グレートピレニーズの飼い方|性格や大きさ・寿命・かかりやすい病気など

グレートピレニーズの飼い方|性格や大きさ・寿命・かかりやすい病気など

グレートピレニーズは柔らかい毛を持ち、人々を癒やすパートナーとして活躍しています。見た目の優美さと賢さから昔は王室でも飼われていました。今回は。グレートピレニーズの性格や気を付けるべきかかりやすい病気などをトレーナーの長根が紹介します。

グレートピレニーズとは

英語表記 Great Pyrenees / Pyrenean Mountain Dog
原産国 フランス
サイズ 大型犬
体高 約65~80センチメートル
体重 約39~57キログラム
寿命 約10~12年

グレートピレニーズは地域によってさまざまな呼び方があります。アメリカと日本では「グレート・ピレニーズ(Great Pyrenees)」と呼ばれ、イギリスなどヨーロッパでは「ピレニアン・マウンテン・ドッグ(Pyrenean Mountain Dog)」と呼ばれています。


歴史

原産地はフランスで、昔からフランス南部のスペイン国境に近いピレネー山脈におり、フランス語で「ル・シアン・ドゥ・モンターニュ・デ・ピレネー(Le chien de montagne des Pyrénées)」、あるいは「ル・シアン・デ・ピレネー(Le chien des Pyrénées)」と呼ばれています。家畜を狼などからの襲撃から守るために用いられていましたが、17世紀には伴侶犬として活躍し、ルイ14世に飼育されていたと言われています。

グレートピレニーズと似た犬種

グレートピレニーズはイエイヌの中でも原種的な部類に属し、ほかの犬種に血統を分けたことでも有名です。純白とは反対の黒い毛を持つ「ニューファンドランド」や、絶滅の危機に瀕していた「セントバーナード」などを絶やさないために交配が行われました。

ニューファンドランド

カナダのニューファンドランド島が原産で、泳ぎが得意な超大型犬です。バイキングが連れてきたグレートピレニーズが祖先だと言われています。

セントバーナード

セントバーナード

スイスが原産で体重100kgを超えることもある超大型犬です。

クーバース

クーバースはグレートピレニーズと似た外見ですが、祖先はトルコを原産とする「アクバシュ」です。マズルが先細っていくのが特徴です。

グレートピレニーズの特徴・性格

大型犬の中でも特に大きく、堂々とした外見をしています。その外見にも劣らない優雅さと賢さも持ち合わせており、身を覆う純白な毛が特徴的です。寒さに強く毛量が多いため、日本の夏は熱中症などに気を付けなければなりません。

かつて家畜を狼などの襲撃から守る護衛犬だったこともあり、独立心が強くリーダーシップがあります。その反面、穏やかな性格の持ち主でもあり、人や他の動物に対して友好的です。

毛色

白が基本の毛色となっていて、ほかにもグレーや薄いイエローなどの色が混ざっている場合があります。頭部や耳、尾のつけねにオレンジなどのまだらが見られることもあります。

基本の白色


ほかの色が混ざっている例

グレートピレニーズの飼い方

グレートピレニーズを飼うためには、まず犬がゆったりと暮らせる広さがあり、暑さに弱いため空調管理が行き届く家でなくてはなりません。また、毛が長いため毎日のブラッシングは欠かせません。しつけについても、大型犬であり、護衛犬として活躍していたということを理解した上で行う必要があります。

手入れ

グレートピレニーズは毛が長く多いため、日々のブラッシングが大切になります。大型犬なので、散歩でしっかり動くことも大事ではありますが、あまりジャンプをさせないなど関節の負担にならないよう気を付ける必要があります。また、体毛が白く汚れが目立つ場合があります。

しつけ

責任感が強く家族以外に警戒心を表すことがあり、吠えや飛びつきといった行動もしやすい犬種です。大型犬ということもあり、子供やお年寄りに飛びついてしまうと転んで怪我をさせてしまったり、恐怖心を与えてしまうことになります。子犬の頃から「飛びつきをさせない」「家族以外の人や犬に触れさせる」ことも大切なしつけです。

グレートピレニーズのかかりやすい病気

大型犬で体重がかなりあるため、関節に関わる病気に気を付けなければなりません。歩き方がおかしかったり座り方がおかしかったりすると「股関節形成不全」が疑われます。また、なりやすい病気として、胃腸が長くよく食べるため胃が捻じれてしまう「胃捻転」や、ブラッシングのお手入れを怠ることによる「皮膚病」などがあります。

グレートピレニーズの迎え方

犬を迎える方法は、ペットショップだけではなく、里親、ブリーダーからなどもあります。

価格の相場

どこから迎えるかによりますが、20~40万円ほどです。

保護犬の里親になる

現在は血統書のある犬種も何らかの理由で保護され、新しい飼い主を待っている犬も多いです。保護犬を迎えるには保健所か保護団体から引き取ることができます。しかし、子犬や好きな毛色など条件が決まっている場合は見つけるのが難しいです。里犬募集はほかの犬種と比べて少ないようですが、存在します。ブリーダーからの購入を考える前に一度覗いてみてはいかがでしょうか。

ブリーダーから購入する

グレートピレニーズ専用のブリーダーも存在します。その犬の実際の状況を知ることができ、ブリーダーに直接質問もできるのでしつけの難しいグレートピレニーズも安心して飼うことができます。

ペットショップで購入する

ペットショップの場合、2〜3カ月の子犬が売られており、4カ月を過ぎたら値下げされることがほとんどです。

家族の一員として

グレートピレニーズは、ふわふわした見た目が人気ですが、初心者にはしつけが難しいとされています。しっかりと犬種の性格や性質を理解し、しつけをすることで心強い家族の一員となってくれます。幸せに過ごすために、家族で協力してしつけを行いましょう。

OMUSUBIなら子犬からシニア犬まで探せます!

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」

Share!