パグはどんな性格?パグのしつけ方や迎え方などをドッグトレーナーが解説

パグはどんな性格?パグのしつけ方や迎え方などをドッグトレーナーが解説

Share!

しわしわで鼻が短い顔、大きな瞳にずんぐりとした体形がかわいらしい犬種のパグ。今回は、人気犬種ランキングでも上位のパグの基礎知識から性格、迎える方法などをドッグトレーナーの長根が紹介します。

パグの基礎知識

おすわりする黒パグ

英語表記 PUG
原産国 中国
サイズ 小型犬
体高 約25〜31cm
理想体重 6.3〜8.1kg
寿命 12〜15歳

パグの歴史

パグの原産は中国ですが、長い間オランダ原産と考えられていました。オランダの東インド会社の商人と共に、ヨーロッパに入ってきたことがその理由とされています。

しかし、もともと短頭犬を好んでいた中国が原産と考えられ、現在では、紀元前400年頃には仏教寺院で飼われていたという記録もあるそうです。

ちなみにパグの名前の由来は、その頭の形からきているといわれ、ラテン語で「握りこぶし」という意味の「パグナス」だとされています。


パグの毛色の種類

毛色は「フォーン」や「ブラック」が主流で、他に「アプリコット」「シルバー」などがあります。

フォーン

フォーンのパグ

フォーンとは、金色がかった色で、わずかに黒の差し毛の混ざった毛色のことを指します。

ブラック(黒)

黒いパグ

全身が黒色の毛色で、通称「黒パグ」と呼ばれています。

アプリコット

パグ

アプリコットはフォーンの毛色に赤みが入った毛色のことをいいます。日本国内ではなかなか見かけない毛色です。

パグの性格・特徴

おもちゃで遊ぶパグ

パグの性格は、大胆で愛嬌があり、活発です。

引き締まった体に柔らかい毛質、しわのある顔に、短い鼻が特徴的です。垂れた耳は「ボタンイヤー」と呼ばれ、下部は直立し、上部が頭蓋の前方に折れて垂れる耳をしています。

肥満になりやすい犬種のため、ごはんやおやつの与え過ぎ、運動不足などには注意が必要です。

パグがかかりやすい病気

見上げるパグ

肥満細胞腫

皮膚や皮下にできる悪性腫瘍のひとつです。体の中の肥満細胞が腫瘍化し、増殖していく疾患です。

場合によっては、他の臓器に転移する可能性も。高齢になると発症しやすくなり、特にパグは他の犬種に比べて約2倍も発症リスクが高いといわれています。


乾性角結膜炎(ドライアイ)

白目が赤くなったり、ネバネバした目やにが出るのが特徴の眼疾患です。目をショボショボさせたり、こする様子が見られたら要注意です。

パグの場合、先天性の乾性角結膜炎である可能性もあります。


パグ脳炎(壊死性髄膜脳炎)

痙攣発作が起こることで、気づかれることの多い脳の病気です。

発症すると「痙攣」「旋回」「斜頸」などといったさまざまな神経症状が見られます。いまだに原因が不明で、治療法も確立しておらず、多くは死に至る恐ろしい病気です。

熱中症

鼻が短い短頭種であるパグは、他の犬種と比べ呼吸がしにくく、暑さに弱い犬種です。その暑さへの耐性の無さから、航空会社も飛行機に搭乗させることをNGにするほど。

ハアハアとパンティングをしていれば、室温調整や除湿などをこまめに行う必要があります


パグのしつけ

外を散歩するパグ

体は小さいですが、とても力のある犬種のため、散歩時の引っ張りは子犬の頃からのしつけていましょう。

また、興奮しやすい犬種のため、万が一のときも対処できるように「呼び戻し」や「飛びつき」のしつけが大切です。


引っ張り

犬がグイグイ引っ張ることで、犬にも「咳き込み」や「首への負担」「呼吸困難」といった危険が伴います。

引っ張り癖のある犬は、これまでの経験から「引っ張れば、飼い主さんは付いてきてくれる」と思っているため、上手な散歩の練習をして、そう思わせないようにしましょう。

詳細は関連記事をご覧ください。


呼び戻し

呼び戻しとは、いわゆる「おいで」のことを指します。「来い」や「カム」でも良いのですが、コマンドは統一して使うようにしましょう。

最初は家の中の落ち着いた環境で始めましょう。比較的近くにいる時に「おいで」のコマンドをかけて、少しでも近くに来たら毎回必ずしっかり褒めてあげます。

少しずつ難易度を上げ、成功体験を重ねていくことで、呼び戻しをマスターしましょう。


飛びつき

犬によって飛びつく理由はさまざまなため「これをやればOK」ということはありませんが、基本として「おすわり」「伏せ」「待て」「ハウス」ができていることが望ましいです。

愛犬が飛びついてきた際、どのコマンドでもいいので、指示を出せば「飛びつきは防げる」ようにしつけをしておきましょう。


パグのお手入れ・ケア

おすわりするパグ

ブラッシング

パグは短毛ですが、とても毛の抜けやすい犬種です。そのため、こまめにブラッシングをしてあげましょう。


シャンプー

パグのシャンプーは月に1回が目安です。パグは皮膚が強くないため、頻繁にシャンプーをすると皮膚を傷める恐れがあります。

また、シャンプーしたら、シワに洗浄成分が残らないよう、しっかり洗い流しましょう。シワに洗浄成分が残ると、それが原因で皮膚が炎症を起こす場合があります。


その他ケア

顔のシワや垂れた耳も汚れがたまりやすいため、濡れたタオルなどで拭いてあげるといいでしょう。

パグを迎える方法

パグの子犬

一度家族に迎えたら、子犬から老犬になっても大切に、命に責任を持ちましょう。

白髪も生えれば、病気にもかかるかもしれません。お金がかかるのは家族に迎える時だけではないことを踏まえ、もう一度考えた上で迎えることを検討してください。

保護犬から迎える

保護犬猫マッチングサイトのOMUSUBI

保護され、里親を探している犬は雑種だけでなく、血統書のある犬も多くいます。

ペトコトの姉妹サイトである保護犬・保護猫マッチングサイト「OMUSUBI(お結び)」も、ぜひ覗いてみてください。

OMUSUBIで保護犬猫を探す


ブリーダーから迎える

ブリーダーからでは、自分の好きな毛質や毛色の子犬を見つけやすく、子犬の親犬も見ることができるのもブリーダーならではです。

パグは産道よりも頭の大きいため、難産になりやすく、多くは帝王切開での出産になります。繁殖方法はブリーダーによって異なるため「どのように繁殖させているのか」というのも大切な要素です。

ペットショップから迎える

ペットショップでは生後2~3カ月ごろの販売が多く、4カ月を過ぎてくると値段がだんだんと下がってくることがほとんどです。

月齢やペットショップによって大きく異なりますが、一般的な価格の相場は10~30万円ほどです。

8月9日はパグの日!

ほっかむりをしたパグ
yui____kさん、Thanks!!

「8(パ)月 9(グ)日」という語呂合わせから、8月9日は「パグの日」と、パグ愛好家の小林健介氏により制定されました。

パグの日になると、ほっかむりをしたパグたちをSNS上で多く見かけることができます。これは、パグのユーモア溢れる姿を発信することで、世界中に平和と幸せを、パグの健康と平和を願う目的から始まったそうです。

ぜひパグの飼い主さんは参加してみてはいかがでしょうか?

まとめ

楽しそうな女性とパグ

パグの理想の体重は6.3〜8.1kg、平均寿命は12〜15歳です
パグは愛嬌があり、活発な性格をしています
肥満になりやすい犬種のため、ごはんやおやつの与え過ぎ、運動不足には注意が必要です

クシャっとつぶれた顔、大きなつぶらな瞳で愛嬌たっぷりのパグに惹かれる方も多いでしょう。

犬種の特性をちゃんと理解した上で、パグとの生活を楽しんでください。