猫は花を食べても大丈夫? 危険な花と安全な花まとめ

花を飾るのが好きな人や、ガーデニングが趣味という人はきっと多いはず。でも猫と一緒に暮らしているのなら、飾る花や育てる花に気を付ける必要があります。実は、猫が誤って食べたり触れたりしてしまうと危険な花があるのです。そこで今回は、猫にとって安全な花と注意すべき花をまとめて紹介します。

猫が食べると危険な花

猫が食べると中毒症状を起こしてしまう危険な花は、意外にも身近にたくさんあります。これらの花は、猫が誤って食べないよう十分に注意しましょう。

ユリ

ユリ

結婚式のブーケでも使われることが多いユリですが、猫にとっては全ての部位が危険で、腎不全や脱水症状、視力障害を引き起こすといわれています。少量でも危険で、花を一口かじっただけでもユリ中毒になることがあります。花粉や、ユリを生けていた水を舐めるだけでも危険です。


かすみ草

かすみ草

花束やドライフラワーによく使われるかすみ草ですが、実は猫が触れるだけで皮膚炎を起こしてしまう可能性があります。もちろん、食べるのもNG。猫がかかすみ草を食べると、嘔吐下痢などの中毒症状が見られることがあります。


あじさい(紫陽花)

あじさい

ドライフラワーなどで楽しむ人が多いあじさい(紫陽花)ですが、猫が食べることで呼吸促迫、嘔吐下痢、血便などの中毒症状を起こす可能性があります。一般的には、あじさいの「根」「蕾(つぼみ)」「葉」に含まれる「青酸配糖体(アミグダリン)」という物質が中毒の原因だと考えられています。

チューリップ

チューリップ

ガーデニングで植える人も多いチューリップですが、チューリップはどの部位も猫にとって危険だと言われています。痙攣嘔吐下痢腎不全、呼吸困難などの症状を引き起こすといわれています。


ヒヤシンス

ヒヤシンス

最近はヒヤシンスの水耕栽培がブームですが、猫にとっては危険な花です。誤って食べると嘔吐下痢、血便といった症状が現れます。

シクラメン

シクラメン

室内に飾られることも多いシクラメンは、猫が誤って食べることで神経麻痺や痙攣などの症状を起こす危険があります。特に根の部分が危険ですが、花や茎、葉などでも中毒症状が現れることがあります。

ポインセチア

ポインセチア

クリスマスフラワーともいわれ、クリスマスが近づくとさまざまな場所で見られるポインセチアですが、葉と樹液には毒性があります。樹液により皮膚炎を起こすほか、食べることで嘔吐下痢などの症状が見られます。

ツツジ

ツツジ

庭や公園などさまざまな場所で見られるツツジですが、葉や花に毒性があります。口にすることで、嘔吐下痢、よだれが大量に出る(過流涎)、痙攣や昏睡などの症状が見られることがあり、とても危険です。

菊

仏花の定番でお供えとともに飾る人が多い菊ですが、「セスキテルペン」「ラクトン」などの成分が原因で、猫が誤って食べると嘔吐下痢などの症状を引き起こすことがあります。さらに、触れるだけで皮膚炎などの症状がみられることも。菊だけでなく、身近なコスモスやマーガレットなどキク科の植物で同様の危険があります。

バラ

ピンクのバラ

バラの花や茎自体に毒はありませんが、成熟前の未熟な実や種には「アミグダリン」という毒性のある成分が含まれています。アミグダリンが動物の体内に入ると「β-グルコシダーゼ」という酵素によって分解され、「シアン化水素」という物質が発生します。シアン化水素は非常に毒性が強く、シアン化中毒を発症すると、粘膜の充血、呼吸促迫、頻脈、嘔吐痙攣などの症状が見られることがあります。

ホウセンカ

ホウセンカ


ホウセンカで気を付けたいのは、花ではなく種子の部分です。人の場合漢方として使われることもありますが、猫が誤って摂取すると子宮収縮を起こしてしまうことがあります。

※参照:「ホウセンカ」(広島工業大学)

カーネーション

カーネーション

母の日の定番といえばカーネーション。子どもたちからのプレゼントとして部屋に飾る人もいますが、実は猫が触れると皮膚炎を起こしてしまうことがあります。また口にすると胃腸障害の原因になることもあるので、部屋に飾る際は注意しましょう。

ガーデニングにもピッタリ! 猫が食べても安全な花

猫にとって危険な花があるのは事実ですが、家でガーデニングを楽しんだり、季節の切り花を飾ったりしたいという人も多いかと思います。そんな人におすすめの、万が一猫が食べてしまっても安全な花をご紹介します。ただし食べても安全だからといって、積極的に食べさせることはおすすめできませんのでご注意ください。

カモミール

カモミール

白く可憐な花が愛らしいカモミールは、人気のハーブです。カモミールには利尿作用や口臭予防のほか、リラックス効果が期待できます。

ガーベラ

ガーベラ

1年を通してリーズナブルな価格で花屋に並ぶガーベラは、猫が食べても大丈夫な花になります。

胡蝶蘭

胡蝶蘭


屋内で育てることもある胡蝶蘭は、猫が食べても大丈夫な花です。

金蓮花(ナスタチウム)

金蓮花(ナスタチウム)


花や葉を食べられることで有名な金蓮花(ナスタチウム)は、人間と同様猫が食べても大丈夫な花です。

猫が危険な花を食べた時の対処法

獣医師が的確な診断をすることが重要なため、飼い主さんが正しい説明をする必要があります。まずは中毒物質の種類の特定と、摂取経路を明らかにしてください。その上で動物病院へ連絡し、その物のパッケージ(あるいは残っていた物質)を持って行くようにしましょう。 また、致死摂取量は体重や状態によって変わるため、少しでも食べた場合は念のため動物病院に電話することを推奨します。


猫が花を食べるのはなぜ?

猫とひまわり

猫は肉食動物ですが、猫草を食べることがあり、これは便秘解消や毛玉を吐き出すためといわれています。猫が花やその葉などを食べるのは同じく胃腸を刺激するためだと思われますが、食べすぎると下痢を引き起こしてしまうことがあります。また危険な花と知らずに口にしてしまう可能性もあるので、中毒成分を含む花の管理には充分注意してください。


猫にとって危険な花は誤食しないように注意して

猫とひまわり

私たちが当たり前のように愛でたり飾ったりする花でも、猫にとっては注意が必要になります。花がある生活は心を豊かにしてくれるものですから、生活から取り除くのではなく、猫が誤って食べないように注意しながら楽しむようにしましょう。

参考文献

Share!