犬はお餅を食べても大丈夫? 与えてしまった時の注意点や対処法

犬にお餅を与えても大丈夫なのでしょうか? お正月に食べる機会の多いお餅に愛犬も興味津々。そんな姿を見ると「せっかくのお正月だし」と、愛犬におすそ分けしたくなる気持ちが芽生えてしまうかもしれません。しかし、犬にお餅を与えるのは危険です。与えるリスクと食べてしまった場合の対処法を紹介します。

犬にお餅あげるべきでない理由

伏せる犬

お餅の原材料はもち米です。犬はもともと肉食ですが、人と一緒に暮らしてきた歴史の中で雑食性に変化していき、お米でも、軟らかく炊いたものであれば消化することができます。そのため、お餅そのものに中毒性はありません。しかし喉につまらせる危険性を考えると、犬に与えることはおすすめできません。


喉につまる可能性

お餅といえば、あのもちもちした食感が特徴です。おいしさの要ではありますが、その一方で、噛み切りづらかったり飲み込みづらかったりするものです。人と同じように、犬にもお餅を喉につまらせてしまう危険性があります。

特に犬の場合は、食べ物をよく噛んで食べるという習性はなく、ある程度の大きさであれば噛まずに飲み込んでしまいます。そのため、喉や消化器官でつまらせてしまう可能性が高いのです。噛む力が弱くなっている老犬であれば、なおさら危険です。

アレルギーのリスク

一般的にお米はアレルギー反応が起きない食べ物とされています。そのため、人の場合はアレルゲン除去食のフードなどによく使われています。しかし犬の場合、お米に対してかゆみのアレルギー反応を起こしてしまうことがあるのです。米にアレルギーがある犬に、もち米でできた餅を食べさせることはやめておきましょう。


お餅の袋に同封される脱酸素剤にも要注意

包装されたお餅

最近では、自宅でお餅を作るよりも、市販品を購入する家庭のほうが多いかもしれません。市販のお餅の場合、傷みにくいように脱酸素剤とともに個別包装されていますが、その袋ごとお餅を食べてしまう犬もいるようです。もしこれらを犬が誤食してしまったら、獣医師に相談してください。年末年始は動物病院がお休みしていることも多いので、緊急の連絡先や医療機関を普段から控えておくようにしましょう。


手作りの犬用お雑煮ならOK?

お雑煮

お正月気分を愛犬と一緒に楽しみたい方の中には、お雑煮を手作りする方もいるようです。ただし、前述の通りお餅は犬に与えないほうが良いので、代わりにご飯を使ってお雑煮風にしたり、さつまいもでお団子を作ったりすると良いかもしれません。

お餅やお餅の代わりを用意せず、野菜やお肉だけでも十分喜んでもらえるでしょう。味付けはせず、素材の味を生かすようにしましょう。お雑煮に入れる野菜は地域ごと、家庭ごとに異なると思いますが、犬にとって有害なネギ類を入れないよう注意しましょう。



まとめ

あくびをするパグ

アレルギー・喉につまらせるリスクがある
お餅の袋に同封される脱酸素剤の誤飲にも要注意
アレルギーや喉につまらせる可能性を考えると、犬にお餅は与えないほうが良いです。もし誤って愛犬がお餅を食べてしまった場合は、獣医師に相談しましょう。

Share!