犬が食べてもいい野菜・ダメな野菜を栄養管理士が解説

犬が食べてもいい野菜・ダメな野菜を栄養管理士が解説

Share!

犬が食べていい野菜・ダメな野菜を一覧で紹介します。あげすぎには注意が必要ですが、適量を毎日のごはんにトッピングするといいでしょう。与えていい量や、生・茹でる・ジュースにするなど与え方、旬の野菜を使ったレシピについて、ペット栄養管理士が解説します

犬が食べていい野菜 アスパラガス、カリフラワー、キャベツ、セロリ、豆苗、ブロッコリー、パクチー、枝豆、オクラ、かぼちゃ、きゅうり、ズッキーニ、とうもろこし、トマト、なす、ピーマン、ミント、レタス、カブ、ゴマ、さつまいも、干し芋、じゃがいも、大根、にんじん、パプリカ、山芋(とろろ)、レンコン、ごぼう、小松菜、白菜、チンゲンサイ、もやし、パセリ、バジル、里芋
犬が食べるのに注意が必要な野菜 ほうれん草、タケノコ、生姜
犬が食べるのはダメな野菜 玉ねぎ、ニラ、にんにく、アロエ、アボカド、シナモン、銀杏、わさび、唐辛子、山椒

犬が食べていい野菜・ダメな野菜

野菜

犬はもともと肉食動物でしたが、人と生活を共にする中で、雑食へと変化しました。そのため、肉食を中心にしつつもバランス良く野菜を食べることが大切です。そこで今回は、犬が食べてもよい野菜と期待される効果を紹介します。

※ゴマは厳密には「種実」に分類されますが、本稿では広義の野菜として紹介します。

犬が食べていい野菜

アスパラガス
カリフラワー
キャベツ
セロリ
アスパラガス
詳細を読む
カリフラワー
詳細を読む
キャベツ
詳細を読む
セロリ
詳細を読む
豆苗
ブロッコリー
パクチー
枝豆
豆苗
詳細を読む
ブロッコリー
詳細を読む
パクチー
詳細を読む
枝豆
詳細を読む
オクラ
かぼちゃ
きゅうり
ズッキーニ
オクラ
詳細を読む
かぼちゃ
詳細を読む
きゅうり
詳細を読む
ズッキーニ
詳細を読む
とうもろこし
トマト
なす
ピーマン
とうもろこし
詳細を読む
トマト
詳細を読む
なす
詳細を読む
ピーマン
詳細を読む
ミント
レタス
カブ
ゴマ
ミント
詳細を読む
レタス
詳細を読む
カブ
詳細を読む
ゴマ
詳細を読む
さつまいも
干し芋
じゃがいも
大根
カブ
詳細を読む
干し芋
詳細を読む
じゃがいも
詳細を読む
大根
詳細を読む
にんじん
パプリカ
山芋(とろろ)
レンコン
にんじん
詳細を読む
パプリカ
詳細を読む
山芋
詳細を読む
レンコン
詳細を読む
ごぼう
小松菜
白菜
チンゲンサイ
ごぼう
詳細を読む
小松菜
詳細を読む
白菜
詳細を読む
チンゲンサイ
詳細を読む
もやし
パセリ
バジル
里芋
もやし
詳細を読む
パセリ
詳細を読む
バジル
詳細を読む
里芋
詳細を読む

与え方に注意点がある野菜

野菜
主な成分
与え方の注意点
関連記事
ほうれん草ほうれん草
ビタミンC、ビタミンE、ビタミンKなど 結石の原因となるシュウ酸を減らすため、煮てアク抜きをする 詳細を読む
タケノコタケノコ
カリウム、亜鉛、食物繊維など 結石の原因となるシュウ酸を減らすため、煮てアク抜きをする 詳細を読む
生姜生姜
ジンゲロール、ショウガオール、ジンゲロンなど 少量にする。食べすぎは胃腸を刺激して下痢・嘔吐の原因に 詳細を読む

犬が食べてはいけない野菜

私たち人間はおいしく食べられるものでも、犬が食べると中毒を起こしてしまう野菜もあります。間違って与えないようにしましょう。

野菜
中毒成分
中毒症状
関連記事
玉ねぎ玉ねぎ
有機チオ硫酸化合物(チオスルフィン酸化合物) 貧血、死に至る可能性も 詳細を読む
ニラニラ
有機チオ硫酸化合物(チオスルフィン酸化合物) 貧血、死に至る可能性も 詳細を読む
にんにくにんにく
有機チオ硫酸化合物(チオスルフィン酸化合物) 貧血、死に至る可能性も 詳細を読む
アロエアロエ
サポニン、バルバロイン、アントラキノン 下痢 詳細を読む
アボカドアボカド
ペルシン 嘔吐、下痢など 詳細を読む
シナモンシナモン
クマリン 嘔吐、下痢など 詳細を読む
銀杏銀杏
ギンコトキシン 嘔吐、下痢、呼吸困難、痙攣など 詳細を読む
わさびわさび
(アリルイソチオシアネート) 中毒症状ではないが強い刺激により嘔吐、下痢など 詳細を読む
唐辛子唐辛子
(カプサイシン) 中毒症状ではないが強い刺激により嘔吐、下痢など 詳細を読む
山椒山椒
(サンショオール) 中毒症状ではないが強い刺激により嘔吐、下痢など 詳細を読む

季節ごとにオススメの野菜

春にオススメの野菜

アスパラガス
カリフラワー
キャベツ
セロリ
アスパラガス
詳細を読む
カリフラワー
詳細を読む
キャベツ
詳細を読む
セロリ
詳細を読む
豆苗
ブロッコリー
パクチー
豆苗
詳細を読む
ブロッコリー
詳細を読む
パクチー
詳細を読む

夏にオススメの野菜

枝豆
オクラ
かぼちゃ
きゅうり
枝豆
詳細を読む
オクラ
詳細を読む
かぼちゃ
詳細を読む
きゅうり
詳細を読む
キャベツ
ズッキーニ
とうもろこし
トマト
キャベツ
詳細を読む
ズッキーニ
詳細を読む
とうもろこし
詳細を読む
トマト
詳細を読む
なす
ピーマン
ミント
レタス
なす
詳細を読む
ピーマン
詳細を読む
ミント
詳細を読む
レタス
詳細を読む
バジル
バジル
詳細を読む

秋にオススメの野菜

カブ
かぼちゃ
ゴマ
カリフラワー
カブ
詳細を読む
かぼちゃ
詳細を読む
ゴマ
詳細を読む
カリフラワー
詳細を読む
さつまいも
干し芋
里芋
じゃがいも
さつまいも
詳細を読む
干し芋
詳細を読む
里芋
詳細を読む
じゃがいも
詳細を読む
大根
セロリ
にんじん
パプリカ
大根
詳細を読む
セロリ
詳細を読む
にんじん
詳細を読む
パプリカ
詳細を読む
山芋(とろろ)
レンコン
山芋
詳細を読む
レンコン
詳細を読む

冬にオススメの野菜

カリフラワー
キャベツ
ごぼう
小松菜
カリフラワー
詳細を読む
キャベツ
詳細を読む
ごぼう
詳細を読む
小松菜
詳細を読む
大根
セロリ
白菜
ブロッコリー
大根
詳細を読む
セロリ
詳細を読む
白菜
詳細を読む
ブロッコリー
詳細を読む
ほうれん草
れんこん
里芋
ほうれん草
詳細を読む
レンコン
詳細を読む
里芋
詳細を読む

1年を通してオススメの野菜

いんげん
パセリ
水菜
もやし
いんげん
詳細を読む
パセリ
詳細を読む
水菜
詳細を読む
もやし
詳細を読む
チンゲンサイ
チンゲンサイ
詳細を読む

食べても良い野菜とはいえ、食べ過ぎには注意が必要です。普段のごはんにトッピングするなどして取り入れてみてはいかがでしょうか。


犬に野菜をあげるメリットは?

犬

犬はもともと肉食でしたが、人と共に生活する中で雑食に進化しました。タンパク質だけでなく炭水化物を摂ることで効率的にエネルギーを作り出せるようになりました。野菜にはビタミンや食物繊維が豊富に含まれ、免疫力を高めたり、皮膚や被毛を健康に保ったり、腸内環境を良くしてくれます。


犬に野菜を与えるときの注意点

犬

犬にとって野菜は消化しにくい食べ物です。多く与え過ぎると、下痢や嘔吐の原因になってしまうこともあります。

総合栄養食へのトッピングやおやつとして与える場合は、1日の最適カロリー量の10%以内にしてください。1日の最適カロリー量はペトことオリジナルのドッグフード「PETOKOTO FOODS」の「フード診断」(無料)で簡単に計算することができます。

無料フード診断を受ける

PETOKOTO FOODS

与え方は野菜により変わりますが、にんじんや大根のように硬いものは、一度茹でたりすりおろしたりして、食べやすいようにひと手間加えてあげてください。

またアレルギーがある犬もいるので、初めて与えるものは少量からスタートしましょう。


野菜の加工品は食べても大丈夫?

野菜ジュース

野菜はたくさん食べたほうがいいと分かっていても、なかなか食べられないという人に向けて、今は野菜を使った加工品も多く販売されています。

コンビニなどで手軽に購入できるので、野菜不足解消によく口にする人もいるのではないでしょうか。では、そんな野菜の加工品を犬が食べても大丈夫なのでしょうか。

野菜ジュース

市販の野菜ジュースは、さまざまな野菜がミックスされています。その中には犬が食べてはいけないネギなどが入っていることも。

また野菜100%のジュースではなく、砂糖や塩などで味付けされているものもあります。そのため野菜ジュースは原則、犬に与えないほうが良いでしょう。

どうしても与えたい場合は、ミキサーなどを使って自宅で作って与えてあげるのが良いでしょう。


野菜チップス

犬に野菜チップスを与えたい場合、犬用の野菜チップスを用意しましょう。人用のものは、砂糖や塩などが含まれている場合があるので控えてください。

また、野菜チップスは硬さがあるので、特に小型犬に与えるときは細かく砕いて食べやすい大きさにして与えてください。


まとめ

犬
どんなに体に良い野菜でも食べ過ぎれば毒になる
おやつやトッピング程度にあげましょう
疾患を持つ犬によっては与えない方が良いものもある
犬によってはアレルギーを発症する可能性もある
野菜は犬にとって必ずしも必要な食物ではありません。犬も好みがありますので、嫌がって食べない場合は無理に与えずに別の方法で栄養を補完してあげてください。


PETOKOTOFOODS
ご満足いただけなかった場合は初回配送分に限り、全額返金いたします。ぜひ一度お試しください。

>> 詳しくはこちら <<