秋田犬の飼い方|性格や毛色しつけ方などトレーナーが解説

秋田犬は映画『ハチ公物語』で海外でも広く知られた犬種です。日本犬の中で唯一の大型犬で、最近ではブサカワ犬として話題になった「わさお」も人気を集めています。今回は秋田犬の歴史や性格、しつけ方、かかりやすい病気などをドッグトレーナーの長根が紹介します。

秋田犬の基礎知識

秋田犬


英語表記 Akita breed
原産国 日本
サイズ 大型犬
体高 メス:約61センチメートル / オス:約67センチメートル
体重 約32キログラム~60キログラム
寿命 約10~15年

日本に古くからいる在来犬種のことを「日本犬」といいます。日本犬は古くから猟犬や、家庭犬として人と暮らしてきました。長い時代を経ても原始的な形態を損なわない日本犬を保存するべく、各地域ごとで天然記念物として指定されています。公益財団法人「日本犬保存会」では、柴犬紀州犬・四国犬・北海道犬甲斐犬・秋田犬の6種を日本犬として指定し、それぞれ国の天然記念物にもなっています。興味がある人は「秋田犬保存会」のページものぞいてみてください。

秋田犬の歴史

秋田地方では昔、熊や鹿の狩猟のための犬(マタギ犬)が使用されていました。しかし、大型にしようと秋田のマタギ犬土佐犬マスティフといった犬種との交雑が行われるようになりました。そのため、本来あったスピッツ系の特徴は薄れていきました。一時は、天然記念物保存法が発令されたことにより、大型日本犬として改良保存が図られ9匹の優秀犬が天然記念物としての指定を受けました。しかし、第2次世界大戦時に軍用犬との交雑が行われ秋田犬の数は減少してしまいました。その後、秋田マタギ犬のタイプとの交配を重ね現在の秋田犬として固定化されました。

秋田犬の性格と特徴

秋田犬

秋田犬は飼い主に対してとても従順で、忠実な性格をしています。しかし、熊や鹿といった大きな動物に立ち向かう勇敢さと警戒心があるため、知らない人に対して攻撃的な一面もあり、実際に咬傷事件も起きています。飼う時はしつけや訓練をしっかりと行えるよう、ドッグトレーナーにアドバイスをもらえる環境づくりが必要です。

毛色

毛色は主に3種類あります。白毛以外の色はあごや胸元、お腹といった体の下側が白いのが特徴です。

赤毛

赤毛はいわゆる茶色のことで、秋田の中で最も多い毛色です。

白毛

秋田犬
Photo by hana.kou.makiさん Thanks!

虎毛

名前の通り、虎のような模様の入った毛です。虎毛にも「赤虎」「白虎」「霜降り」と種類があるようです。

「ムク毛」の秋田犬って?

秋田のスタンダードは短毛ですが、実は長毛の秋田もいます。長毛のことを「ムク毛」と言います。しかし、長毛の秋田は正式には秋田犬として認められていません。そのことから長毛の秋田は短毛よりも安く販売されています。でもモフモフでとってもかわいいですね! テレビで人気になった「わさお」もムク毛の秋田犬なんです。

秋田犬の飼い方

しつけ

秋田犬は成犬になると大きくなり、力もとても強くなります。しつけができていない秋田犬ですと、いざという時に飼い主さんが愛犬を抑えることができず、トラブルの原因になる可能性があります。トレーナーに習い、愛犬に必要なしつけや訓練をしていくことがとても重要です。吠え噛み癖はもちろんですが、飛びつきも癖にしたくない行動の一つです。

秋田犬のしつけ方について、ドッグトレーナーの西岡先生に解説していただきましたので、関連記事もぜひ参考にしてみてください。


お手入れ

トリミングをする必要はない犬種ですが、日頃からのブラッシンググルーミングは皮膚トラブルを防ぐため大切です。

秋田犬がかかりやすい病気

困り顔の秋田犬

秋田犬は 臍部(さいぶ)に認められる臍帯輪(さいたいりん)が開いたままの状態の「臍ヘルニア」、先天的に股関節に異常がみられる「股関節形成不全」、光を感じる網膜が正常に働かなくなる「進行性網膜萎縮」、瞼が内側にめくれ角膜に刺激を与え炎症が起きる「眼瞼内反症」(逆さまつ毛)、代謝を活発にするためのホルモンが減少してしまう「甲状腺機能低下症」といった病気にかかりやすく注意が必要です。また秋田犬は、柴犬とともに玉ねぎ中毒を起こしやすい犬種としても知られています。

有名な秋田犬

ブサカワ犬「わさお」



「ブサカワ犬」としてネットやテレビで人気となり、本も出版された「わさお」。わさおはムク毛の秋田犬です。公式インスタグラム「@wasao_official」も人気です。

プーチン大統領の愛犬「ゆめ」

2012年に東日本大震災の復興支援への返礼としてプーチン大統領に贈呈された秋田犬。日本メディアのインタビューに「ゆめ」を連れて登場し、「ゆめ」との信頼関係が見て取れた会見だったそうです。

秋田犬を迎えるには?

秋田犬を迎える方法はいくつかあり、値段もどこから迎えるかによって変わってきます。しつけやたくさんの運動が必要な犬なので、飼育環境のこともしっかりと考えた上で迎えましょう。

価格の相場

迎え方にもよりますが、10〜20万円ほどが相場です。

保護犬から迎える

保護され新しく里親を探している犬は雑種だけでなく、血統書のある犬も多くいます。ペトことの姉妹サイトである保護犬・保護猫マッチングサイト「OMUSUBI」(お結び)も、ぜひ覗いてみてください。

保護犬猫マッチングサイトのOMUSUBI

OMUSUBIで保護犬猫を探す

ブリーダーから迎える

毛色や毛質に種類がある秋田犬では、ブリーダーからの方が好みの秋田犬が探せるといった特徴があります。

ペットショップから迎える

秋田犬がペットショップ売られていることは少ないです。事前にお問い合わせをしましょう。

秋田犬を家族に

秋田犬は、飼い主に対してとても忠実で、つぶらな瞳が魅力的な犬種です。ただ、成犬になると大きく、力もとても強くなるので、きちんとしつけをしておく必要がありますし、必要な運動量も多いです。ぜひそういった秋田犬の特性を知った上で、秋田犬を家族に迎えることを検討してみてくださいね。


第2稿:2017年5月30日 公開 初稿:2015年11月1日 公開
Share!