シベリアンハスキーの飼い方|狼との関係や性格、大きさ、しつけ方など

シベリアンハスキーはソリ犬や、狼のようにカッコいいことで知られ人気のある犬種です。家で飼い主さんに見せる甘えた態度と、外でのそっけない態度のギャップもハスキーの魅力です。そんなシベリアンハスキーの性格やオッドアイなどの目の色、価格や飼い方についてドッグトレーナーの長根が紹介します!

基礎知識

シベリアンハスキーは英語で「Siberian Husky」と表記します。ソリを引く犬として活躍していました。遊牧民族に飼われ、居住地を転々としていたので帰巣本能が低いと言われています。

歴史

シベリアンハスキーの原産はロシアとも、アメリカともいわれ、シベリアからカナダ北極圏にかけてのツンドラ地帯を原産と考えられています。スピッツ族に属する犬種で、アラスカン・マラミュートやサモエドと近親関係にあります。ツンドラ地帯で暮らしていた民族がソリやボートをひく犬として飼育、改良して狩りの助手としても活躍してきました。1909年にアラスカで行われたレースに出場し、素晴らしい成績により世界中に知られることになった。ツンドラ地帯で暮らしていた民族に「シベリアン・チュチース」と呼ばれていましたが、遠吠えする声がしわがれることから「シベリアン・ハスキー」と名づけられました。
そりを引くハスキーたち

オオカミに近いのはハスキーより柴犬

シベリアンハスキーの外見はオオカミにとてもよく似ています。そのため、オオカミに一番近い犬種はハスキーだと思っていた人も多いのではないでしょうか。実はDNAの検査によて、最もオオカミに近い犬種は「柴犬」であることが分かったのです。そのことが今、ネット上でひそかに話題になっているようです。

大きさや寿命

体重は16~27キログラムほどで、体高は51~60センチメートルほどです。寿命は12~14年前後といわれています。

性格や特徴

シベリアンハスキーは、中型犬から大型犬で体は引き締まっており、密度の多い毛で覆われています。友好的で優しいですが一方で、知らない人が自分のテリトリーに近寄ると警戒します。家で飼い主に見せる甘えた態度と、外ではそっけないツンデレな性格に魅了されてしまう人も多いのではないでしょうか。また、群れでいたので吠えや遠吠えは他の犬種に比べて多いです。

毛色

毛色は黒から純白までの全ての色が血統書団体によって認められています。頭の模様は他の犬種にはなく特徴的です。

ブラック&ホワイト

シルバー&ホワイト

レッド&ホワイト

八雲さん(@yagumo802)がシェアした投稿

チョコレート&ホワイト

ホワイト

目の色

ハスキーには一般的な目の色の他に、「ブルーアイ」や「オッドアイ」(バイアイ)といった左右で違う目の色の子もいます。

ブルーアイ

オッドアイ

chocoさん(@choco_husky)がシェアした投稿

オッドアイとは

左右の目の色が違うことを「オッドアイ」や「バイアイ」といいます。人間や犬・猫などにみられ、正式名称は「虹彩異色症」といいます。片方の目は青く、もう片方の目がだいだい色、黄色、茶色、緑色のどれかであることが多いです。遺伝的なことが多く、母体の中でメラニン色素が上手くできなかったと考えられています。しかし、シベリアンハスキーにおいてはもともと青や茶の色素をもっているため「虹彩異色症」ではないとされています。

シベリアンハスキーの飼い方

外飼いが一般的だった頃に比べ、最近では中型犬・大型犬であっても室内で飼うことが多くなってきました。シベリアンハスキーは寒さには強いですが、暑さには弱い犬種のため夏季の温度管理には時に気を付ける必要があります。室内で飼う場合、冬季の暖房がハスキーにとっては暑くなりますので、人が服を着こんだり、ハスキーとの部屋を分けるなどしてハスキーにとって快適な環境にしてあげましょう。また、ソリをひいていた歴史のあるハスキーは、とても運動量の必要な犬種です。1日に60分程度の散歩を2回してあげるといいでしょう。

笑顔で走って来るハスキー

しつけのやり方

ハスキーは仲間と一緒に仕事をしていたので、コミュニケーションの一つとして遠吠えのしやすい犬種です。吠えや遠吠えは、その頻度が多くなると周りに住む人に迷惑がられてしまうこともあるので、子犬の頃からいろいろな刺激に慣れさせて、ささいなことでは気にしないでいられるようにしましょう。また、力もあるので散歩などの引っ張りや、人に対しての飛びつきは力の弱い子犬のうちにしつけや練習を根気強くする必要があります。自由奔放な所があり、帰巣本能が低いといわれているので呼び戻しができようにしつけることと、脱走しないように気を付けましょう。

手入れ

ハスキーはオーバーコート(太くて固い毛)とアンダーコート(細くて柔らかい毛)の二つをもったダブルコートと呼ばれる被毛を持っています。寒さに耐えるために備わった密度のある被毛は抜けやすく、ブラッシングをしてあげる必要があります。

シベリアンハスキーがかかりやすい病気

シベリアンハスキーは、大型犬に多く見られる「股関節形成不全」や寒さに耐えるための分厚い被毛によって「熱中症」になりやすい犬種です。また、原因不明の「てんかん」や目の病気である「白内障」「緑内障」や、白目の充血や痛みも強く、瞳孔が小さくなる「ブドウ膜炎」に気を付ける必要があります。

シベリアンハスキーの雑種(ミックス)

何世代にわたった混血の犬を「雑種」と呼ぶのに対し、最近では一世代の混血の犬を「ミックス」と呼ぶようです。シベリアンハスキーにも一世代のミックスがいるようですので紹介します。

シベリアンハスキー×ポメラニアン

ハスキーとポメラニアンの両親をもつ「ポンスキー」がかっこ可愛いと評判のようです。

シベリアンハスキーをもっと知る

「ハスキーのことをもっと知りたい!」「これから飼おうと思っている」そんな人のために動画やブログを紹介します!

可愛い動画


救急車の音に反応して遠吠えする子も多いようです。


雪を見たらはしゃがずにはいられない! ぴょんぴょん跳ねる姿がとっても可愛いです!

人気のブログ

犬たちとJubilations!
20170627_hasuki-_na_001
2匹のハスキーの日常のブログです! 多頭飼いを考えてる方は参考にしてみてもいいですね!

ふーが日記
20170627_hasuki-_na_002
日々の様子やドッグランやイベントについても書かれているので、遊びに行くときの参考にもなります!

シベリアンハスキーを飼うということ

一度家族に迎えたら、子犬から老犬になっても大切に、命に責任を持ちましょう。白髪だって生えるし、病気もするかもしれません。お金がかかるのは家族に迎える時だげじゃない、ということをもう一度よく考えましょう。

価格(値段)

一般的な価格の相場は10~25万円ほどですがどこから迎えるか、血統や毛色によっても値段が変わってきます。

保護犬の里親になる

保護され新しく里親を探している犬は雑種だけでなく、血統書のある犬も多くいます。しかしその多くは成犬であり、子犬が欲しい場合は見つけるのが難しいです。保護犬を引き取る場合、保健所からと保護犬を譲渡している団体から引き取る場合があります。

ブリーダーやペットショップからの購入を考える前に一度覗いてみてはいかがでしょうか。保護犬の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)も、ぜひ覗いてみてください。

ブリーダーから迎える

好みの毛色や、血統など条件がある場合はブリーダーからがいいでしょう。値段は毛色や血統によって差が出てきます。

ペットショップから迎える

ペットショップでは生後2~3カ月ごろの販売が多く、4カ月を過ぎてくると値段がだんだんと下がってくることがほとんどです。

シベリアンハスキーと楽しむ

暑さに弱いシベリアンハスキーと遊ぶには冬がオススメです! 雪の積もったドッグランで思いっきり走らせてあげると、水を得た魚のように生き生きとはしゃぎ回るでしょう。広い公園などでソリ遊びも楽しそうですね! 

OMUSUBIなら子犬からシニア犬まで探せます!

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護犬の里親さんを募集しています。生後数カ月からシニア犬まで、幅広い犬種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。

飼い主さんの声を募集中

「シベリアンハスキーってこんな犬種って言われてるけどうちの子は違う!」「こんなところに困った!」「ここがハスキーの魅力です!」など、シベリアンハスキーを飼っていた、飼っている飼い主さんの声を募集しています! ツイッターやインスタグラムで「#ペトことハスキー部 」でシェアいただくか、ペトことの問い合わせ窓口からご連絡ください! 皆さまの声を掲載し発信していく予定です!

関連記事

第2稿:2017年6月28日 公開
初稿:2015年11月1日 公開

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10