ブルドッグの飼い方|実は優しい性格? しつけや毛色についてなど

ブルドッグはもともと攻撃的な犬種でしたが、改良されとても飼いやすい犬種になりました。愛嬌のある顔にかわいらしい後姿、時折甘えてくる行動にメロメロな人も多いはず! 怖いイメージを持たれるブルドッグですが、実は愛情深い性格の犬種なんです。そんなブルドッグの歴史やパグとの違い、かかりやすい病気など紹介します。 

基礎知識

ブルドッグ(Bulldog)は別名「イングリッシュブルドッグ」と呼ばれています。名前の由来は、雄牛(Bull)と戦わせる犬として付きました。イギリス原産の犬種ですが、米国海兵隊の公式マスコットで米国内の39の大学のマスコットでもあります。

歴史

ブルドッグはイギリス原産の犬種です。最も古い犬種の一つでもあり、イギリスの国犬としても知られています。もともと、娯楽スポーツとして雄牛と戦わせる競技「ブルベイディング」で戦わせられていました。そのため、ブルドッグは痛みに強く獰猛であることが求められていました。しかし、1835年にイギリスで動物愛護法が設立され、ブルベイディングは禁止されました。以降、ブルドッグは必要とされなくなり、絶滅寸前でした。しかし、一部の愛犬家たちによって保存活動が行われ、それまで求められてきた気質や性質は必要なくなったため、外見はそのままに獰猛さは薄れ、愛情深く優しい性格へと改良されました。

大きさや寿命

体重は23~25キログラムほどで、体高は31~40センチメートルほどです。寿命は9年前後といわれています。

ブルドッグカクテルとの関係性

ブルドッグカクテルとは、ソルティドッグカクテルの塩がついてないカクテルのことをいいます。なぜブルドッグの名前が付いたかと言うと、ブルドッグは尻尾のない犬としてテールレスドッグとも呼ばれていたことから、「塩のない」という意味で付けられたといわれています。

性格や特徴

判断力がありとても勇敢です。忠誠心のある犬種で、愛情深く優しい性格をしています。体に対して大きな頭をしていて、鼻は短めで上を向いています。コンパクトな体ですが、四肢はしっかりとしていて筋肉質で、力強いです。

毛色

主な毛色は、単色のブリンドル、レッド、フォーンや、単色にホワイトが混ざっている毛色もあります。

ブリンドル

レッド

寝ようとしているブルドッグ

Photo by kinaco07さん Thanks!

フォーン

ブルドッグとパグの違い

鼻ぺちゃな顔と筋肉質な体が似た雰囲気ですが、よく見ると大きさも顔つきも違いますし、原産国も違います。ブルドックはイギリス原産で、体重体重23~25キログラム・体高31~40センチメートルと中型犬の分類ですが、パグは中国原産で、体重6~8キログラム・体高25~28メートルと小型犬の分類になります。ブルドッグは大きな頭と四角いマズル、鼻はやや上を向いているのに対して、パグは丸みのある頭と大きな瞳、つぶれた鼻をしています。

ブルドッグの飼い方

ブルドッグは、マズルの短い短頭種に分類されています。そのため他の犬種に比べて、気道が短く呼吸がしにくい構造となっています。犬はもともと、体温調節をパンティング(浅くハッハッと呼吸をすること)でしかできないため暑さが苦手です。特に短頭種は、体温調節が苦手な犬種ですので飼育環境の温度や湿度には特に気を付けてあげましょう。また、散歩も1回に長時間するのではなく、数回に分けた散歩にしてあげるなど、様子を見ながら工夫しましょう。

しつけのやり方

力のある犬種ですので、散歩中の引っ張りは犬にとっても、飼い主さんにとっても負担になります。引っ張らないように子犬の頃から練習しましょう。リードにたるみができるように、犬が飼い主の横について歩く練習をすることで、コミュニケーションも取りやすくなります。また、「マテ」や「オイデ」などの基本的なしつけも、とても大切です。しっかりと子犬の頃から覚えさせましょう。

手入れ

たるんだ皮膚には汚れが溜まりやすく、炎症が起こりやすくなります。定期的にタオルで拭いて清潔にしてあげましょう。

ブルドッグがかかりやすい病気

ブルドッグは「皮膚炎」や、先天性の病気である「肺動脈狭窄症」、マズルの短い犬種に見られる「短頭種気道症候群」、「チェリーアイ」などに気を付けましょう。

ブルドッグをもっと知る

もっとブルドッグについて知りたい人のために、オススメの動画やブログを紹介します!

かわいい動画


スケボーが得意なバズーカくんがすごいんです! しっかり重心移動して曲がっています!


ブルドッグの子犬がかわいすぎます! ころんとした子犬でも足は太くてしっかりしています。

人気のブログ

ILOVEブルドッグ

ブルドッグのブログ

暑い夏をどのように乗り越えているのかなど、参考にしてみてください!

イングリッシュブルドッグ でんすけ君のワイルド系ネタブログ

イングリッシュブルドッグ でんすけ君のワイルド系ネタブログ
お出かけや旅行の様子など、写真だけでなく動画でも見ることができます!

ブルドッグを飼うということ

一度家族に迎えたら、子犬から老犬になっても大切に、命に責任を持ちましょう。白髪だって生えるし、病気もするかもしれません。お金がかかるのは家族に迎える時だけではないということをもう一度よく考えましょう。

価格/値段

一般的な価格の相場は30~50万円ほどですがどこから迎えるか、血統や毛色によっても値段が変わってきます。

保護犬の里親になる

保護され新しく里親を探している犬は雑種だけでなく、血統書のある犬も多くいます。しかしその多くは成犬であり、子犬が欲しい場合は見つけるのが難しいです。保護犬を引き取る場合、保健所からと保護犬を譲渡している団体から引き取る場合があります。

ブリーダーやペットショップからの購入を考える前に一度覗いてみてはいかがでしょうか。保護犬の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)も、ぜひ覗いてみてください。

ブリーダーから迎える

ブリーダーから迎える場合、飼育環境や親犬に会わせてもらえるかなど、実際に行ってみて確認することが大切です。血統だけでなく、性別や毛色ある程度の子犬の性格など好みの子犬を選ぶことができるのがポイントです。

ペットショップから迎える

ペットショップでもあまり見かけない犬種です。地域やショップによっていないことありますので、確認してみましょう。基本的には生後2~3カ月ごろの販売が多く、4カ月を過ぎてくると値段がだんだんと下がってくることがほとんどです。

ブルドッグとの生活

愛嬌たっぷりの顔と、時折みせる甘えた行動にすっかり虜になってしまった人も多いのではないでしょうか。他の犬種と比べて気温など、気を付けてあげることがありますが、きっと笑いの絶えない毎日になるでしょう。

飼い主さんの声を募集中!!

「ブルドッグってこんな犬種って言われてるけどうちの子は違う!」「こんなところに困った!」「ここがブルドッグの魅力です!」など、ブルドッグを飼っていた、飼っている飼い主さんの声を募集しています! ツイッターやインスタグラムで「#ペトことブルドッグ部 」でシェアいただくか、ペトことの問い合わせ窓口からご連絡ください! 皆さまの声を掲載し発信していく予定です!

OMUSUBIなら子犬からシニア犬まで探せます!

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護犬の里親さんを募集しています。生後数カ月からシニア犬まで、幅広い犬種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10