犬がティッシュを食べてしまったら?その危険性と対策

Share!

少し目を離しただけなのに「気づいたら愛犬がティッシュでいたずらしていた!」ということはありませんか?散らかしただけであれば掃除すればいいですが、誤飲した場合は腸閉塞を引き起こす恐れがあります。今回は犬がティッシュを誤飲した場合の危険性やティッシュを離さない際のしつけの方法などを紹介します。

犬がティッシュを食べてしまったら

犬のアップ

水に溶けるトイレットペーパーとは異なり、ティッシュは犬の胃の中で消化されません

大型犬・中型犬であれば体が大きいため、便としてティッシュが消化されずに出てくる可能性がありますが、チワワやトイプードル、ポメラニアンといった小型犬の場合、危険度が高まります。

ティッシュを食べた場合の危険性

上述したように、誤飲したティッシュの量にもよりますが、大量に誤飲した場合は胃で消化されず腸で詰まる危険性があり、最悪の場合は腸閉塞を引き起こすこともあります。

少量であれば、便と一緒に出てくることを待つ手もありますが、動物病院に電話で相談したほうが良いでしょう。

量に関わらず、愛犬に嘔吐などの異変を感じた場合は早急に動物病院で診てもらってください。

自宅で素人が無理に吐き出させようとすると、全部吐き出すことができずに逆に愛犬を危険な目に遭わせてしまう可能性もあります。


動物病院へ行くべき症状

腸閉塞の初期症状としては以下の症状が見られることが多いため、心当たりがある場合は早急に動物病院に行ってください。

どうしてもすぐに行けない場合は動物病院に電話して指示を仰ぎましょう。

  • 嘔吐
  • 食欲不振
  • 呼吸が浅く早くなる

上記に関わらず、大量に誤飲したことがわかっている場合は様子を見ずとも、動物病院へ行ったほうが良いでしょう。

また、ティッシュを食べてから1、2日ほど便が出ない場合は、ティッシュが詰まっている恐れがあります。

元気そうに見えても「便秘かも」「なんだか食欲がない」と異変に気づいたら、動物病院に連れて行ってあげてください。


犬がティッシュを好きな理由

犬とトイレシート

最初から「ティッシュで遊ぶと面白い」「ティッシュは美味しい」と思っている犬はいません。その子によって理由は異なりますが、主な理由は以下の通りです。

  • 好奇心
  • 食べ物だと思っている
  • 退屈・不安・ストレス

好奇心

子犬にとって初めてのものは興味津々です。まず匂いを嗅いでみてそれが何か探ります。目の前でふわふわと柔らかく動くティッシュを目にして狩猟本能が働くのかもしれません。

次から次へと際限なく出てくるティッシュに夢中になり、いつの間にか散らかしてしまうのです。そして遊んでいる延長線上で口に含んで飲み込んでしまう可能性があります。

食べ物だと勘違いしている

食べ物や飲み物を拭いた使用済みティッシュなど、いい匂いのするものは犬にとってお宝でありごはんの一つです。その匂いにつられて丸飲みする犬もいます。

もしくはなんらかのタイミングでティッシュを口に入れてしまった際に美味しいと感じ、味をしめているのかもしれません。そういった行動を繰り返しているとティッシュを食べ物と誤認してしまうことがあります。

また、犬は味覚の中でも甘味を最も感じることができるといわれており、通常のティッシュより甘みのあるローションティッシュを好む子が多いようです。

退屈・不安・ストレス

飼い主に構ってもらえず退屈、もしくは長時間の留守番や運動不足によって不安やストレスを感じている犬がティッシュを使って問題行動を起こすことがあるようです。

退屈しのぎでいたずらをし、飼い主に構ってもらうことで「ティッシュで遊べば構ってもらえる」と思い、ティッシュ遊びを繰り返してしまいます。これを放置していると習慣化することがあります。

その際は「反応しない(声をかけるだけでなく目も合わせない)」「静かに片付ける」といった対応をすることで、ティッシュ遊びの対策になります。


ティッシュを食べるのをやめさせるには

トレーニングする犬

手の届かない場所へ

手っ取り早い1番の解決策は「犬の手が届かない場所にティッシュを置く」ことです。

ティッシュに限らず、何か誤飲の可能性があるものは、すべて犬の手の届かない場所に置いてください。

飼い主がそういった心がけをすることによって悲しい事故を減らすことができます。ゴミ箱を漁ってティッシュ等を食べる子には、蓋付きのゴミ箱を用意して対策をとりましょう。

ティッシュ遊びの原因が不安やストレスからくるものだった場合、次はカーテンや他のものにエスカレートする恐れがあるため、早めに獣医師やドッグトレーナーなどの専門家に相談しましょう。

しつけで直す

犬がティッシュを口にくわえたときに急いで取り上げようとしても逆効果で、犬は取られまいと慌てて飲み込もうとします。

誤飲しそうなものを犬の手が届かない場所に置くことが1番の対策なので、ティッシュ遊びの件でわざわざしつけをする必要はありませんが、日頃から「ちょうだい(離せ)」というしつけができていると、万が一の危険回避につながります。



留守番中はケージに

飼い主の目の前で犬がティッシュ遊びをしようものならその場ですぐに対策がとれますが、外出中の場合はあとの祭りになります。

気づくのが遅く、器官に詰まってしまうと最悪の場合、死に至ってしまう恐れがあるため、留守番をさせる際はケージに入れることによって万が一の事態を防ぐことができます。

万が一、災害に遭った場合もクレートトレーニングができていると愛犬・飼い主にとっても、犬を飼っていない人にとっても良好な関係を保つことができるでしょう。


まとめ

飼い主を見る犬
ティッシュは消化されず腸閉塞を引き起こす恐れがある
大量に食べてしまった場合はすぐに動物病院へ
犬の手が届かない場所にティッシュを置きましょう
万が一に備えて「ちょうだい」を覚えさせておくと◎
ときに私たちの想像を超えるものに興味を持つ犬。愛犬が遊んでいる姿は微笑ましいですが「ほんの少し」が命取りになることを忘れてはいけません。

健康で楽しく過ごせるよう環境を整えてあげましょう。