や環境に十分に慣れてから始める

繁殖引退犬に限らず、犬を迎えるためには、その子の生涯に責任を持つ決意と覚悟が必要です。若いうちは元気で、たいして手もかからないようでも、ある年齢になると体調に配慮する必要が生じたり、介護が必要になることもあります。愛犬がどのような状態になっても、生涯にわたり責任を持たなけれならないことを理解した上で、犬を迎えることを決めてください。

繁殖引退犬を迎えることは、落ち着きのある愛らしい愛犬を持てる早道で、費用も少額で済みます。ただ、犬の立場やそれまで育ててきた譲渡する側の心理を理解し、子犬を迎える以上に慎重になる必要もあります。頑張ってきた繁殖引退犬を愛していただける皆さまのご理解を頂けることを願っております。