日本スピッツの飼い方|きれいな被毛は抜けやすい? 性格やしつけ方

日本スピッツは純白の豊かな被毛が特徴的な犬種です。一時は乱繁殖により吠えや噛みつきなどの良くないイメージが強くありましたが、適切なブリーディングが行われたことで、飼い主に従順で陽気な本来の性格が復活しました。海外でも人気のある犬種で、日本でも再び人気が出ています。そんな日本スピッツの歴史や性格、しつけ方について紹介します。

基礎知識

スピッツ犬種と呼ばれるグループのスピッツとは「尖った」という意味で、尖った立耳や尖った口吻を持つ犬種のことをいいます。吠え声が火が付いたようなことから、ロシア語で「火」を意味する「スピッチ」が語源とする説もあります。

また、日本のロックバンドである「スピッツ」の名前の由来はドイツ語の「尖っている」という、犬と同じ意味からつけられたとされています。

歴史

日本スピッツはその名の通り日本原産の犬種です。サモエドによく似ていますが、1920年頃にシベリアを経由して日本に来た大型の白いジャーマンスピッツが祖先だといわれています。日本で改良され、1921年頃に東京で開催された展覧会で初めて出陳されました。その後さらに改良繁殖され1948年、血統書団体であるジャパンケンネルクラブで登録されました。

スピッツタイプとは?

スピッツ犬種と呼ばれるグループのスピッツとは「尖った」という意味で、尖った立耳や尖った口吻を持つ犬種のことをいいます。

日本で知られる代表的なスピッツタイプの犬種を紹介します。

  • 日本スピッツ
  • 日本ではスピッツと言えば一番最初に連想される犬種だと思います。日本原産の犬種で、もともとはシベリアを経由して日本に入ってきたドイツ原産の大型の白いスピッツだとれています。

  • サモエド
  • シベリア地方のサモエド族が連れていた犬種で、トナカイの猟や群れの管理をしていました。

  • ジャーマンスピッツ
  • 中世ヨーロッパ最古の犬種で、石器時代の泥炭犬の子孫だと考えられています。大きさごとに、グロース、ミッテル、クライン、トイと名前があります。

  • ポメラニアン
  • 小型犬で人気のあるポメラニアンも、サモエドなどの北方スピッツが祖先の犬種だといわれています。

  • キースホンド
  • 別名ウルフスピッツとも呼ばれています。ドイツからオランダへと渡りオランダで改良された犬種で、オランダの政党「愛国党」のシンボルにもなっています。

  • シベリアンハスキー
  • そり犬やオオカミに似ている犬として知られています。サモエドやアラスカンマラミュートとも近縁の犬種です。

大きさや寿命

体重は5~6キログラムほどで、体高は30~38センチメートルほどです。寿命は12~14年前後といわれています。

性格や特徴

陽気な性格で遊び好きです。利口で感覚が鋭いです。外見は純白の毛並みが特徴的です。スピッツだけあって、ピンと立った耳と尖ったマズルをしています。尻尾は巻き尾で尻尾の長い毛もふわふわを際立たせています。

毛色

毛色は純白のみ。

嬉しそうな日本スピッツ
Photo by kotanyumi Thanks!

日本スピッツの飼い方

暑さに弱い犬種で夏場の温度管理は必須です。寒さに強い犬種ですが、冬場に人が寒くて暖房を付けるとワンちゃんには暑すぎるということもありますので気を付けましょう。散歩は1日に2回、30分程度ずつ行うといいでしょう。

しつけのやり方

利口な犬種ではありますが、人見知りをする傾向にあります。また、吠えやすい犬種でもありますので、子犬の頃からチャイムの音に慣らすなどさまざまな環境を経験させてあげることが大切です。

手入れ

純白のきれいな毛は汚れが目立ちやすく、ほおっておくと黄ばんできてしまいます。定期的なシャンプーや汚れてしまった時は、濡れたタオルで拭くなどしてあげる必要があります。ダブルコートの被毛をしていますので、定期的なブラッシングをしてあげましょう。季節の変わり目には毎日のブラッシングが欠かせません。

スピッツがかかりやすい病気

皮膚疾患になりやすいです。脱毛がないか、赤みや湿疹がないかなど、毎日のコミュニケーションの中で、チェックしてあげましょう。汚れがたまらないように、こまめなブラッシングや定期的なシャンプーなどをも必要です。

スピッツをもっと知る

スピッツのことをもっと知りたい人のために、オススメの動画やブログを紹介します。

かわいい動画

子犬の寝顔とってもかわいいですね!

おやつが欲しくてたまらない姿がとってもかわいいです!

人気のブログ

日本スピッツなな&モモ&るる☆spitz2
2017_1002_supitu_na_001

スピッツ3匹の成長ブログです。それぞれのブログもありますので性格などもわかると思います!

台風一家 ヴィヴィアルファミリ-の大冒険
2017_1002_supitu_

スピッツ6匹の大家族ブログです! 大家族ならではの大変さや楽しさなどが伝わると思います! 

スピッツを飼うということ

一度家族に迎えたら、子犬から老犬になっても大切に、命に責任を持ちましょう。白髪だって生えるし、病気もするかもしれません。お金がかかるのは家族に迎える時だけではないということをもう一度よく考えましょう。

価格/値段

一般的な価格の相場は10~20万円ほどですがどこから迎えるか、血統によっても値段が変わってきます。

保護犬の里親になる

保護され新しく里親を探している犬は雑種だけでなく、血統書のある犬も多くいます。しかしその多くは成犬であり、子犬が欲しい場合は見つけるのが難しいです。保護犬を引き取る場合、保健所からと保護犬を譲渡している団体から引き取る場合があります。

ブリーダーやペットショップからの購入を考える前に一度覗いてみてはいかがでしょうか。保護犬の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)も、ぜひ覗いてみてください。

ブリーダーから迎える

ブリーダーからの場合、子犬の飼育環境や親犬に会わせてもらえるかなど、実際に行ってみて確認することが大切です。血統だけでなく、性別やある程度の子犬の性格などもわかるので好みの子犬を選ぶことができます。

ペットショップから迎える

ペットショップでも見かけることの多い犬種です。しかし、地域やお店によってはいないこともありますので事前に確認してみることをオススメします。

家族の一員

ペットも家族の一員という考えが一般的になってきました。「かわいい家族」だけではなく、しっかりと犬種の気質や個体の性格などを理解して、家族に迎えてあげましょう。

OMUSUBIなら子犬からシニア犬まで探せます!

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」

保護犬保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護犬の里親さんを募集しています。生後数カ月からシニア犬まで、幅広い犬種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。

<飼い主さんの声を募集中>
「日本スピッツってこんな犬種って言われてるけどうちの子は違う!」「こんなところに困った!」「ここが日本スピッツの魅力です!」など、日本スピッツを飼っていた、飼っている飼い主さんの声を募集しています! ツイッターやインスタグラムで「#ペトこと日本スピッツ部 」でシェアいただくか、ペトことの問い合わせ窓口からご連絡ください! 皆さまの声を掲載し発信していく予定です!

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10