週末は犬とお出かけ! 編集部厳選おすすめスポット27選(関東編)

せっかくのお休み、愛犬とお出かけしたいですよね! 犬と外にお出かけすることは、絆が深まったり、犬も心身健康になったりと良いことづくしなんです。今回は、ペトこと編集部がオススメする東京や神奈川など関東近郊の犬と行けるお出かけスポットを紹介します。

犬とお出かけが良い理由

ペトことライターでトレーナー担当の西岡先生に犬とお出かけをする良さと気をつけたい点を聞きました。

飼い主との絆づくり

犬とお出かけして遊ぶ犬

共に楽しむことで、いつも出来ないコミュニケーションになり、しつけやトレーニングにもつながります。飼い主との絆づくりにも良いのです。

ストレス発散

犬とお出かけして遊ぶ犬

室内で飼う人が増え、外に散歩に行ってもアスファルト道を歩くような環境。犬にとって本能的にストレスになると考えられています。自然の中で思いっきり走ることで、日頃から溜まっているフラストレーションを抑えることができるんです。吠えや噛みつきはそうした欲求不満からくるものが多いとも言われています。人中心の社会で犬が生活する時代ですが、人が努力することで、犬にとってもくらしやすい共生社会をつくることができます。地面が土や草の公園やドッグランに行ったり、1日中自然の中でキャンプをしたりすることはとても良いのです。

体と脳のトレーニング

犬とお出かけして遊ぶ犬

犬は嗅覚が優れています。散歩をしていてもクンクンしていますよね! 自然の中で匂いをかぎながら遊ぶことは、犬にとって何よりの刺激となり、楽しむことができます。自然の空気や緑を吸うことは脳の活性化にもつながるんです。顔の表情も豊かになります。また、草や土の上を走ることは心身共に健康的で足や腰など、関節にも良く、筋肉の活性化につながります。土や落ち葉の上は柔らかいので、シニア犬にも良いトレーニングになります。

臆病な犬の怖がり克服にも

普段は臆病な犬でも、自然で走り回ったり、犬や人と触れ合ったりすることが怖がり克服にも良いそうです。

犬とお出かけする時の注意点

人に対するマナー

みんなが動物が好きとは限りません。動物が苦手な人やペット同伴を快く思わない人います。お互いが不愉快な思いをしないように配慮することが大切です。そのためには、基本的なしつけをしておくこと、清潔にしておくことが大前提です。

吠え

あまり外に慣れていないと、人や動物に吠えてしまうことがあります。そのため、ドッグカフェなどの犬専用のスポットで慣れさせておいてあげると良いかもしれません。

トイレ

トイレは散歩など外に連れて行く場合の基本的なマナーですが、道端のおしっこは水をかけるなどしましょう。トイレシートを持参しておくと良いかもしれません。また、うんちも捨てられない施設が多いため、防臭タイプのうんち袋を用意しておくのもおすすめです。店内に入る前もできるだけトイレを済ませておきましょう。

清潔ケア

特に犬を飼っていない人にとっては、犬の臭いが気になるかもしれません。ブラッシングやシャンプーをして清潔にしてからお出掛けするようにしましょう。

ケージに入れる

電車などを利用する場合は、規定でケージに入れる必要があります。ケージからはみ出している様子を見掛けることがありますが、周りの人へのマナーでもありますので、きちんとケージに入れるようにしましょう。

犬自身に対するマナー

商業施設などは、犬にとってとても刺激の多い場所です。大きな音や明るい照明、そして人だかりで環境の変化にパニックになってしまうことがあります。そのため、気遣いながら余裕を持って連れていってあげましょう。また、車内に放置することは人間の赤ちゃんと同様、大変危険です。熱中症のほか、誤飲などの可能性もあります。そのため、もし施設内に連れて行けないのであれば、おうちで留守番させておきましょう。 

おすすめのお出かけスポット

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

back 1 2 3 4next

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10