バセンジーはどんな性格?寿命や歴史、飼育方法などを解説

バセンジーはどんな性格?寿命や歴史、飼育方法などを解説

Share!

「吠えない犬」として有名なバセンジー。あまりメジャーな犬種ではないことと、それぞれの部位が日本で人気の犬種に少しずつ似ていることから、雑種と間違われることも多いようです。柴犬よりも古い犬種ともいわれていますが、その歴史はどのようなものなのでしょうか?今回はバセンジーについて、性格や飼育方法などを解説します。

バセンジーの歴史と基礎知識

バセンジーのレッドとブラックタン

英語表記 BASENJI
原産国 中央アフリカ
サイズ 中型犬
体高 38〜45cm
体重 9〜12kg
寿命 12~16歳

バセンジーの歴史

バセンジーは、中央アフリカ原産の古代犬種です。バセンジーの名前は、アフリカを生活拠点にするピグミー族の言語で「茂みの野生小動物」を意味する言葉が由来とされています。

紀元前から存在するバセンジーは、現存する犬のなかでも最も古い犬種の一つです。

古代エジプトにはすでに存在していたとされ、ファラオに献上されたという記録や、遺跡に描かれたバセンジーだと思われる美術品などがその事実を裏付けています。

長い歴史を持つバセンジーですが、世界に知られるようになったのは19世紀に入ってからです。1895年にイギリスの探検家により、コンゴで発見されたことを機に認知度が高まりましたが、それまでは原産国以外では知られていない犬種でした。

バセンジーの大きさと寿命

体高は約38〜45cm、体重は約9〜12kgです。

一般的には中型犬と表記されることが多いですが、小型犬に属する場合もあるようです。寿命は12〜16歳ほどで、中型犬としては平均的な数字です。


バセンジーの毛色

毛色はホワイトにもう一色、レッド、ブラック、ブラックタン、そしてブリンドルのいずれかが組み合わさった2〜3色です。

顔にもマズルにも、白い柄があることも多いです。

レッド

バセンジーのレッド
Photo by bsj_mty11 Thanks!

ブラック

バセンジーのブラック
Photo by wansloveさん Thanks!

バセンジーの性格と特徴

性格

賢く自立した性格なので、あまり人間とべったりと行動するタイプではありませんが、飼い主に対しては大きな愛情を表します。

鳴き声

バセンジーは吠えないといわれていますが、高い笑い声とヨーデルの特徴を足したような特徴的な声を出すことがあります。

被毛

バセンジーの被毛はシングルコートで、全体的につるりとした短毛です。暑い地域で生まれた犬種なので、冬の寒さには対応していません。

バセンジーの育て方

バセンジーのブリンドル
Photo by hisanomiyazakiさん Thanks!

バセンジーはきれい好きなので、家の中で排泄を我慢してしまいがちです。訓練していれば別ですが、そうでもない限りは1日に2〜3回は外に出してあげられると理想的です。

運動が好きな犬種でもあるので、散歩は各回30分以上行く必要があります。

独立心の強い犬種なので、散歩などで多くのお友達を作ろうとしても少しハードルが高いと感じるかもしれません。その際は無理強いせずに、犬のペースに合わせてあげてくださいね。

また、寒さに弱いので防寒対策は必須です。暖房や服で調整してあげましょう。

バセンジーのしつけ方

飼い主に対する忠誠心よりは独立心が強いため、何かを強いられることが好きではありません。

吠えないので飼いやすいと思われがちですが、バセンジーのしつけには根気が必要です。

犬の身の安全のためにもしつけは大切なので、バセンジーのペースに飲み込まれないようにしながら、信頼関係をしっかりと築きましょう。


バセンジーのお手入れケア

原産地であるアフリカの暑さに備えた被毛を持ちます。寒さには弱いので、秋冬は空調や服で温度調節をしてあげてください。



バセンジーのかかりやすい病気

寒い日はお腹を冷やすことがあります。下痢などの症状に繋がりますので、温度管理には注意しましょう。

また、遺伝的に鼠径ヘルニア、臍ヘルニア、そしてファンコーニ症候群という疾患にかかりやすいといわれています。

ファンコーニ症候群は他の犬種では発症例が少なく珍しい病気ですが、症状が重いと腎不全になり、命を失うこともあります。定期的に検査をすることで、早期発見につながります。

バセンジーに似た犬種

大きな立ち耳が特徴的なイビザンハウンド
イビザン・ハウンド

スペインのバレアレス諸島原産のイビザン・ハウンドは、大きな立ち耳と被毛がバセンジーとよく似ています。

イビサ島などがあるバレアレス諸島の夏はとても暑いので、バセンジー同様に暑さに対し高い耐久性を持っています。

大きさは体高70cmほどの大型犬のため、全体的にバセンジーよりも大きいです。

バセンジーの迎え方

一度家族に迎えたら、子犬から老犬になっても大切に、命に責任を持ちましょう。

白髪も生えれば、病気にもかかるかもしれません。お金がかかるのは家族に迎える時だけではないことを踏まえ、もう一度考えた上で迎えることを検討してください。

保護犬から迎える

保護犬猫マッチングサイトのOMUSUBI

保護され、里親を探している犬は雑種だけでなく、血統書のある犬も多くいます。

ペトコトの姉妹サイトである保護犬・保護猫マッチングサイト「OMUSUBI(お結び)」も、ぜひ覗いてみてください。

OMUSUBIで保護犬猫を探す


ブリーダーから迎える

バセンジーの迎え方でもっとも一般的な方法です。好きな毛色や、血統など気にするのであれば信頼できるブリーダーから迎えましょう。

実際に見学に行き、どんな環境で飼育されているのかを確認することも必要ですが、飼う上でのアドバイスも直接聞くことができます。

ペットショップから迎える

バセンジーはペットショップで売られていることもありますが、出会える確率は低いです。事前にペットショップに確認しましょう。

月齢やペットショップによって大きく異なりますが、一般的な価格の相場は15~30万円ほどです。

バセンジーは貴重な古代犬種

バセンジーは、とても古くから人間と暮らす古代種です。

エジプトの壁画にもバセンジーが描かれているのは、まるで人間と辿ってきた長い歴史を象徴しているかのようですね。

これだけ長い間絶滅せずに人間と一緒に過ごしてきたバセンジーなので、これからもずっと人間のパートナーとして隣にいてくれることでしょう。


参考文献