シャーペイの飼い方|性格は意外と頑固者? 子犬の頃からきちんとしつけよう

シャーペイは、シワシワなお顔がまさに犬界の「ブサカワ」な犬種です。そんなシャーペイですが、子犬の頃からシワシワなのでしょうか? また成犬になったシャーペイの性格やお手入れの仕方、人気のシャーペイを紹介します。

シャーペイの歴史と基礎知識

シャーペイはチャイニーズシャーペイと呼ばれることもあり、その名のとおり中国生まれのとても古い犬種で、2000年以上前の漢王朝期にあった古代中国の資料にも登場します。当時は百姓の家に多く飼われていて、狩猟犬、牧羊犬として、また家畜を泥棒や他の動物から守る番犬として重宝されていたようです。1949年に中華人民共和国が建国されると中国では犬を飼うこと自体が禁止されてしまいますが、その間も香港や台湾で繁殖されていました。

見た目の特徴はカバのようなマズル、小さな目、三角の小さな耳で、シワシワのボディはサンドペーパーのような毛並みを持っています。実際、シャーペイを直訳すると「砂の肌」という意味なんだとか。

大きさと寿命

シャーペイ軍団

体高は44〜51センチメートルほどで、体重は20〜27キログラムです。寿命は8〜12年ほどといわれています。

シャーペイに似ている犬種と違い

シワシワのボディとつぶらな目を持つという点では、同じく漢王朝期の中国で生まれたとされるチャウチャウと似ています。見た目の大きな特徴である青黒い舌も共通しており、アメリカンケネルクラブが認める犬種の中ではシャーペイとチャウチャウが唯一の「青舌犬」とされています。

シャーペイの性格

シャーペイの性格は、忠実で、独立心が強く、穏やか。家族への愛情がとても深い犬種です。普段はとてもおとなしい犬ですが、他人や他の犬に対しての警戒心が強いのも特徴で、アメリカンケネルクラブでは「魅力的だが飼うのが難しい犬種」としています。

シャーペイの被毛について

シャーペイと空

他の犬種とは全く違うシャーペイの特徴のひとつに被毛があります。

被毛のタイプ

シャーペイの毛は一言で言うと剛毛。毛の艶は愛犬の健康のバロメーターと言いますが、シャーペイは硬い被毛を持つ犬種なので、言ってみれば手触りが悪いのが健康の証です。毛の長さは馬のように短いか、少し長くても2.5センチメートルほどです。被毛のタイプは馬のように短い「ホースコート」、それより少し長めの2.5センチメートルほどの長さの「ブラッシュコート」があります。「ベアーコート」と呼ばれる、ブラッシュコートより長めの被毛を持つシャーペイもいますが、アメリカンケネルクラブでは正式な被毛タイプとしては認められていません。

毛色

いろいろな毛色を持つシャーペイがいますが、ホワイトの毛色は存在しません。ブラック、クリーム、レッドなどのソリッド(単色)カラーが基本で、最近では「ライラック」と呼ばれる淡いグレーの毛を持つ子犬が人気です。

ブラック

シャーペイの子犬

ブラウン

シャーペイの子犬

ライラック

シャーペイの子犬

Photo credit: lucythesharpeioflondon Thanks!

シャーペイの飼い方

家族への深い愛情で知られるシャーペイですが、番犬として家畜を守ってきた歴史のある彼らは、きちんとしつけないと他人に対して攻撃的になってしまうことがあります。

しつけ方

シャーペイほっかむり

とても賢いシャーペイたちには、頑固な一面もあります。ですから、しつけの難易度も他の犬種と比べて少し高めです。他人や他の犬への警戒心を持つ前に、子犬の頃からたくさんの犬や人と触れ合わせることが推奨されています。また、子犬のためのしつけ教室などに積極的に参加することも効果的です。しつけの際には、根気強くじっくり教えてあげましょう。

ケア

シャーペイには、頻繁にブラッシングをする必要がありません。お風呂も一ヶ月に一回ほどでよいでしょう。耳に問題を抱えやすいので、耳のケアは週に一度ほど、できれば子犬のうちから習慣にするのがお勧めです。

シャーペイのかかりやすい病気

シャーペイは、目に疾患を抱えやすいと言われています。緑内障、網膜異形成症、突発性後天性網膜変性症候群、まぶたが内側に巻き込まれてしまう眼瞼内反症には特に注意が必要です。他にも呼吸器系、循環器系、筋骨格への疾患もシャーペイに多い病気として考えられます。

シャーペイ情報のスペシャリストであるアメリカのシャーペイクラブは、目、腰、肘、膝蓋骨、甲状腺のチェックをマメにすることを推奨しています。

シャーペイの大人気SNSを紹介

日本ではなかなか見かけないシワシワボディのシャーペイですが、海外にはとっても有名なシャーペイがいるようです。

シャーペイ界の大スターPaddington(パディントン)

シャーペイ界を代表する大人気スターがこちら、パディントン。猫のButler(バトラー)と暮らしています。



シャーペイ独特のおっとりした性格と、なにより素敵な写真のセンスに全世界のわんこファンがメロメロなんです。





パディントンとバトラーのインスタグラムアカウントはこちら。カレンダーなども販売しているので、 チェックしてみてくださいね。

迎え方と初期費用

全国のブリーダーの子犬販売情報を掲載するドッグフィールドによると、シャーペイの相場はおよそ30〜40万円。珍しい犬種なので、探すのにも少し苦労しそうな印象です。初期費用としては、ケージやリード・カラー(首輪)にかかるお金、それとワクチン代が必要になります。耳掃除用のグッズを早めに用意しておくと、子犬の頃から耳掃除に慣れてもらうことができますね。また、お迎えする前から子犬のしつけ教室などをチェックしておくこともお勧めです。早いうちからしつけを始めれば、警戒心の強いシャーペイを社交的な性格に育てることも可能です。

ペットショップから迎える

あまりメジャーな犬種ではないので、ペットショップで探す場合には事前にシャーペイがいるか確認してから出向くことをお勧めします。

ブリーダーから迎える

特に珍しい犬種のシャーペイを専門に扱うブリーダーを見つけたら、連絡をしてみることをおすすめします。今現在子犬がいなくても、数ヶ月後に出産を予定している場合があるからです。毛色などの好みを伝えておけば、生まれたときに連絡をしてくれるブリーダーもあるようです。

保護犬を家族に迎える

シャーペイを家族に迎えたい!と思ったら、まずはお近くのペットシェルターや保健所を覗いてみるのもいいかもしれません。保護犬情報を掲載しているウェブサイト「OMUSUBI(お結び)」もチェックしてみてくださいね。

運動は家族と一緒に

シャーペイは、環境適応能力にとても優れた犬種です。運動が好きな家族と一緒に毎日ハイキングに出かけることもできますし、1日数回の短い散歩しかできない都会暮らしにも適応できます。とても頭のよい犬種なので、アジリティに挑戦する、身体を使った芸を覚えさせるなど、頭と身体を両方使えるエクササイズを考えてあげるといいかもしれません。

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI(お結び)」では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護犬の里親さんを募集しています。生後数カ月からシニア犬まで、幅広い犬種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。


Share!