ボストンテリアの飼い方|性格やかかりやすい病気、しつけ方など

ボストンテリアはコンパクトな体格と、鼻ぺちゃが可愛いと人気の犬種です。また、漫画『ジョジョの奇妙な冒険』でも人気キャラ「イギー」として登場しています。ボストンテリアはどんな特徴・性格を持っているのでしょうか。フレンチブルドッグとの違いや、ボストンテリアが登場する人気ブログ、かかりやすい病気について紹介します!

基礎知識

ボストンテリアは英語で「Boston terrier」と表記します。名前である「ボストン」とは、マサチューセッツ州の都市であるボストン市で生まれたことからその名が付きました。紳士的な犬として親しまれ、初めて飼う人にも飼いやすい犬種です。

歴史

ボストンテリアの原産はアメリカです。アメリカの原産の犬種としては3番目に古いといわれています。1870年代にボストン市周辺で、ブルドッグとホワイト・イングリッシュ・テリア(ブルテリアの祖先でもある)の交配によって作り出されました。当時は現在よりもはるかに大きく、23キログラムほどあり「ボストン・ブル」と呼ばれていました。長い年月と努力によって、現在の大きさのボストン・テリアに小型化されました。

大きさや寿命

体重は4.5~11.5キログラムほどで、体高は38~43センチメートルほどです。寿命は13~15年といわれています。

性格や特徴

ブルドッグとテリアの血が入っていますが、テリア気質である「独立心」や「興奮性」といった気質は少なく、性格は友好的で活発、高い知性をもっています。短い鼻と尻尾が特徴的で、毛は短いスムースコートと呼ばれる被毛をもっています。被毛がタキシードを着ているように見えることから「タキシードを着た紳士」とも呼ばれているそうです。

毛色

毛色はブラックに規則的なホワイト・マーキングが見られるのが一般的です。その他に、ブリンドルやシールといった毛色があります。

ブラック&ホワイト

マホガニーブリンドル

主とする地色に他の指し色がまんべんなく混ざっている毛色のことを「ブリンドル」といいます。

MIKIさん(@miki_saru_miki)がシェアした投稿

シールホワイト

黒の毛色ですが、明るい光の下では赤みがかって見える毛色を「シール」といいます。

ボストンテリアとフレンチブルドッグの違いは?

ピンと立った耳、短い鼻と尻尾ととてもよく似ています。2匹の違いは耳の形と大きさ、顔の大きさや体格の違いといったところです。フレンチブルドッグの耳は、付け根の幅が広い「コウモリ耳」と呼ばれる大きく、丸みのある耳が特徴的です。比べてボストンテリアの耳は幅が細く、尖がった耳をしています。ボストンテリアの方がコンパクトな体つきで、顔も小さいです。

ボストンテリア

フレンチブルドッグ

ボストンテリアの飼い方

小柄で吠えにくく集合住宅でも飼いやすいですが、体力があるので運動も必要です。家で遊んであげるだけでなく、散歩は1日60分ほどしてあげるといいでしょう。また、他の犬種に比べて短頭種は暑さに弱いので、暑がっていないか、呼吸が乱れていないか注意してあげましょう。

しつけのやり方

ボストンテリアは吠え癖がなく、初心者でも飼いやすいとされています。しかし、子犬の頃からいろいろな刺激に慣れさせることや、呼び戻しなど根気強くしつけをすることが大切です。

手入れ

短毛なので、トリミング必要はありませんが、定期的なブラッシングをしてあげましょう。また、短頭首なので口回りは汚れやすく、炎症を起こしやすいため食事の後には拭いてあげましょう。

ボストンテリアがかかりやすい病気

ボストンテリアは短頭種ならではの病気である「鼻腔狭窄」(びくうきょうさく)や、喉の奥にある軟口蓋が、気道を塞いでしまう「軟口蓋過長」にかかりやすいです。その他、後ろ脚の膝蓋骨が正常な位置から内外に外れてしまう「膝蓋骨脱臼」、アレルギーや皮膚のかゆみといった皮膚炎にかかりやすいです。また、遺伝的なものが多い「てんかん」や、瞬膜が炎症を起こし赤く腫れてしまう「チェリーアイ」と呼ばれる目の病気も気を付けたい病気です。おならのにおいが臭く回数が多かったり、下痢やおう吐をしたりする場合、胃内や腸内環境が悪化して起こる病気の可能性もあります。

ボストンテリアの雑種(ミックス)

何世代にもわたって交配された混血の犬を「雑種」と呼びますが、最近では一世代の混血の犬を「ミックス」と呼ぶようです。ボストンテリアにもミックスがいるようですので紹介します。

ボストンテリア×ペキニーズ

ボストンテリアとペキニーズの両親をもつ「ボスペキ」は、ボストンテリアの毛色に長い被毛と長い尻尾が特徴的です。

ボストンテリアをもっと知る

「ボストンテリアについてもっと知りたい!」「これから飼おうと考えている!」そんな人たちのためにオススメの動画やブログを紹介します!

可愛い動画


実は走るのが速いんです! こんなに広いところで自由に走れたら楽しいですね!


子猫の面倒もみるボストンテリアに癒されます。

人気のブログ

ワンコのJINです

20170628_bosutonn_na_001

まだまだパピーのボストンテリアの成長ブログです。お出かけや洋服についても書かれているので、参考になることもあるかもしれませんね!

ボステリ・イギーのノビノビほふく前進

20170628_bosutonn_na_002

日常だけでなく、イベントやしつけなどたくさんの項目に分けられているので、とても読みやすいです!

その他、こちらのブログも人気があるのでチェックしてみてください!
人気ブログ:「ボステリ☆Ramiro | ボストンテリア」「むるぐ

ボストンテリアを飼っている芸能人

ボストンテリアを飼っている芸能人は、浜崎あゆみさん、吉沢悠さん、井上真央さん、谷原章介さん、小栗旬さんなどたくさんの方が飼っているようです!

ボストンテリアを飼うということ

一度家族に迎えたら、子犬から老犬になっても大切に、命に責任を持ちましょう。白髪だって生えるし、病気もするかもしれません。お金がかかるのは家族に迎える時だけじゃない、ということをもう一度よく考えましょう。

価格/値段

一般的な価格の相場は20~30万円ほどであるがどこから迎えるか、血統や毛色によっても値段が変わってきます。

保護犬の里親になる

保護され新しく里親を探している犬は雑種だけでなく、血統書のある犬も多くいます。しかしその多くは成犬であり、子犬が欲しい場合は見つけるのが難しいです。保護犬を引き取る場合、保健所からと保護犬を譲渡している団体から引き取る場合があります。

ブリーダーやペットショップからの購入を考える前に一度覗いてみてはいかがでしょうか。保護犬の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)も、ぜひ覗いてみてください。

ブリーダーから迎える

好きな毛色や、血統など気にするのであれば信頼できるブリーダーから迎えるという方法もあります。実際に見学に行き、どんな環境で飼育されているのかを確認することも必要ですが、飼う上でのアドバイスも直接聞くことができます。

ペットショップから迎える

ペットショップでは生後2~3カ月ごろの販売が多く、4カ月を過ぎてくると値段がだんだんと下がってくることがほとんどです。しかし、同じ犬種が何匹もいることはあまりないので、「見比べて選ぶ」ということはできないことが多いです。

ボストンテリアに洋服?

暑さ寒さに弱いボストンテリアに洋服を着せてあげることで、体温調節を助けてあげることもできます! また、毛の抜けやすいボストンテリアに洋服を着せることで、お出かけ先でも抜け毛を心配しなくていいというメリットもあります。最近は可愛い洋服もたくさんあるので、首輪に合わせてみるのもいいですね!

飼い主さんの声を募集中!!

「ボストンテリアってこんな犬種って言われてるけどうちの子は違う!」「こんなところに困った!」「ここがボストンテリアの魅力です!」など、ボストンテリアを飼っていた、飼っている飼い主さんの声を募集しています! ツイッターやインスタグラムで「#ペトことボストンテリア部 」でシェアいただくか、ペトことの問い合わせ窓口からご連絡ください! 皆さまの声を掲載し発信していく予定です!

OMUSUBIなら子犬からシニア犬まで探せます!

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護犬の里親さんを募集しています。生後数カ月からシニア犬まで、幅広い犬種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。

関連記事

第2稿:2017年6月30日 公開
初稿:2016年2月6日 公開

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10