ローデシアンリッジバックの飼い方|ライオンを狩っていたアクティブな大型犬

Share!

背中に特徴のある大型犬、ローデシアンリッジバックをご存じですか? ライオン狩りをしていたといわれる犬種で、とても自立心が強い犬であるといわれています。別名「ライオンドッグ」とも呼ばれるローデシアンリッジバックのしつけの方法、ケアの仕方などを見てみましょう。

ローデシアンリッジバックの歴史と基礎知識

ローデシアンリッジバックインスタグラム
Photo by @ridgeback_zulu さん Thanks!

英語表記 Rhodesian Ridgeback
原産地 アフリカ南部
サイズ 大型
体高 オス:63~69cm
メス:61~66cm
体重 オス:約36.5kg
メス:約32kg
寿命 約10〜12年

ローデシアンリッジバックは、アフリカ南部生まれの犬種です。英語では「Rhodesian Ridgeback」と表記します。ローデシアンリッジバックの大きな特徴は、背中に一直線に生えたridge(隆起線、山の背)のような逆毛です。

ローデシアンリッジバックは、ヨーロッパから輸入されたグレイハウンドやテリア系の犬種などを地元アフリカの犬種と掛け合わせて生まれました。地元の犬と掛け合わせたため、アフリカの害虫や病気などに強い犬種になりました。猟師のパートナーとして、ライオンなどの大きな動物を追う狩猟犬として飼われていたことから、アフリカンライオンハウンド(African Lion Hound)として知られていた時期もあり、今もライオンドッグ(Lion Dog)と呼ばれることがあります。


ローデシアンリッジバックの大きさと寿命

ローデシアンリッジバックの理想体高はオスが63~69cm、メスが61~66cm。理想体重はオスで36.5kg、メスで32kgです。寿命は10〜12年ほどといわれています。


ローデシアンリッジバックに似ている犬種と違い

ローデシアンリッジバックは、タイリッジバックドッグ、ショートヘアードハンガリアンビズラ、ワイマラナーという犬種に似ています。

タイリッジバックドッグ

タイリッジバックドッグ

立ち耳を持つタイリッジバックドッグは、ローデシアンリッジバックに似ているようには見えませんが、背中に逆毛が生えているという共通点があるためローデシアンリッジバックと比較されることの多い犬種です。タイリッジバックドッグの体高は大きいもので61cmと、ローデシアンリッジバックより一回り小さいイメージです。

ショートヘアードハンガリアンビズラ

ローデシアンリッジバック似た犬

ショートヘアードハンガリアンビズラは、体高がオスで58~64cmが54~60cmと、ローデシアンリッジバックと同じかそれより小さい犬種です。見た目はほぼ同じですが、ショートヘアードハンガリアンビズラの背中にはリッジバック(隆起線のような逆毛)がありません。

ワイマラナー

ローデシアンリッジバック似た犬

ワイマラナーも、ローデシアンリッジバックと同じような大きさの犬種です。ショートヘアードハンガリアンビズラと同じように、背中を見るとローデシアンリッジバックとの違いがわかります。

ローデシアンリッジバックの性格

ローデシアンリッジバックは、自立心が強い性格の犬種です。また、ライオン狩りをしていた頃の狩猟本能は、現在のローデシアンリッジバックにも受け継がれているといわれています。

ローデシアンリッジバックの被毛について

ローデシアンリッジバックは、短毛種です。

毛色

ローデシアンリッジバックの毛色は、ウィートンと呼ばれる小麦色です。レッドウィートンと呼ばれるブラウンに近い濃い毛色から、ライトウィートンと呼ばれる薄い毛色までさまざまで、鼻の色も黒いものと茶色いものがいます。

レッドウィートン×ブラウンノーズ

ローデシアンリッジバック鼻茶

レッドウィートン×ブラックノーズ

ローデシアンリッジバック鼻黒

ローデシアンリッジバックの飼い方

ローデシアンリッジバックは、家族に献身的な犬種です。外で飼うのではなく、家の中で家族と一緒に過ごさせてあげましょう。

ローデシアンリッジバックのしつけ方

ローデシアンリッジバック子犬
Photo by @ridgeback_zuluさん Thanks!

ローデシアンリッジバックは、意欲的ですが、独立心が高く、時には支配的な態度を見せることがあります。子犬の頃からの辛抱強いしつけによって、心強い相棒になるでしょう。また、狩猟本能の高いローデシアンリッジバックをノーリードで歩かせるのは危険です。少なくとも子犬の頃は、必ずフェンスなどで囲まれた場所で遊ばせるようにしてください。

ケア

ローデシアンリッジバックは、抜け毛の少ない犬種です。ブラッシングは週に一度ほどでよいとされています。爪は歩くと自然に削れていきますが、ある程度まで伸びてしまったらカットしてあげてください。ローデシアンリッジバックには爪切りではなく、電動爪やすりが推奨されています。


ローデシアンリッジバックのかかりやすい病気

ローデシアンリッジバックは健康な犬種といわれています。しかし、大きな犬ですので、股関節形成不全などの関節の疾患が見られる場合があります。獣医へ定期的に連れていくことが早期発見につながります。

「ライオンドッグ」ローデシアンリッジバックの動く姿

ライオンより早く、ライオンより強い(?)驚異的な身体能力の持ち主、ローデシアンリッジバックの動く姿を動画で見てみましょう。

ローデシアンリッジバックとの“クレイジーライフ”


一緒に眠って、休憩して、お外でひたすら走る……! その名の通りクレイジーでハッピーな一日のようすです。

ローデシアンリッジバック、子犬でもスーパーアクティブ!


生後11ヶ月のローデシアンリッジバック、テックス(Tex)とお父さんの動画です。このくらいしっかりした塀に囲まれたお庭があると安心ですね。釣りが趣味という飼い主さんのYouTubeチャンネルにはテックスの動画がほかにもたくさん! ぜひチェックしてみてくださいね。

ローデシアンリッジバックの迎え方

ローデシアンリッジバックをお迎えするには、ペットショップから迎える方法、ブリーダーから迎える方法、里親として保護犬を家族に迎える方法があります。どの方法にもメリット・デメリットがありますので、よく考えてみてください。

ペットショップから迎える

日本ではなかなか見かけることのないローデシアンリッジバック。大手ペットショップでも扱いのあるお店は少ないと思われます。事前に、ペットショップに問い合わせてみるとよいでしょう。

ブリーダーから迎える

ブリーダーからお迎えする際には、アフターケアも含め、どのようなサービスがあるのかチェックしておくと安心ですね。ローデシアンリッジバックなどの珍しい犬種の場合、長い間専門に扱ってきたブリーダーのほうが獣医よりその犬種に詳しいこともあります。

保護犬を家族に迎える

ローデシアンリッジバックに限らず、犬を家族に迎える際には、まず保護犬を迎えることを考えてみてください。シェルターなどには、保護された犬が今も新しい家族を待っています。

ローデシアンリッジバックと楽しい暮らしを!

その昔ライオンを追っていたというローデシアンリッジバックと一緒に、力強く、暖かい家族を築いてみませんか? 毎日がアクティブで楽しくなりそうです。

OMUSUBIなら子犬からシニア犬まで探せます!


保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI(お結び)」では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護犬の里親さんを募集しています。生後数カ月からシニア犬まで、幅広い犬種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。

参照