散歩中にリードを引っ張る愛犬をなんとかしたい! しつけ方や注意点について解説

散歩中にリードを引っ張る愛犬をなんとかしたい! しつけ方や注意点について解説

散歩中、愛犬がリードをぐいぐい引っ張ってしまうことはありませんか? 散歩中の引っ張り癖を放っておくと犬は苦しい思いをしますし、咳き込みや呼吸器の病気になってしまう恐れもあります。首輪からハーネスに変える方法もありますが、引っ張らない散歩がしっかりできるようにトレーニングをしましょう。今回は、犬がリードを引っ張る理由や、上手な散歩のさせ方、注意点について紹介します。

犬が散歩で引っ張る理由

引っ張る白柴

散歩は犬にとって不可欠なものですが、グイグイ引っ張られると飼い主さんにとって負担になってしまいます。犬にとっても飼い主さんにとっても負担なく楽しい散歩をするためには、「犬がなぜ引っ張ってしまうか」を知ることが大切です。

先に進みたいから

引っ張り癖のある犬の多くは、「散歩が好きで仕方ないから」です。早く先に行きたいと興奮してしまい、前のめりに歩いてしまいます。

きちんと散歩のルールを教えてあげることと、アイコンタクトなど興奮を抑えられるようなトレーニングをしましょう。


その場から逃げたいから

その犬にとって、怖いものがあったりや逃れたい環境だったりする場合、ストレス状態から開放されたくて、逃げるように引っ張ることがあります。

その場合、その場に居続けることは犬にとって負担になってしまいます。散歩の練習をするよりも、できるだけ早くその場から離れてあげましょう。また、「何が怖いのか」を把握し、トレーニングで克服できるものなら、少しずつ慣らしていく練習をしましょう。

リードの引っ張りの危険性

リードの引っ張りは、愛犬はもちろん飼い主さんにとっても危険です。お互いにとってデメリットになることですので、早いうちからトレーニングでやめさせるようにしましょう。

犬の場合

  • 咳き込み
  • 頚部の圧迫で気道や首に負担をかける
  • 呼吸困難


人の場合

  • リードを持つ手の腱鞘炎など痛めてしまう
  • 突然の引っ張りによる転倒や怪我
  • 直接的ではないが、対人トラブルの可能性もある

犬が引っ張るのをやめさせる方法

散歩する犬

犬に引っ張りをやめてほしいとき、皆さんはどんな方法をとっていますか? リードを強く引いてみたり、ハーネスに変えてみたりと、いろいろ試したことがあると思います。

しかし、まずはわんちゃんがなぜ引っ張っているのかを根本から把握することが最優先です。その上で適切なしつけをおこなうことで、少しずつ散歩が楽になっていきます。

リードの見直し

散歩する犬

まずは、今使っているリードの見直しをしてみましょう。リードの長さが長すぎていませんか? 小型犬大型犬では体高が異なりますので、同じ長さのリードを使用することはできません。また、小型犬や中型犬などは伸縮リードを使っている人も多いですが、上手な散歩ができるようになるまでは普通のリードにすることから始めてください。

リードの長さは、飼い主さんが手を下ろしたときに、犬の首の位置からかるくリードが弛む長さがベストです。犬が引っ張っているわけでもないのにリードがピンと張っている場合は、苦しくて引っ張っているということも考えられます。

反対に、リードが長すぎてしまうとコントロールがしにくく、引っ張りだけでなく、拾い食い飛び付きなどの癖も付きやすくなってしまいます。きちんと愛犬にあった長さのリードを選ぶことようにしましょう。


上手な散歩の練習

引っ張り癖のある犬は、これまでの経験から「僕が頑張って引っ張れば、飼い主さんは僕に合わせて付いてきてくれる」と思っています。犬にとって、「したいことができる」ということもご褒美となります。ときには、おやつや褒め言葉よりもご褒美力が高いこともあり得ます。

そのため、少し苦しいと感じていても、引っ張ることで早く進めるのであれば頑張ってしまうのです。反対に、犬の「早く進みたい」という気持ちを利用することで、うまく「それが正解!」を教えてあげることができます。

  1. リードは、犬が四足で立った状態で、人が横に立ったときにリードが軽く弛む程度に持ちます。このとき、リードを持つ手の位置を「おへその前」などと決めておくといいです。

  2. 歩き出し、犬が引っ張ったらその場で止まります。このときの注意点は、飼い主さんは止まったつもりでも、リードを持つ手が伸びていることがあります。犬が引っ張ってもリードを持つ手は最初に決めた位置から離さないように気を付けましょう。

  3. 止まった状態で、犬の名前を呼んで振り返ったら「OK」などのコマンドを言い再び歩き出します。もし犬が呼びかけに反応しない場合は、おやつを使って飼い主さんのそばへ来るように誘導しても構いません。

最初はこれを繰り返し練習します。少しずつ犬も引っ張ると先に進めないことがわかってくるので、そうしたら次のステップです。

  1. 引っ張ったら止まるのは変わりません。

  2. 今までは犬が振り返るだけで良しとしてましたが、今度は飼い主さんのそばに戻って来てもらうようにおやつを使って誘導しましょう。できれば「ヒールポジション」と呼ばれる位置、飼い主さんの左(右)に並ぶように誘導しましょう。

これも繰り返すことで、「引っ張ったら進めないこと」「飼い主さんの横を歩けば止まらずに済むこと」を理解していきます。


お家の中でも練習しよう

最初から外でやろうとすると、全く前に進めず時間だけが過ぎて散歩にならないということもあります。その場合、普段の散歩はハーネスで負担を減らし、家の中で練習を始めるのがいいでしょう。犬も他に気を取られることがないので、集中して考えることができます。

同時にアイコンタクトの練習をすることで、興奮状態から落ち着かせることもできるようになっていきます。

まとめ

お座りする犬

愛犬は「なぜ引っ張ってしまうのか」を理解してあげることが大切
リードを引っ張ることは、愛犬はもちろん飼い主さんにとっても危険が伴う
家の中でお散歩の練習をすることも効果的

散歩とは本来、犬と飼い主さんとでコミュニケーションを取ったり、外の情報を収集したり、その時間を楽しむものです。しかし、散歩中に引っ張ってしまうと、犬は苦しい状態で散歩しなければいけませんし、飼い主さんにも負担がかかります。

上手な散歩を身に着けることで、散歩が楽になりますし、新しい発見や行動の幅が広がります。どうしてもうまくいかない場合はドッグトレーナーに相談するなどして、散歩の時間を犬と向き合う楽しい時間にして下さいね!

Share!