犬が吠える理由とは?やめさせるため必要のある吠えのしつけをトレーナーが解説

Share!

犬の吠えは意思表示の一つです。しかし、過剰な要求吠えや無駄吠えをはじめ、人や物音へも吠え、うるさくなると、家族だけでなく、他人へも迷惑をかけてしまいます。そうならないよう、犬が吠える理由をきちんと理解し、しつけを行いましょう。今回は犬の吠えについて、ドッグトレーナーが解説します。

犬にしつけを行う前の心構え

興奮して吠える犬

犬はそもそも「吠える」動物です。私たちの先祖たちは犬の吠えるという行動にメリットを感じ、猟犬や番犬としての役割を与え、共に生活してきました。現在は「家族」として生活を共にするようになり、犬に仕事としての役割を求めることがなくなりました。

吠えることを求められた犬は、現在も吠えるという性質を残しています。そのため、無駄吠えや要求吠えなどは、しつけとして「吠えなくてもいいこと」と教えてあげる必要があります。

そのためには、どのタイミングで吠えるのかを確認し、なぜ愛犬が吠えているのかを考えることが重要です。

犬が吠える理由

警戒している犬

警戒している

きっかけとして最も多いのが「警戒吠え」です。警戒吠えのタイミングは犬によってさまざまで、何に対して恐怖心を抱くかによって異なります。

人が好きな犬は人に対して警戒して吠えることはほとんどありませんが、人が苦手だったり嫌いだったりする犬は、人に対して警戒吠えをします。

来客時に吠える原因も、警戒吠えが1番多いでしょう。知らない人が自分のテリトリー(縄張り)に入って来ようとしていることへの警戒から吠える行動になります。

興奮している

犬同士や飼い主さんと遊んでいる時に吠えるのは、嬉しくて興奮している可能性があります。一方、怒りで興奮して吠えることもあるので、判断を間違えないようにしましょう。

来客時に吠える原因として「警戒吠え」以外にも、人が来ることが嬉しくて期待感から吠える犬もいます。愛犬がどんな様子で吠えているかを、よく観察してみてください。

遠吠え

遠吠えをしない犬もいますが、なかにはオオカミのように仲間とのコミュニケーションとして遠吠えをする犬もいます。

まれに、救急車やパトカーなどのサイレン音に反応して遠吠えする犬がいますが、一説によるとサイレンの音の周波数と遠吠えの周波数が似ているために反応するようです。

要求がある(要求吠え)

犬と人との関係に生まれた吠えで「要求吠え」と呼ばれています。吠えている、もしくは鳴いている理由がわからない飼い主さんが、おやつをあげたりケージから出してあげたりすることで学習する吠えです。

犬は賢い動物のため、飼い主さんの動きや言葉などよく観察し、物事の前後を関連付けて学習しています。

「吠えたらおやつがもらえる」と思えば、おやつが欲しいと吠えるようになり「ケージの中で吠えれば出してもらえる」と思えば、出して欲しいと吠えるようになります。

痛みや病気がある

犬が吠える理由は外的要因だけではありません。体のどこかに痛みがあったり、認知症などの病気により吠えることもあります。

吠えるタイミングに共通点がなかったり、吠える以外に体調不良があったりしたら、獣医師に相談しましょう。

ストレスが溜まっている

ストレスが溜まった結果として、吠えるという行動に出ることがあります。一例として、雨が続いてずっと散歩に行っていない、何日も続けて長時間留守番させているなどの場合、ストレス行動が表れます。

ストレスを放っておくと、問題行動が癖になったり、違う病気に発展したりする恐れがあるため、きちんと獣医師さんに相談しましょう。できれば、行動診療の先生がおすすめです。

難聴

老犬になり聴力が衰える、または聴覚障害の犬は突然吠えることがあります。呼び声や大きな音にも反応しない場合には、一度獣医師さんに相談してみることをおすすめします。

吠えやすい犬種

袋に隠れるチワワ

前提として、犬は多かれ少なかれ吠える動物です。環境や犬の性格によっても吠えやすさというのは異なります。

その中でも吠えの行動が出やすい犬種は「柴犬」や「ダックスフンド」「テリア」などの猟犬といわれる犬種の犬たちです。

もともと犬種としての気質が強く、動くものに反応する、縄張り意識が強いなどの理由から吠えという行動が出やすいといえます。

その他、チワワやパピヨンなど体の小さい犬も体の大きい犬に比べて、身を守るために吠えやすい(警戒吠え)傾向にあります。

犬が吠える場合のしつけ(対処方法)

吠える柴犬

吠えさせない環境作り

例えば窓から小学生の登下校が見えて吠えるなら、その時間はケージに入れたりカーテンを閉めたりするなど、見せないようにすることも有効的です。

チャイムの音に反応するなら、チャイムが聞こえない部屋やクレートに入れて、音が聞こえにくくするなどの対策ができます。

無視することも大切

嬉しくて吠える場合は、落ち着くまで無視しましょう。

吠えられても飛びつかれても無視して、別の部屋に行くなどして犬が落ち着くのを待ちます。落ち着いたと思ったら、声をかけて撫でたり遊んだりしてあげてください。


アイコンタクトを強化する

アイコンタクトの練習をして、名前やコマンドを言われたら飼い主さんを見ることを意識させ、吠える対象物から注意を逸しましょう。最初はおやつなどを使っても良いです。

愛犬より先に吠える対象に気づくことも重要です。


指示を与えて吠えさせない

「環境づくり」や「アイコンタクト」とも似ていますが、吠えられないように別の指示を与えることで、吠えを回避することもできます。

伏せや横になる姿勢になる指示を出したり、おもちゃ欲が強い子ならば、おもちゃを咥えるように指示を出したりすることで、物理的に吠えるという行動をできなくさせることも一つの方法です。

犬の無駄吠えは早めの対策が必要

吠える柴犬

犬が吠える理由として「警戒吠え」「興奮吠え」「遠吠え」「要求吠え」を挙げましたが、しつけなどで耳にする「無駄吠え」は4つの吠えとは種類が違います。

4つの吠えは、犬が吠えるという行動をとるための理由であり、条件が揃えばどんな犬でもある一般的な吠え方です。一方「無駄吠え」は吠え過剰である吠えをいいます。

無駄吠えは、場合によっては近隣から苦情がくるなどトラブルになる恐れもあり、問題行動の一つとして対策が必要になります。

無駄吠えのトレーニングは時間がかかるため、できるだけ早く、かかりつけの獣医師やドッグトレーナーに相談することをおすすめします。


犬が吠えるのは犬の意思表示

口を大きく開ける犬

犬は吠える動物です
犬が吠える場合、なぜ吠えているのか考える必要があります
犬の無駄吠えは早めの対策が必要です

犬にとって吠えは、犬や人とのコミュニケーションツールの一つです。

吠える理由やタイミングはそれぞれですが、必ず意味があって吠えています。うるさいと思っても、叱ってやめさせる前に、愛犬が何に対してどういった気持ちで吠えているのかを考えましょう。