紀州犬の飼い方|性格は警戒心が強い? 毛色やしつけ方などトレーナーが解説

紀州犬の飼い方|性格は警戒心が強い? 毛色やしつけ方などトレーナーが解説

紀州犬は古くから日本に在来していた日本犬です。真っ白な毛が印象的な犬種ですが、実は「赤」や「胡麻」の毛色もいるんです。今回は、紀州犬の性格や特徴、飼い方についてドッグトレーナーの長根が紹介します!

基礎知識

巻き尾の紀州犬
Photo by natchan_yuukunさん Thanks!


英語表記 Kishu Inu
原産国 日本
サイズ 中型犬
体高 46~55センチメートル
体重 約15~25キログラム
寿命 約14年

紀州犬は、日本に古くからいる日本犬のうちの1種です。紀伊半島の山岳地帯で古くからいる犬種で、猟犬として活躍していました。現在では家庭犬の他、猟犬や田畑の作物を荒らす動物を追い払う獣害対策犬として活躍している紀州犬もいます。

日本犬とは

日本に古くからいる在来犬種のことを「日本犬」と言います。日本犬は、古くから猟犬や家庭犬として私たち人と暮らしてきました。そんな長い時代を経ても原始的な形態を損なわない日本犬を保存するべく、各地域ごとで天然記念物として指定されています。公益財団法人「日本犬保存会」では、柴犬・紀州犬・四国犬北海道犬甲斐犬秋田犬の6種を日本犬として指定し、それぞれ国の天然記念物にもなっています。



歴史

原産は日本で、和歌山県、三重県、奈良県を含む紀伊半島の山岳地帯で古くから、イノシシやシカを主に獣猟犬として飼われていました。紀元前の古くからいた中型犬が祖先で、当時は白色だけでなく、斑毛や赤、胡麻、虎といった被毛が多くみられましたが、1934年に毛色の統一が図られ同時に国の天然記念物に指定されました。現在ではほとんどが白毛で、まれに赤や胡麻がいるようです。




性格や特徴

紀州犬の性格はとても忍耐強く、警戒心に富んでいます。飼い主には忠実で従順ですが、誰にでも懐くわけではありません。体はしっかりとした骨格をしていて、引き締まっています。しっぽは巻き尾か、巻かずに前方に傾いているだけの差し尾です。

巻き尾

巻き尾の紀州犬
Photo by natchan_yuukunさん Thanks!

差し尾

後ろ姿の犬

毛色

主な毛色は白ですが、まれに赤や胡麻もいます。

白の紀州犬
Photo by mar.e.mさん Thanks!


胡麻


紀州犬の飼い方

巻き尾の紀州犬
Photo by natchan_yuukunさん Thanks!


昔は外飼いがほとんどでしたが、最近では気温の変化やペットの家族化によって、室内で飼うことが一般的になってきました。紀州犬は寒さには強いですが、暑さには弱いため、外で飼っている場合は夏季は家に入れてあげるなどの対策が必要です。散歩は1日60分程度してあげるようにしましょう。
また、紀州犬は地域によっては特定犬種として飼育にルールがあります。実際に咬傷事故も起きていますので、適切な管理としつけが重要です。


特定犬とは

地域によっては「特定犬」として指定されている犬を飼うときのルールがあります。茨城県では「動物の愛護及び管理に関する条例」として、定められた犬はオリの中で飼うこと、特定犬を飼育していることがわかる標識(ラベル)を掲示することとされています。
  • 人に危害を加えるおそれのあるものとして定める8犬種
  • 体高60センチメートルかつ体長70センチメートル以上の犬(雑種含む)
  • 県知事が指定した犬

茨城県で定められている8犬種



しつけのやり方

警戒心の強い紀州犬は、知らない人に急に触られたりすることを嫌います。子犬の頃からいろいろな人に会わせたり、刺激に慣れさせることが大切です。また、呼び戻しも子犬の頃から練習して、どんな場所でも戻って来るようにしつけましょう。

手入れ

トリミング犬種ではなく、毛が絡まることもありませんが、汚れやほこりを落とすためのブラッシングは必要です。毎日行うことが望ましいですが、最低でも週1回のブラッシングをしてあげましょう。ブラッシングのやり方については、トリマーの大森先生の解説記事がありますので、ぜひご覧ください。


紀州犬がかかりやすい病気

紀州犬は、日本犬に多く見られる「皮膚炎」や、「心因性疾患」になりやすいです。また、「緑内障」「白内障」といった目の病気にも気を付けましょう。


紀州犬の迎え方

価格の相場

一般的な価格の相場は10~20万円ほどですがどこから迎えるか、血統や毛色によっても値段が変わってきます。

保護犬の里親になる

保護され新しく里親を探している犬は雑種だけでなく、血統書のある犬も多くいます。しかしその多くは成犬であり、子犬が欲しい場合は見つけるのが難しいです。保護犬を引き取る場合、保健所からと保護犬を譲渡している団体から引き取る場合があります。

ブリーダーやペットショップからの購入を考える前に一度覗いてみてはいかがでしょうか。保護犬の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)も、ぜひ覗いてみてください。

ブリーダーから迎える

紀州犬を飼う場合、ブリーダーからというのがほとんどです。血統によっても値段が変わってくるので、家庭犬として飼うのか、猟犬として飼うのかということもポイントになります。

ペットショップから迎える

紀州犬をペットショップで見かけることはほとんどありません。ショップや店舗によってはいる可能性もありますので、事前に確認してみましょう。

紀州犬をよく理解してから迎えよう

白の紀州犬
Photo by mar.e.mさん Thanks!


紀州犬は古くから保たれた血統が評価され、国の天然記念物として指定されています。賢く、飼い主に従順なことから海外でも人気を集めていますが、警戒心が強くしつけが難しいといわれています。見た目や人気に左右されず、紀州犬の歴史や性格をよく理解してから家族に迎えてあげましょう。

OMUSUBIなら子犬からシニア犬まで探せます!

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護犬の里親さんを募集しています。生後数カ月からシニア犬まで、幅広い犬種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。

【飼い主さんの声を募集中】

「紀州犬ってこんな犬種って言われてるけどうちの子は違う!」「こんなところに困った!」「ここが紀州犬の魅力です!」など、紀州犬を飼っていた、飼っている飼い主さんの声を募集しています! ツイッターやインスタグラムで「#ペトこと犬部 」でシェアいただくか、ペトことの問い合わせ窓口からご連絡ください! 皆さまの声を掲載し発信していく予定です!

Share!