犬が突然死(急死)してしまったときに考えられる原因を獣医師が解説

突然死とは、突然発症し、24時間以内に死亡する内因死のことです。人でも、犬でも突然死を起こすことはあります。もしも、突然あるいは急に愛犬が死亡したとすれば、癌や慢性疾患による死亡と比べ、愛犬の死に直面した悲しさよりも、さらに強い気持ちなってしまうでしょう。今回は、犬が突然死する原因やその予防について、野坂獣医科院長の野坂が解説します。

「突然死」と「急死」の違い

布団にくるまる犬

突然死とは瞬間死あるいは発病後24時間以内の内因死のこと(WHO の定義)をいいます。これには、交通事故、中毒や外傷などの外因死は含まれません。

似たような言葉に「急死」という言葉があります。これは直前が健康かどうかは考慮せずに、急変し死亡したことをいいます。この場合、事故や中毒も含みます。

すなわち、急死という言葉の中に、突然死という言葉が含まれます。この記事では「突然死(急死)」として、突然死と急死を合わせ、書きたいと思います。

犬の突然死(急死)の考えられる原因

フレブル

まず、人の突然死の原因で一番多いのは、心臓病で全体の6割を占めます。その他の原因には、脳血管障害、消化器疾患などがあります。

では、犬の突然死の原因には何があるのでしょうか? カナダの中央部サスカチュワン州の獣医大学のOlsenらが、突然および不測の死(sudden and unexpected death)の原因を調べた論文があります。

これは日本の論文ではないので、少し異なるかもしれません。その論文によると、犬の突然死は、ヒトと同様に心臓病が最も多い原因でした。以下に、Olsenらの論文で報告された突然死の原因を発生率が多い順に示します。

  1. 心臓病
  2. 中毒
  3. 消化器疾患
  4. 外傷
  5. 出血死(外傷を除く)
  6. 栄養不足または脱水
  7. 気管疾患
  8. 泌尿器疾患

国内の突然死の原因を調査した論文を探したところ、見つけることはできませんでした。次の項目では、その原因の調べ方を記載しています。


突然死(急死)した原因の調べ方

2匹の犬

検査は死亡後に行なうことになります。死亡後に血液検査レントゲン検査、CT検査などを行うこともありますが、死後の検査の中でもっとも詳しく検査が出来るものは、剖検です。

剖検とは、いわゆる解剖して調べることをいいます。多くの動物病院では解剖を行うことは少なく、大学や検査所などで剖検は行われます。剖検は、死亡した犬のご家族の承諾が必要となることが多く、また、輸送のための費用や検査のための料金が必要となります。

ペットロスという言葉もありますし、また愛犬の死に直面した直後に剖検を承諾することは、とても勇気のいることだと思います。しかし、検査をすることによって、死亡時の病態の把握や、死因の究明などを行うことができます。

その方法は、死体を解剖し、目視で臓器の異常を確認した後、臓器の一部を採材し、病理標本を作製します。できあがった標本は、顕微鏡で臓器の異常が検査されます。また、解剖の途中で細菌検査や血液検査を行うために検体を採取し、追加検査を行うこともあります。


ペットロスについて

パグ

ペットロスの定義は十分にされていないそうで、「飼育動物の喪失体験」と定義する考え方があります。

犬は言葉を話せませんので、人と愛犬の間で言葉を交わすことはできません。そのため、言葉以外の心のコミュニケーションが生まれ、それが深い絆で結ばれていくと考えられています。また、その深さゆえに、愛犬を亡くした時の心の悲しみや喪失感が強く現れるのだと考えられています。

命あるものには必ず死が訪れます。愛犬が突然死を迎えないように、予防できることは予防していきましょう。次に予防方法を紹介します。



犬の突然死(急死)の予防方法

笑顔の犬

上記したカナダの獣医大学のOlsenらの論文で、原因とされた病気の詳細を紹介し、さらに、その予防方法をいくつか記載します。

心臓病

フィラリア症の予防や、心臓病の検査(健康診断)を行うことで、ある程度は突然死を予防することができます。

心臓病の症状には、「この症状が出たら心臓病だ」と言い切れないものが多いです。咳や呼吸の異常、失神、運動を嫌がるなど、少しでも異常を感じたら動物病院の獣医師と相談し、早期に診断を進めましょう。


中毒

中毒は、その原因である「病原体」や「犬にとって毒になるもの」に気をつけることで、ある程度予防できる病気です。

たとえば、食中毒を予防するならば、「与えてもいいのかな?」と悩んだ場合は与えないようにしたり、ヒトの食事内容とは同じにせず、新鮮な状態のドッグフードを与えたりすることで予防することができます。


消化器疾患

Olsenらの論文では、胃拡張・胃捻転症候群や胃がん、犬パルボウイルス感染症による消化器疾患で突然死をした犬が多かったそうです。

嘔吐下痢などの消化器症状を示していてもその原因は多岐にわたり、消化器疾患に起因するものから、そうでないものもあります。

消化器症状がみられた場合、安易に判断せず、重篤な疾患が隠れている場合もありますので、少しでも異常を感じたら動物病院の獣医師と相談し、早期に診断を進めましょう。


外傷

Olsenらの論文では、交通事故や銃創などと関連した外傷だったそうです。また、都市部より郊外の犬のほうが外傷の数が多かったそうです。愛犬との外出時には、普段以上に注意が必要です。

出血死(外傷を除く)

Olsenらの論文では、悪性のガンに関連した出血で突然死を起こした犬が多かったそうです。

早期のガンの場合は症状が分かりづらく、発見が遅れることもありますが、愛犬を注意深く毎日観察することが重要で、少しでも異常を感じたら、動物病院の獣医師と相談し、早期に診断を進めましょう。


日頃からスキンシップを

少年と犬

もしも、突然あるいは急に愛犬が死亡したとすれば、ガンや慢性疾患による死亡と比べ、愛犬の死に直面した悲しさよりも、さらに強い気持ちになってしまうでしょう。

ペットたちは体の不調を言葉で伝えることができません。言葉の話せない愛犬と少しでも長く楽しい時間を過ごすためには、飼い主さんがいち早く愛犬の異変に気づいてあげることが必要です。

愛犬との遊びや散歩、食事のときなどに触れ合う時間を大切にしたり、日頃から観察することを意識してあげましょう。

参考文献

  • 廣渡ら, 身体活動中心臓突然死防止に向けての法医学的検討―身体活動中突然死剖検例と安静時突然死剖検例との比較をもとに―,昭和学士会雑誌 / 74 巻 (2014) 4 号
  • 木村, ペットロスに伴う悲嘆反応とその支援のあり方,心身医学 49(5), 357-362, 2009
  • 三原ら,突然死の原因研究, 日職災医誌,51:39─44,2003
  • Olsenら, Causes of sudden and unexpected death in dogs: a 10-year retrospective study., Can Vet J. 2000 Nov; 41(11): 873–875.
  • 豊田, 全国労災病院データからみた急死例の検討, 日職災医誌,62:57─64,2014