犬の散歩はどうしつける? 歩かない理由や時間・回数などトレーナーが解説

犬にとって散歩は楽しみの一つ。健康のためにも、他のワンちゃんとの交流のためにも、とっても大切な時間です。小型犬でも大型犬でも大きさにかかわらず大切な散歩ですが、中には散歩をしたがらない子や、上手に散歩できない子もいます。今回は「犬の散歩」について、上手な散歩の仕方や、犬が歩かなくなる理由など気になるポイントをドッグトレーナーの西岡が解説します。

犬の散歩が大切な理由

犬にとって散歩はとても大切です。その効果は運動不足の解消だけではありません。「小型犬だから家の中でも十分」と思わずに、散歩に連れていってあげましょう。

  • 外の空気を感じることでリフレッシュする
  • たくさん歩いたり、走ったりしてストレス発散
  • 他のワンちゃんの匂いなどの情報収集
  • さまざまな新しい刺激を受ける
  • 排せつ

散歩の時間やタイミングは?

どれくらいの時間、散歩をすればいいかは犬種によってまちまちです。テリアなどは小型犬であっても運動量が必要ですし、短頭種の場合は激しい運動を避けて短い散歩を数回に分けて行うなど、愛犬にあった散歩をしてあげましょう。

夏場の散歩には注意が必要です。犬は人よりも熱中症になりやすく、夏場は地面が熱くなるためやけどなどの心配もあります。夏場の散歩は日中ではなく、熱くなる前の早朝や、日が落ちてからの夕方や夜などに散歩するようにしましょう。しかし、日が落ち初める時間帯では、まだアスファルトが熱い場合がありますので、散歩の前に熱くないか確認してあげる必要があります。

散歩をする時間帯は、一般的には早朝と夕方の1日2回が多いです。お留守番をさせる前に運動させてあげたり、他のワンちゃんが苦手な場合はあえて時間をずらすなどワンちゃんの性格や飼い主さんの都合で散歩をしてあげましょう。

意外と知られていないのが、散歩をする時間やごはんを与える時間です。毎日同じ時間に固定するよりも、日によって時間帯を変えた方がいいです。毎日同じ時間にすると、犬は散歩の時間、ごはんの時間を覚えて時間になると催促してくるようになってしまいます。体調が悪かったり、急な用事がはいったりしたときに、いつもの時間に散歩に行けなかったり、ごはんがもらえなかったりした場合に犬にとってストレスになってしまいます。

犬の散歩のマナーやしつけ

散歩中、犬が排せつをしたら水を流したり、フンを持ち帰ったりといったことは最低限のマナーですが、他にも気を付けなければいけないことがあります。散歩は犬が苦手な人もいるということ、子供や自転車など突然飛び出してくる可能性があるなど、さまざまなことを予測する必要があります。

上手な散歩

散歩する犬

散歩のとき、ワンちゃんが飼い主さんをグイグイ引っ張っていませんか? 実は散歩を快適にするために、ルールを教える必要があります。

「リーダーウォーク」という歩き方です。飼い主さんの横を歩き、リードは少したるんでいるのがいい散歩の仕方です。犬にも飼い主さんにも負担がなく、マーキング予防ができたり安全に散歩ができます。また、リーダーウォークをすることで、拾い食い防止になり散歩中の誤飲防止にもなります。何より飼い主さんと犬が「一緒に楽しく」歩くことが大切です。

リーダーウォークのやり方

  1. おやつや、おもちゃを使って犬が左側を歩くように誘導する
  2. 犬が引っ張ったら立ち止まり、犬を飼い主さんの横に引き寄せ、座らせ、アイコンタクトをとり落ち着かせてからまた歩き始める
  3. 犬が引っ張ったら逆方向に進むことで、飼い主さんに常に意識を向けるようになる

などがありますが、決して無理やり歩かせるのではなく、いっぱい声をかけてあげながら、上手に誘導させてあげましょう。また、オビディエンスの訓練をすることで散歩以外の場面でも応用することができます。

オビディエンスとは

オビディエンスとは基礎的な服従訓練のことです。フセ・オスワリ・マテ・ツケなど、日常生活でもよく使われるしつけに当たるトレーニングです。オビディエンスは競技会があり、各技の美しさや飼い主さんの指示に的確に反応できているかなどを見るものがあります。

オビディエンス訓練をすることで、絆を深めることにつながります。吠えや拾い食い、マーキングなどの予防としても応用することができます。オビディエンス訓練は犬との絆も深まり、どんな場所でも応用ができますので訓練を初めてみることをオススメします。

犬が歩かないのはどうして?

「散歩中犬が歩きたがらない」と困っている飼い主さんも多いのではないでしょうか。歩きたがらないのにはどんな理由があるのでしょうか。

  • 散歩が楽しいから帰りたくない
  • こっちの道は怖い思いをしたことがあるから嫌だ
  • 歩かなかったら、また抱っこしてもらえる
  • 今日はあっちに行きたいな(単なる犬のわがまま)

などが挙げられます。場合によっては足が痛かったり、具合が悪いということもあるので、よく様子をみてあげましょう。

犬や人へのあいさつの仕方

散歩中、他のワンちゃんや犬に触りたい人が近づいてくることがあります。どちらの場合も先に声を掛け様子を見ることが大切です。犬が嫌がっていたり、怖がっていたりする場合には無理に近付けるのは止めましょう。

  • それぞれの犬の様子を見てから近づくようにする
  • 犬への触り方など先に言う
  • 相手の飼い主さんに聞く

犬の散歩グッズ

犬と快適に散歩するための、グッズをいくつか紹介します。

  • 首輪(カラー)
  • お散歩やトーレーニングのときなど、リードとセット使われている一般的な首輪です。鑑札や迷子札などを付けるためにも、日常的に付けている人も多いです。

  • フレキシリード
  • 小型犬中型犬によく使われている収縮性のリードです。広い場所では伸ばして自由に走らせてあげることもできる便利な物ですが、人通りの多い場所では危険が伴います。犬が苦手な人もいますし、自転車や車との接触の危険性もすごく高くなります。フレキシリードを使用する時は、公園など広い場所で周りに考慮して使いましょう。

  • ハーネス
  • 首ではなく、腕を通し背中で止めるタイプの物です。力の強い子や引っ張りをしやすい子では、首輪よりもハーネスの方が負担が少ないです。しかし、トレーニング向きではありませんのでトレーニングする時は首輪に変えて行うといいでしょう。

  • ハーフチョーク
  • リードが張ることで、少し首輪が縮まるようになっています。トレーニングでも使われることの多い首輪ですが、恐がりな子や動きの速い子などよく首輪が抜けてしまう子にもオススメです。ただ使い方に技術が必要なので、最初はトレーナーにアドバイスしてもらった方がいいでしょう。

  • ハンドフリーリード
  • 斜めがけや、ウエストに付けられるタイプのリードです。一緒にランニングなどするときに便利なリードですが、リードが長いため人通りが多い場所や、交通量の多い場所では危ないのでやめましょう。

マナーを守って上手にお散歩

子犬

犬の散歩には、排せつ物の処理やマーキングのしつけなど、飼い主さんのマナーが問われます。犬が過ごしやすい社会にするためにも、正しいマナーや上手な散歩を身に付けましょう。お散歩は毎日することですから、お互い快適にストレスなくいられるように、トレーニングを楽しくしていきたいですね。

関連記事

第2稿:2017年11月14日 公開
初稿:2016年2月23日 公開

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10