フレンチブルドッグの飼い方|性格や毛色、しつけや迎え方について

フレンチブルドッグの飼い方|性格や毛色、しつけや迎え方について

「フレブル」という愛称でも知られているフレンチブルドッグは、大きな耳と短い鼻が特徴的な犬種です。フレブルの飼い方や性格、寿命、かかりやすい病気、しつけ、服が必要な理由、里親やブリーダーからの迎え方を紹介します。

フレンチブルドッグの歴史

原産はフランスで、ブルドッグと同様に、ローマ帝国のモロシア犬などに(マスティフタイプの犬)に由来すると考えられています。

現在のフレンチブルドッグは、1860年頃イギリスからフランスに送られた「イングリッシュ・ブルテリア」とパグテリアを交配し生まれたという説が有力であるとされています。

特殊な外見と特徴から上流階級や芸術家の世界に受け入られ急速に広まっていきました。1885年にフランスの血統登録団体「フレンチKC」がフレンチブルドッグの犬種登録を行い、1890年にスタンダード(犬種標準)が作られました。そのことにより、1887年にはドッグショー(品評会)にも登場するようになりました。


フレンチブルドッグの性格や特徴

フレンチブルドッグの写真

フレンチブルドッグは活発で遊び好き。飼い主や子供には特に愛情豊かです。体の大きさは小型犬ほどですが、筋肉質で体の重いフレンチブルドッグは中型犬に分類されます。

また、一番の特徴は短い鼻と両耳の幅が広く、付け根の幅が広い「コウモリ耳」と呼ばれる大きな耳が特徴的です。滑らかな被毛と、短い尻尾、顔周りのしわやたるみも特徴的で愛嬌があります。

アメリカンタイプとヨーロピアンタイプ

フレンチブルドッグには2種類のタイプがいます。 大きな違いはありませんが、アメリカンタイプは胴が詰まっていてコンパクトな体系に大きな顔が印象的です。一方、ヨーロピアンタイプはシャープで筋肉質の迫力のある体に、アメリカンタイプに比べ顔が小さいといった特徴があります。

フレンチブルドッグの大きさや寿命

体重は約8~14kgほどで、体高は30cmほどです。寿命は9~11年といわれています。

毛色

毛色は大きく分けて「ブリンドル」「フォーン」「クリーム」「パイド」の4パターンあります。

ブリンドル

地色に他の色の毛がまんべんなく混ざった毛色のことをいいます。黒もブリンドルに入ります。

フレブルのブリンドル

クリーム

薄い黄淡色のやさしい色味です。

フレブルのクリーム

フォーン

金色がかった毛色で、濃い黄金色から薄い黄金色まで幅広くあります。

フレブルのフォーン

パイド

白だけ、または白地に1色または2色のはっきりした色の斑が体にある毛色のことをいいます。また、パーティーカラー、パイボールドともいいます。

フレブルのパイド

フレンチブルドッグの育て方

フレンチブルドッグの写真

短頭種のフレンチブルドッグは、呼吸がしにくいため他の犬種と比べて特に暑さに弱く、短毛種のため寒さにも弱い犬種のため室内で飼うようにしましょう。

また、活発で元気いっぱいな犬種のため運動量も必要になりますが、激しい運動のさせすぎは呼吸困難を引き起こしてしまう可能性があります。こまめに休憩をとって遊ばせてあげましょう。

短頭犬種は飛行機に搭乗させると熱中症による死亡のリスクが高いため禁止しされていることが多いので注意しましょう。

しつけ

体は小さいですがとても力のある犬種のため、散歩時の引っ張りなどは子犬のころからのしつけていく必要があります。また呼び戻しや、人に対しての飛びつきをさせないようにしつけていくことが大切です。

フレンチブルドッグのしつけ方について、ドッグトレーナーの西岡先生に解説していただきましたので、関連記事もぜひ参考にしてみてください。


フレンチブルドッグのお手入れ

フレンチブルドッグは短毛で、カットの必要はない犬種なので比較的お手入れは簡単です。しかし、実はとっても毛が抜けるんです。なので、ブラッシングは頻繁にしてあげるといいでしょう。また、皮膚炎になりやすいため定期的にシャンプーをし、石鹸が残らないようによく流してあげることが大切です。

フレンチブルドッグのファッションとは

人気犬種上位のフレンチブルドッグですが、今オシャレな洋服や首輪などが注目されています。用途に合わせて使いわけしてみるのもいいですね。

洋服

暑さ寒さに弱いフレブルに洋服を着せてあげることで、体温調節を助けてあげることもできます。また、毛の抜けやすいフレブルに洋服を着せることで、お出かけ先でも抜け毛対策になるというメリットもあります。


ハーネス

ハーネスを付けるフレブル

フレブルは鼻が短いことから呼吸がしにくいため首を圧迫してしまいやすい首輪よりも、胸や肩に付けるハーネスのほうが負担が少ないです。

首輪

引っ張るフレブル

力の強いフレブルが散歩のときに引っ張らないように、しつけるときにはハーネスよりも首輪のほうがコントロールしやすいです。

フレンチブルドッグがかかりやすい病気

フレンチブルドッグは短頭種ならではの病気である「鼻腔狭窄」(びくうきょうさく)や喉の奥にある軟口蓋が、気道を塞いでしまう「軟口蓋過長」、アレルギーや皮膚のかゆみといった皮膚炎にかかりやすいです。また、「白内障」や瞬膜が炎症を起こし赤く腫れてしまう「チェリーアイ」と呼ばれる目の病気も気を付けたい病気です。

フレンチブルドッグの雑種(ミックス)

フレンチブルドッグとボストンテリアの両親をもつ「フレンチトン」が人気を集めているようです。


フレンチブルドッグをもっと知る

可愛い動画を紹介します



フレブルのチャイがとっても人気です。起き上がれない姿も可愛いですね!



泳ぐのが得意なボルコ。でもちょっと泳ぎすぎ!?

フレンチブルドッグの迎え方

好きな毛色や、血統など気にするのであれば信頼できるブリーダーから迎えるという方法もあります。実際に見学に行き、どんな環境で飼育されているのかを確認することも必要ですが、飼う上でのアドバイスも直接聞くことができます。

価格/値段

一般的な価格の相場は15~30万円ほどであるがどこから迎えるかによっても値段は変わってきます。

保護犬から迎える

保護され新しく里親を探している犬は雑種だけでなく、血統書のある犬も多くいます。ペトことの姉妹サイトの保護犬・保護猫のマッチングサイト「OMUSUBI」には多くの保護犬たちが募集されています。保護犬から迎える選択肢も考えてみてください。


保護犬猫マッチングサイトのOMUSUBI

OMUSUBIで保護犬猫を探す


ブリーダーから迎える

好きな毛色や、血統など気にするのであれば信頼できるブリーダーから迎えるという方法もあります。実際に見学に行き、どんな環境で飼育されているのかを確認することも必要ですが、飼う上でのアドバイスも直接聞くことができます。

ペットショップから迎える

ペットショップでは生後2~3カ月ごろの販売が多く、4カ月を過ぎてくると値段がだんだんと下がってくることがほとんどです。

まとめ

くつろぐフレブル
フレブルは活発で遊び好きで、愛情が豊かな性格
大きな耳と短い鼻が特徴で、毛が抜けやすいためこまめなブラッシングが必要
鼻が短いので呼吸がしにくく暑さに弱く、短毛のため寒さに弱い
体重が約8~14kg、寿命は9〜11年前後
鼻腔狭窄、軟口蓋過長、皮膚炎、白内障、チェリーアイに注意
最近では小さい犬種に人気がありますがフレンチブルドッグにも小さいサイズがいるようです。しかし、小さいフレブルは病気にかかりやすかったり、長生きできなかったりと問題があるようです。小さくて「かわいい」「飼いやすそう」といった理由だけで選ばないで、ブリーダーなどで確認してみることが必要です。素敵なフレブルライフをお過ごしください!
Share!